Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



《報告》日本生活終了のお知らせ
旅だとか、人が集まる場所に行くだとか、新しいことを始めるだとか、能動的に動いていると、突如人生がおかしな方向に流れる時がある。

5年前、カトマンズの祈祷師に言われた、「あんたもう日本じゃ住めないね」の言葉をよそに、意外と結婚し、意外と東京でのOL生活を満喫。プライベートでも仕事でも、愉快な仲間たちに囲まれ、申し訳ないほどのストレスフリーな生活をしておりましたが、このたび全部うっちゃって、台湾に引っ越しました。

ついでに12年くらいやってきたブログも引っ越ししたので、今後の活動についてはこちらから引き続き報告します。

10年ちょい連れ添ってきた旦那、けんちゃんと離れて暮らすのも、2010年の放浪時以来。
心の広さは「東京〜大阪移動中、結構寝たと思ったのにまだ静岡県出てねえ」な静岡出身なだけある。
彼の多大なサポートには、感謝してもしきれません。

つことで、単身赴任、がんばります。

再見〜!



@ 成田空港、いっこうに縁の無いJALの機体を背にして
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 大雑把な日々の雑記 | comments(0) |
朦朧とした意識の中で〜vol.2
本日帰宅したら、植木鉢をすり替える気の利く空き巣でも入ったんじゃねえかと思うほど、ミントがたった半日で人が変わったようにモッサモサにいきり立っていました。夏の到来を感じます。ちびろっくです。

1ヶ月以上前にひいた風邪のことなどほぼ忘却のかなたですが、あの夢のことについてはやっぱりお話せずにはいられません。
お暇があればおつきあいください。

通常、5、6時間も眠れば十分なちびろっくですが、あの数日間は相当弱ってたらしく、のび太3人分(イメージ)くらい眠りました。
で、工藤に枝豆の熱弁をふるわれたりした訳ですが、翌晩はそんな甘っちょろいものではありませんでした。


春うららかな陽気のせいか、いまどきくらいしかやらないよってくらい浮かれて、スキップ&鼻歌で歩いていたのはどこかの校庭、しかも百葉箱がひっそりと設置されていそうな超はじっこ。

高床式のプレハブ小屋を見つけたので、高床部分をくぐりたくなって近づいてみると、全身真っ赤ななんかの制服を着用した、若かりし頃のデ・ラ・ソウルの3人が、やぶの中から忍者のごとくジャンプで登場。




派手な登場だけど相変わらず顔が地味…とか言ってる場合じゃない、全員小脇にマシンガン抱えてるジャマイカ………!!!


「アー・ユー・★※$%?」

何を言ってんだか全く聞き取れないが、少なくとも★※$%ではないことは確かなので、とりあえず「ノー」と答える。
がっかりした様子で彼らはやぶに引っ込んでいった。
状況は飲み込めないが、どうしようもないので鼻歌まじりでお散歩を続ける。

高床式の下をくぐり終わる前に、今度は正面から全身迷彩柄で固めたグロリア・エステファンが、同じような中米美女の小隊を引き連れて現れた。




なぜ、今、グロリア・エステファン??など、余計な疑問は案外わかない。デ・ラ・ソウルで感覚が麻痺したのだろうか。
また彼女らも何かを探してるようだったので、デ・ラ・ソウルと合流か、と、勝手に解釈し「あっちにいるよ」と親切に教えてあげた。
グロリア・エステファン小隊は、礼も言わずに示した方へザクザクと向かっていった。
なんだグロリア・エステファン、ラテンな女の割に陽気じゃねえなとちょっと気を悪くしつつ、またゴキゲンなお散歩に戻る。





なにこのいやな予感。


不安を感じたその瞬間、マンガみたいなタイミングで、背後から軽快なマシンガンの発砲音!!



しぬ!しぬ!しぬ!!!!



50メートルのベストタイム9.7秒の自己最高記録を確実に更新しつつ、足が渦巻きみたいになる勢い(図1)で、振り向く間すら惜しみ走りに走る。


図1


そしてまたなんかやな気配!!!
振り向いてないのになぜか頭の中に後方の映像が浮かぶ。いつの間にこんなハイテクな便利機能が?ニュータイプ?って、デ・ラ・ソウルが5時の方向にぴったりくっついてる!!!






くんな!くんな!くんな!!!!



デ・ラ・ソウルはこちらには敵意はないらしく、ただただぴったりと後ろにつけてくる。だがこいつがいることにより、チーム・グロリアの攻撃の巻き添えを食う可能性は高い。
グロリアの標的はデ・ラ・ソウルであってちびろっくではない。よって、ただこの戦線から離脱すればよいのだ!ということで脇の垣根に向かってジャンプ!

バキバキ、垣根痛い痛い!






はっ






無事にうららかな春の日のお散歩から脱出。

そして何かやり切ったかのように、間もなく熱が下がり体調は回復にまっしぐら。
どんな仕組みか全くわからないけど、ありがとう、デ・ラ・ソウル、ありがとうグロリア。
気持ち、Youtubeでグロリアを聴いたけど、やっぱりCongaしか知らなかった。一発屋扱いしてすまんグロリア。


すべて表示
JUGEMテーマ:地域/ローカル


JUGEMテーマ:日記・一般
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 大雑把な日々の雑記 | comments(1) |
朦朧とした意識の中で〜vol.1
この3日間、盛大に風邪をひいて寝込み、貴重な週末を台無しにしたちびろっくです。
人間、発熱すると底なしに眠れるものだと自分でも驚きました。
この3日間で恐らく60時間くらい眠りました。で、いまだホワホワしており動作が緩慢です。

2月のタイ旅行記がいまだ完結しておりませんが、どうも妙なものを夢に見たので、これは共有しない手はないと思い、ブログにあげさせていただきます。


恐らく、金曜日に

「アヒル口といえば工藤じゃね?」

という話をしたことがきっかけなのは間違いないでしょう。
早速しゃしゃり出てきました。夢に。




応接室のような低いテーブルを挟んだ先にどっかり腰を下ろした公康は、枝豆について熱弁しています。

なんでも、「実際は紫色に近い茶色い枝豆」の美味しさは、枝豆の概念を覆すとかなんとか。
しかし、実物がない以上、こちらとしては、「はい、そうですか」とうなずくしかありません。

公康が西武現役だった時代は、わたしはミーハー気分で巨人ファンを公言していた頃で、公康に対してはライバル心のようなものしか感じていなかったのですが、大人になって改めて拝見してみるとこちらも冷静で、ああ、大スターを目の前にしているこの時間は非常に貴重なのだなあとぼんやり考えています。

ただ、公康が熱く語っているのは、「実際は紫色に近い茶色い枝豆」なのです。

別にそれを聞きたいがために公康をお呼びした訳でもないし、特別ファンな訳でもないし、この状況が残念としか言いようがありません。

せめて実物があれば、「確かに美味しいですねえ」とか何とか言いようがあったものの。

そんなこちらの残念な気持ちに気づくことなく、公康は最後まで変わらぬ熱さで、「実際は紫色に近い茶色い枝豆」について喋り通しておりました。
正確に言えば、話し終わる前に目覚めたのでほっておいたら永遠に語り続けていたかもしれません。

公康⇛アヒル口についての話が出た際には枝豆は食べていなかったので、どこでどうなって結びついたかはわかりませんが、今後公康の顔を見るたびに、「実際は紫色に近い茶色い枝豆」が脳裏をよぎるのでしょう。

「実際は紫色に近い茶色い枝豆」が本当にあるのならば見てみたいものです。
目撃情報ありましたらお知らせください。

JUGEMテーマ:日記・一般
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 大雑把な日々の雑記 | comments(4) |
エンジョイ・アキバ!ちびろっくのメイドカフェ潜入記 Vol.1
オタ特区・秋葉原でのOL生活も半年をむかえました。

派遣元の人がちょくちょく様子見に来てくれるのだけど、彼女曰く、上司はわたしの、溶け込みっぷりの早さを非常に高く評価してくれているとのこと。ありがたいですね。
(仕事の出来具合については特に言及されず)

ママ、その昔、どこの馬の骨か知らんガキどもに囲まれる幼稚園なんか行きたくない、と毎朝泣きわめいていたわたしは、今では本部長にタメ口きくほどまでにたくましくなったよ!


せっかく毎日通ってるんだから、楽しんじゃうぞ!つことで、仲良くなった社員さんや近所の友達を巻き込んで、各種秋葉っぽい店に突入しています。つことで、せっかく突入しているので、ここにご紹介します。


欧風ギルドレストラン グランヴァニア

マニアック度:★
食べ物:★★★

香港北部の電気街みたいなとこの上に、がっぷりと店を構えるここは、メイド喫茶というよりは名前からもうかがえるとおり、ドラクエの酒場みたいな雰囲気。

通貨が円ではなくG(ゴールド)だったり、ウェイトレスはそこそこメイド喫茶風だったり、時々変なキャラのぬいぐるみが目に入ったりもするが、そんな中途半端さがいい意味でマニアックさ半減。
初心者でもファミレスくらいの心持ちで入店できる。

結構な数の世界のビールを取り揃えているので、夜の部もお楽しみいただけそうです。




画力は別として、ちゃんと絵も描いてくれます。
厨房でシェフがオムライスの形を丁寧に整えていたのが見えたし、味もよかった。
ちゃんとご飯を食べられるところという認識でよいかと思われます。

ひとりのメイドちゃんに、「なんでここで働いてんの?」と素朴な疑問をぶつけてみたところ、

「家が近くて時給が高いから」

ノリがキャバ嬢じゃねえか!!


おもちゃメイドCafe&Barチャチャチャ

マニアック度:★★★★
食べ物:バカ野郎!

ここはおもちゃの国なんだから、全てがおもちゃです。
店内のそこかしこに置かれたくまちゃんや魔法使い専用ステッキはもちろん、われわれが、ウェイトレスと思っている女の子も、ビールも、から揚げも、全ておもちゃです。

ウェイトレスたちは約50年前にクラーク博士に作られ、おもちゃと人間との友好関係を築くために人間界に派遣されているとのこと。そして彼女らはおもちゃだから名前は無く、それぞれ番号が振られている、そう、人造人間16号17号のように。

おもちゃの国のおもちゃは大事に扱ってください、走り回らないでください(走り回るスペースは無い)など、入店…否、入国に際する注意を一通り受け、テーブルへ。




適当なおもちゃ(遊ぶもの)をあてがわれながら注文。
食べ物一人一点マストで、+飲み物(もちろんビール)。これらももれなくおもちゃです。

おもちゃ(ビール)を飲む前に、「おもちゃ(ビール)がおいしくなるように」おもちゃのチャチャチャを歌わされます。
おもちゃ(ビール)を飲む前のひっくいテンションではなかなか厳しいけど、この国の掟なので素直に従いましょう。
その間に泡が消えるとかそういう大人びたことは言わない。ここはおもちゃの国。




おもちゃ(食べ物)については、まずい以外の形容詞が見つからない。
これでひとり一品オーダーしろと言うのだから、これは国のトップの暴挙である。誰か、クーデター起こして。

まあしょうがないので、おもちゃ(メイド)が持ってくるおもちゃ(遊ぶもの)で遊ぶなり、おもちゃ(メイド)に、この国についてどこまで周知がなされてるのか質問攻めにしてみたり、この国なりの楽しみ方で楽しみましょう。

ただし制限時間は1時間。これ以上居座ると更に入国料が加算されます。

入国料が高い分、人数分、おもちゃ(メイド)とチェキ撮れてメッセージも書いてもらえます。
一緒に行ったとおるくんの写真には、「まことご主人様」と書かれている。




とおる君と2人で行ったつもりだったが、20号にはまこと君の姿が見えていたのだろうか。
まこと君の姿が見えないほどに、我々は汚れちまったのかなあ……んな訳ねえだろ!名前聞いてものの1分で忘れた20号、ちょっとメンテが必要かもしれない。


ああ、高かったけど、なんかすごい体験したね。と、出国しようとすると、「お待ちください〜」と20号の声。




お土産に、とメッセージ入りのヒヨコをくれました。ぱっちわーくはーとって。要はツギハギじゃねえか。

外に出ると、上の階の、某メジャーメイド喫茶のメイドが「すんげうざくねー?あの客!」と店の前で悪態ついていた。ああ、高かった(ビール2杯、下らないつまみ2品で4500円)けど、ここにして良かったよね、と、心から思ったのでした。




結局のところ、20号に名前がつけられたらしい。おめでとう。


Vol.2に続く。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 大雑把な日々の雑記 | comments(0) |
ある夜の大騒動
あの男が出て行ってから、隣の部屋はずっと空きっぱなしだった。
まあ、そりゃそうだ、北窓だし、階下のバーの酔っ払いうるさいし、あえぎ声出せば近所に丸聞こえだし。

それがいつの間に?

20ん平方メートルしかない空間に、まるで何十人もいるような騒ぎようじゃないか。
しまいにはアコギをかき鳴らしたド音痴が、ありったけの声ふりしぼってがなり立て始めたのだ。

何時だと思ってる?

かつてブルーハーツが、「よーなーかーのー3時にー、なーにーをーかんがえてるー」と真夜中の無言電話を怒っていたが、無言電話なんか無言なんだからそんなに怒ることもないじゃないか。
こっちはフルボリュームの騒音と対峙しているんだ。

しかし、こっちも酒を飲んでいるせいか、だんだんとその酷い歌がツボにはまってきて、トドマンと2人、笑いが止まらなくなってきた。
壁際でiPhoneの動画モードで録音しようとするが、こっちも酔っ払ってるから、うっかり音楽流しっぱなしのままになってるよ。これじゃ音痴の声入らないじゃん〜て、そのとき!

ゆるゆると窓が開き、酔いに酔った化粧ボロボロの女の顔が覗いた。
こともあろうに「何ここ〜」とキョロキョロ。

ここはね、お前とはこれまでもこれからも友達になることはないであろうちびろっくの住処だよ!

他にも数人、窓の外からこっちを覗く男女がいる。人があふれかえっているからか、こちらに流れてきそうないやな空気。
いやいやいや、さすがにそれはやめてくれよ。
音痴は楽しめてもこっちのテリトリーを侵すのはやりすぎです。

「ちょっと、あんたんとこの客がこっち入ってきてんだけど!」と、隣に殴り込みをかけると、目に入ったのは同じアパートの部屋とは思えない、どこまでも高い天井にシャンデリア。暑苦しそうなモッサリしたペルシャっぽい絨毯。どこまでも続く長い長いダイニングテーブルと、片隅には暖炉。

どっからどう見てもバイオハザード1の屋敷!!

ぼんやりと灯りがともる中、ゾンビではなく、どこにでもいる軽率な服を身にまとった若い日本人が群れている。
不思議なことにこの重厚な内装の中でも、彼らは浮いて見えることがなかった。薄暗いからか。

やつらは申し訳なさそうというよりも「こういうもんだから、しょうがないんだけどなあ」といった表情でこちらをチラリと一瞥する。

その「しょうがないんだけどなあ」って表情は、サマソニかフジロック関係者しかしちゃだめなんだよ。
1年1度の大イベントなんだから、今日くらいは大目に見てよ、っていうさ。
でもあんたのそれはただの個人的なドンチャン騒ぎだ。そんな目で見るのは100年早い。

しかし隣人が苦情を言いに上がりこんできたのに、誰一人としてその騒ぎをやめようとはしない。
なんなんだこの開き直り方。なんなんだこのインテリア。なんなんだこの状況。

ふと目をやると、スーパードライの缶の柄の小型冷蔵庫が、スロットマシンよろしくズラッと並んでいる。
人んちのもんだが、もうこっちも侵入されてんだからどうでもいいや、とひとつ開けると、オレンジがひとつぽつんと置かれていた。
仕返しとか嫌がらせどうこうとかじゃなく、自分でも不思議なくらいごく自然に、そこにあったナイフで半分にして、片方をトドマンに渡した。隅っこが傷んで黒ずんでる。こいつらはいちいちあたしを良い気分にはさせないつもりなんだな。

気づくとすぐ後ろに、ばかでかいステージが設置され、ブコウスキー似のきったない爺さん達が、乳首透けるうすっぺらいTシャツ着てスタンバってる。

人相の悪い爺さん達はオレンジを持って突っ立ってるわれわれを見ると、何か果物のようなものを取り出してぐしゃっと握り潰した。
汁が飛んできたので後方へ退避するが、汁はまだ追っかけてくる。もはやこの勢いは果実の汁じゃない。消防士に放水されてるんじゃ???しかし振り向くことも止まることもできないので、何が追ってくるのか確かめることができない。オレンジ勝手に食べたから?怒ってんの?でも元々夜中に騒いだのはそっちで、こんなところで外タレのイベントやるなんて…ってここどこ????





はっ。



静寂。



いつもどおり布団の上。








よーなーかーのー3時にー。なーにーをーおーもってるー。






それはあたしでした。ってオチ。みんな元気〜??


JUGEMテーマ:日記・一般

↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 大雑把な日々の雑記 | comments(4) |
わが祖父・伊作から学ぶ、愉快に人生わたる術
婆ちゃんが死にかけた。


あたしの結婚を一番喜んでくれてた婆ちゃん。
喜びのあまり、あたしには一生かかっても似合う日が来ないであろう
自前のエルメスのブレスレットを、86歳とは思えない力であたしの腕に
無理矢理ねじこんだ婆ちゃん。

それから間もなく肺炎をこじらせ、自力で呼吸ができないまでに弱った。




意識はあるようだが、呼びかけに応えるだけの体力が無い。

うちの家系は母側父側ともに、何がしかすごいものに守られているのか、
あまり死なないし、病気をする者もあまりいない。
なのであたしもこの歳まで、葬式経験といえば片方の爺さんと
藤子・F・不二雄先生くらいのものである。

あんな牛も人間も糞もまぜこぜなインドで死体を見たところで、死への実感が
湧くわけでもなく、これまでこういうことを考える必要もなく生きてこれて
いたってことは、幸せなことだったんだななんて湿っぽくなってみたり。

遠くない未来、来るであろうその日のために、生まれて初めて「喪服」をググった。


しかしおおかたの予想を覆し、2ヶ月もの呼吸器生活を経て、
婆ちゃんは奇跡の復活を遂げた。
自力呼吸ができるようになり、しばらくしたら自力で歩けるようにするため
リハビリに入るという。

またも強大なフォースのご加護があったらしい。
ありがたや、ありがたや。


そのうれしいニュースとほぼ時を同じくして、母が衝撃のツイート。


じいさん やってくれました。自転車で転んで膝のさらを割る。





父方の祖父・伊作、90歳。
何の偶然なのか、1(い)3(さ)9(く)番地在住。
住所が先か、命名が先か、不思議すぎるのであえて長年放置していたが、
先日母が直接問いただしたところ、

「そう言われてみればそうだなあ」


気づいてすらいない。


初の海外旅行はパプアニューギニア。
年をとってからはそう遠出をすることもなくなり、父がわざわざガイド役を
かって連れていったパリでは、「やっぱり香港がいいな」と、のたまい
余計な所で裏表のなさを披露。

爺さんの旅行好きのおかげで、子供の頃からちょいちょい海外に行く機会が
あったものの、当時はその粗野な喋り方が好きになれず、それほど会話した
記憶がないから、こんなにエキセントリックな人だとはこれまで気づかなかった。


そんな彼は、こともあろうに真夜中にチャリを走らせて婆ちゃんの見舞いに
行く途中、突風にあおられて転倒、前述のとおり負傷して、夫婦ともども
同じ病院に運ばれることとなったのである。

大したことはなかったため、一旦家に戻されるも、今度は階段から転落
血まみれで婆ちゃんの名前を呼んでるところを叔父に発見され、
肋骨骨折の可能性があるということで、一応入院することに。

それも結局折れてなくて、またも大したことはなかったが、ある日
父のもとへ病院から、実に遠まわしに「入院し続ける必要ないからさっさと
引き取ってくれ」という旨の電話がきた。


どんな暴れ具合なのかと、婆ちゃんの顔を見たついでに、父と弟と3人で
伊作の病室を訪れた。

足を一歩踏み入れた瞬間、遠くでピロリピロリと音が響いた。
しまった、罠か!!

警報から約10秒で駆けつけた看護師さんは、「切っときますね」とコンセントを
抜いて颯爽と消えていった。慣れたものである。

伊作はアルツハイマーではないが、ジャイアンよろしく寝ぼけて徘徊するため、
入り口と寝床横に踏んだらナースステーションで警報が鳴る装置を二重で
設置されたらしい。


「おりゃー常にあいつらの監視下に置かれてるんだよ」


あんた捕虜?そんな彼の病室は、通常のそれとは明らかに何かが異なる。





無造作にマットレスが置かれた、日当たりの良い、むしろ暑い空間…
どこかで見た懐かしい風景…





バンコクの安宿かよ!


入院早々、今度はベッドから落ちたため、ベッドがはずされたらしい。
この人に三半規管は搭載されているんだろうか。

後日、夜中の徘徊タイムの際、自分のベッドが廊下に放置されているのを
発見したので、そのまま朝までそこで寝たと、いつものぶっきらぼうな
口調でまくしたてる爺さんを見ていてなぜかじんわりと感じた
この安心感は何だ。


人間、全員いつかは死ぬんだよ。
気にしてもしょうがないこと気にして気に病んでたら損損。
ネタとして笑い飛ばされる程度に(ここ重要)
好きに生きりゃいいじゃん。

言葉を交わしたことは多くないけど、我が爺さんの生き様に、今さらながら
何か通ずるものを感じたのは間違いない。

伊作の話をするたび、「遺伝だね」と言われまくったが、私めなど
まだまだ彼の足元にも及びません。
だけど曲がりなりにもこのスーパーフリー爺さん伊作の孫、今後も引き続き、
自由奔放にやらせて頂きます。

爺さん…守ってくださいましね…(まだ生きてるが)

今年もよろしくお願いいたします。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 大雑把な日々の雑記 | comments(2) |
純日本的企業で働く〜日本にいながらカルチャーギャップをエンジョイ〜

〈オフィスカジュアル・イメージ〉


社会に出てから早10年以上、いまだに「オフィスカジュアル」の
実態がつかめないわたくしですが、10月から、1年ぶりの労働の義務を
果たし始めております。

運良く、家から徒歩&電車で20分の近場にある某旅行会社にて、
条件の良い職が見つかりまして。

二度見するほど気が利くし基本控えめだけど、トイレと給湯室で
立ち話(人の噂、TV、ランチ関連)が始まった日には、もう誰にも止められない
OLちゃん達




挨拶は苦手だけど慣れた相手にはパンチのない笑い話を披露し
苦笑いされ、「今の日本を作ってきたんだぞう」と言っては子供に
ウザがられてそうな団塊世代のおじさん達



この2種類の人種が9割以上を構成している、純・日本企業でございます。

こんな企業や人種に今まで関わることがなかったので、この機会に
日本のマジョリティの空気を楽しむ日々でございます。


隣のお嬢ちゃんなどは、毎日そこそこ楽しく話をしてはおりますが、
生活、興味、思考そのすべてがわたくしと完全真逆なようでして、
イスラム諸国と欧米列強のごとく、もしくはパティスリー・サダハル・アオキ・パリの
マカロンと、ブタ大ニンニクアブラヤサイトッピングのラーメン二郎のごとく、
心底融和することは間違いなく無い、と言い切れる相手でございます。

東方神起大好き、テレビ大好き、汚くて臭いから海外嫌い、パクチー知らない、
ファンデーション塗らないと外に出れない、空気読まない人嫌い、
刺青とか整形とか信じらんない、等々、

一体どこまで広がるんだこのギャップは!と、こうなったらこの合致しなさを
楽しむしかありません。


本日は、タバコの話をしておりまして、わたくしは高校の頃から吸って
おりましたと申告しましたところ、

「えっ、タバコって、本当は何歳から吸えるんでしたっけ」

とおっしゃいますので、法律では20歳である旨お伝えしました所、

「ふ…不良…?」

と、まるでそれこそブタ大ニンニクアブラヤサイトッピングを注文した人を
見るような怯えた目をするではありませんか。

「良」か「不良」かならば「良」ではないと自分でも自覚はしておりますが、
高校でタバコなぞ別に珍しいことでもなく、それどころか我が母親は
中学生の時分でタバコを止めたという、暗黒な経歴の持ち主でございます。

そのため、彼女の反応は、思わず向かいの人も「いや、結構そういうもんすよ」と
口を挟んでしまうほどの新鮮さをはらんでおりました。

彼女が育った山口県の田舎では、そういった「不良」は皆無だったとの
ことでした。

わたくしの友人でも、JRと私鉄と電車の種類があることを知らなかっただとか
そんなことを申す者がおりますため、わたくしの中では山口県は、もはや
中国雲南省迪慶蔵族自治州と同じようなイメージで固まりつつあります。

出身を聞かれたため、生まれは東京で、中学生からは神奈川県で過ごしましたと
お答えすると、

「あ〜、そんな感じ」

彼女の中では、「不良=だいたい神奈川出身」という公式が
確立されてしまったことでしょう。
世の生真面目な神奈川県出身の皆様、まことに申し訳ございません。


この職場では、インドとメタルと各種ピアスや刺青については、一切口にしないのが
よさそうでございます。

土日に向けて、今ではすっかり見られなくなった、輪っかの鼻ピアスを装着した
ちびろっくがお送りしました。

では、皆様、良い週末をお過ごしくださいませ。


JUGEMテーマ:日記・一般


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 大雑把な日々の雑記 | comments(12) |
さよなら、ありがとう、世界をびっくりさせたあんた。


一緒に旅した現役Macbook。

3.11のあの瞬間にも、まさにこの子でTwitter真っ最中。

とかそんなことしてるから旅仲間には、ネットジャンキーとか言われるわたしですが、

そもそも、はじまりは、コンピュータが欲しかったんじゃなく、

ただこれが欲しかっただけなんです。




コンピュータは、ベージュじゃなくたっていいんだ。って、皆びっくりした。

デフォルトのメモリ64MB

IEとOE起動するだけで毎日フリーズしてたけど、誕生日に起動すると
「Happy Birthday!」と言ってくれるこの子にメロメロでした。




2003年、ちょっとトチ狂ってた時、借金して香港行った直後に
借金して買い換えたiMac。




21エモンあたりの未来系ギャグマンガに出てきそうなこのフォルム。
大福か。

全然必要なくても、引っ越ししても、ずっと捨てられなかったこの子を
もらってくれる人が現れたので、まさに、昨日、10月5日にさよならしました。




そして、さよなら、わたしの生活を彩ってくれたアーティスト。


JUGEMテーマ:コンピュータ


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 大雑把な日々の雑記 | comments(2) |
好きでたまらニャイ、藤子・F・不二雄ミュージアム潜入記
101年後の2112年9月3日は、かの世界一有名なタヌ…否、ネコ型ロボット、
ドラえもんの誕生日となる予定です。
おめでとうございます、の予定です。


駅

なんだなんだ、幼少の頃よりおなじみの人々が誘うのは、天国への階段か?

違います。

1日5人は肋骨を折っているという噂の、殺人通勤ラッシュで有名な、
小田急線登戸駅です。

ドラえもんの誕生日を101年後に控えた2011年9月3日、ここ川崎市に、

藤子・F・不二雄ミュージアムがオープンしたので
あります!!!



なぜ、川崎市かというと、生前F先生がお住まいであった場所だからです。

10年前、当時わたしが住んでいた川崎北部の新百合ヶ丘でも、
無料なのにも関わらずガラガラで、何時間でものんびり観てられた
「藤子・F・不二雄の世界展」なる夢のような展覧会が開催されておりました。
それがモリモリとパワーアップして、いつでも観られるとなったことは
実に喜ばしいことであります!


落書き帳にスピンオフ作品を多数執筆し、先生の作品から漢字や道徳を学ばせて
いただいていたわたくし、F先生の面影に会うため、早速行って参りました。


バス

登戸駅から、見るだけで顔がほころぶこんなバスが、夢の国へ
あなたを誘います。


ブザー

駅とミュージアムにしか止まらないので、「降ります」アピールは
必要ない…のだが、ボタンがあれば押したくなるのが人ってもんです。
行きも帰りも誰かが押していました。


10分ほどで到着。
バスを降りると、はっ。
視線を感じます。


目

豊かな表情のドラえもん・アイズに迎えられます。
真ん中に関しては、何だか大変そうなのでご苦労様ですとでも
声をかけておきましょう。


「館内のご飲食はご遠慮下さい」

等、一般の注意事項に並び、




いくらF先生が寛大な方とはいえ、これだけはなんとも。
該当される方、何卒ご了承ください。


館内は撮影・携帯電話や筆記用具の使用は不可です。
この際、そんな世知辛いツールからは解放されて、F先生の世界にどっぷり浸り、
無垢なこころを思い出しましょう。


先生のお人柄がそのままにじみ出た、柔らかい色味の水彩原画や、
先生の好きな物で囲まれた仕事机、
ご家族が語る先生のお話、

受付で借りる「おはなしデンワ」の解説と懐かしい主題歌を聞きながら、
のんびりと楽しみましょう。

のんびりするには周りの人間(特に子連れの親)がテンション高めで
邪魔ですが、そこはお互い様なので視界からシャットアウトしましょう。

一部ファンのみ知る初期作品、「てぶくろてっちゃん」は、その後のF先生の
方向性を決定づけることになるものであり、そう、ロックのみならず
音楽史におけるNirvana並に重要なものであったということは、つまるところ
「てぶくろてっちゃん」以前、「てぶくろてっちゃん」以降では歴然とした
(辛くなってきたので以下略)


さ、お話いっぱい聞いて疲れたら、外で一息。

おや、泉の周りに人だかり…


きれジャイ後ろから

のび太のママが「宿題もこれくらい真剣にやってくれれば」とポロッと
もらしそうな真剣なまなざし。


きれジャイ1

働け働け。もっとレバーをコキコキやれ。

ガキが「労働」の2文字を意識したかどうかは不明ですが、その働きの
おかげで見覚えのあるギザギザ前髪の美男子が登場。


きれジャイ2

ジャイアン×出来杉のスーパーコラボ!ではなく、これは




てんとう虫コミックス36巻「木こりの泉」に登場し、センセーションを
巻き起こした、「きれいなジャイアン」です。

「いえ、もっときたないの」

非常に失礼だが的確な、忘れられない一言です。


メニュー

楽しみにしていたカフェは、持ち時間2時間のところの90分待ち

アンキパン900円…ローソンで一時売ってたアンキパンは200円しなかったのに、と
想像以上のお値段にひるみながら、次回は必ずスネ夫のチョコクレープを食うぞと
心に誓い、さっさとあきらめ、テイクアウトコーナーへ。

もうちょいお安い値段で、コロ助のコロッケ、ほんやくコンニャク風こんにゃく等
軽食が楽しめます。

サンドイッチになった四次元ポケット、その中には…


サンド

ターケーコープーター!

「ひみつ道具が隠されている」という前情報がなけりゃ気付かず食っちゃう
存在感の無さ!
一口食べる前に、注意深く眺めてください。

てか今気づいたが、ハムがどこでもドアじゃないか!
本気でスルーしてました。
何度も言いますが、一口食べる前に、ジロジロと眺めてください。


ウマタケ

外に出ますと、カメオ的にこういうキャラが見え隠れ。
これはタケウマならぬ、「ウマタケ」です。
性格的に絡みづらいので、取り扱いには注意しましょう。

とある場所からは、幻の生物「ツチ◯コ」らしきものが見えました、が、
このタイミングでデジイチがぶっ壊れたので、撮影はできませんでした。

その為、一部iPhoneでの撮影となり、お見苦しい点もあるかと存じますが
何卒ご了承ください。


土管

堂々と鎮座する、3本の土管。
集会所、野球場、リサイタル会場、服従命令を下す場、そう、
「空き地」を象徴するシンボルとしてあまりに有名な土管。

どういう理由でこの土地が実質空いたままになっているのか、
とか大人の疑問はさておき、この「空き地」は、永遠に「空き地」で
あることで、変わらない子供時代の記憶、平和、安心をイメージさせる
聖地だといえるでしょう。


どこでもドア

そのすぐそばには、どこでもドア。
これさえあれば、航空券より高い燃油サーチャージも、値踏みするような
視線を浴びせる中国のイミグレ職員も、市バスの設備でガタガタの悪路を行く
ミャンマーの国内移動も怖くない!

それ以前に不法入国となりますが、とっ捕まった際の責任は当方では負いませんので
何卒ご了承ください。


最後に出口付近にある、ミュージアムショップでパーマンバッヂ等を買おうと
したが、閉店まで30分あるにも関わらず、繁盛しすぎて店自体に入れませんでした。

至極残念だったけど、「ハイテンションで買ったが冷静に見ると別に要らない物」が
増えなくてよかったです。
移動が多く、物の重さを常に実感していたため、常に身軽がモットーです。

でも、パーマンバッヂは、必要だと思います。


またきてね

ほとぼりが冷めてから、また来ます。


■このミュージアムを心の底から楽しむためには

1.なるべく平日

2.10時の回がベスト
 (入れ替え制ではなく、1回入ったら閉館まで居られるので、
  後になればなるほど人が増えるし持ち時間が減る)

3.ショップとカフェは先に行っちゃう


これで大分、カリカリしなくて済むかと思われます。


そうそう、先生が、ジャイ子の本名を設定しなかった理由、ご存知ですか?

同じ名前の子が、いじめにあったらいけないから

優しすぎて泣ける。

そんな優しいF先生が、このミュージアムとミュージアムで楽しむ人を見て
喜んでくれていると、いいなあと、思います。


はい、最後になりましたが、小田急線肋骨骨折の話は勿論嘘です。

こんな嘘つきは、エンマ様に舌を抜かれたらいいんだ。
(てんとう虫コミックス22巻、「しつけキャンディー」参照)


JUGEMテーマ:漫画/アニメ


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 大雑把な日々の雑記 | comments(3) |
結婚、ぶり大根
ちびろっく、不動産業始めました。



logo design



はい、嘘ですよ。

残念ながらそんな意外すぎる才能とかはない。

忙しい社会人たちを無駄にざわつかせるオリジナルロゴはここで作れます。


先日の結婚報告、「ネタかと思った」という人が非常に多かったのですが、
メタルゴッド、ロブ・ハルフォード に誓って真実です。

社会に出るという現実を見て見ぬふりをしながら、主婦業を結構ちゃんとやってます。
先日は、できれば割烹着コスプレで挑みたかった、ブリ大根を作ってみました。




実は初めて食ったまあまあうまかった。


そもそも、プロポーズしたのは、「何だかんだで、この人なのよ」と小さいおっさんか
なんか啓示があったからなんだけど、ぶっちゃけ、結婚が何故「めでたい」のか、
未だよくわからない。

結婚できなきゃ負けとか、結婚がゴールとか勘違いしてるアホが多くて、
しかもそれを豪勢に祝うことに精魂込めるって風潮が超嫌い。

だって結婚てスタートじゃん。
それなら恋が成就して付き合い始めた時の方がめでたいじゃないか。

とか、偏屈な性格は変わらないの。


そんな偏屈のために、昔からの友達、まだ数回しか会ったことない友達、
まだ会ったことない友達が、メールくれたり、お花や嬉しい物を仕込んでくれたり、
わざわざ貴重な時間を割いて祝賀会を開催してくれたり。

皆がそうして、不肖・ちびろっくのステータス変更を気にしてくれているという
事実、これはすごくすごいことだと思っている。

好き勝手に好きなことをして、
支えてくれる家族と友達がいて、
無職だけど衣食住にも事欠かず、
紆余曲折あった割には、この7年間、一度も喧嘩をしなくて済んでて、
きっとこれからもそうであろう相手が伴侶となってくれて、

こんなに幸せなことってあるだろうか。

いったい、前世でどんだけの善行を積んだんだちびろっく。
目の見えない人に自分の両目を快く譲ったか、盗みをはたらいた貧乏な少年を
かばって、「やりました」と申し出て鞭で打たれたか、いずれにせよ、
前世の自分、サイコー!


最近こればっか言ってるけど、いくら言ってもいいよね、
みんな、ありがとう、本当に、ありがとう。
太謝謝您了。

結局、そのもののめでたさはまだわからないけど、今自分、幸せだから、
結果的に、めでたいのか。








あ、そういうことか。



JUGEMテーマ:日記・一般

↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 大雑把な日々の雑記 | comments(5) |
<new | top | old>