Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



【旅日記】この旅最後の大仕事、驚愕のポンデリング体験《台湾編》
台湾旅行と言えば、まず思いつくのは「食」でしょう皆さん。

小籠包とか小籠包とか小籠包とか。

美味しい小籠包が日本でも食えるのに、何でわざわざ台湾で
食うの?と台湾朋友に聞かれても、「知らねー」としか言えません。

てことで台湾で小籠包を食ったことがないちびろっくが、独断で
クラス分けした台湾グルメレポをお送りします。

まずは値段的には特A級のこの一品から。


からすみ


か、ら、す、み。

たまたま参加したストリート結婚式の前菜に出たからすみ。
からすみが非常に高価なものであることは知っている。

知ってはいるが、ここのはビーフジャーキー風の固い珍味系の何かで、
とりたてて高級感あふれる味もしない。
いずれにしても、高級なものには興味を持たない方が身のためだ。

とゆことでハイ、次。もうB級。


弁当

駅弁です。

日本の駅にはレストランもカフェもあるし、ピュッピューと短時間で
どこでも行けちゃうから、最近じゃ鉄オタ以外にあまり気にされてない
駅弁だけど、台湾では行列できちゃうほどの人気です。

駅弁の8割は排骨飯をメインのおかずとしている。
プラス高菜とか筍とかの脂っこいおかずが少々。

麺とスープに関しては味覚崩壊してるとしか言えない無味さを誇る台湾だが、
このお弁当はしっかり味があって美味しい。

これは台北駅の駅弁屋さんで買ったやつ、80元。


ぶにぶに肉

肉圓(ばーわん)という、餃子の皮がもっと分厚くプニプニになったやつ。
ニンニクのきいたソースやチリソースで食べる。

彰化という中部の街でも名物というんで食べたけど、1つがやたらデカく
これとは別物だった。

台湾中そこかしこで形を変えて食べられているものらしい。
お兄さんの自信に満ちあふれた表情からも伺えるが、これは日本に来たら
小籠包並に人気出ると思う。


ヤキソバ

炒泡麺。
訳:炒めたインスタントラーメン

インスタントラーメンて。
レストランで出すのにインスタントラーメンて。

しかし、保哥醂という店のこの炒めインスタントラーメン
非常に人気で、土日ともなると行列ができる。

確かに家で絶対再現できるけど、具沢山だし、微妙な
スナック風味が懐かしくていいかもしれないコレ。

香港でも公仔麺という名で専門店があります。
インスタントラーメン界のヴィトン、出前一丁にするにはプラス料金がかかります。

発祥地日本の民の知らぬところでインスタントラーメンは独自の道を爆進しています。


次、一番伝えたいところ、C級。
コンビニ、ファーストフード等、わざわざ海外来てこれかよ!と
言われるであろうレベルがC級です。

しかし、2005年に来台した際は、帰り際、連れの2人と

「マックのライスバーガーが一番美味かった」

と見事に意見が一致したので、台湾C級あなどれません。
てかそんな評価でいいのか台湾。


おにぎり

コンビニおにぎり。

頂上から3口食べないと具が出てこないというミニマムさを
除けば、台湾コンビニおにぎり、普通にイケる。
昆布や鮭など日本でもおなじみのフレーバーも取り揃えつつ、
マヨ絡みが多い台湾独自フレーバーも充実。

ファミマではこんなおにぎりサイトまであり、力の入れようが伺える。



米をトスするイメージが不明瞭だが、「ドウゾ!!」の決め台詞が男らしいから良し。


珈琲緑茶

緑茶:珈琲 3:3

残りの4は何だと言われても、ただただそれぞれが3以上に感じないのだから
しょうがないだろう!!

文句は台湾セブンのお客様相談センターへ。


ささ!日本の皆様に一番お伝えしたかった真打ち登場!

ポンデリングを初めて食べたのは2005年、紛れも無いここ台湾。
何をしてたか忘れたが、連れと3人、激しく体力を消耗しており、ヒイコラ
してたところに現れたのがおなじみミスド。

ポンデポンデとチヤホヤされやがって、どんなもんじゃい。と試してみたら、
あらまあどうして、めちゃんこ美味しい!
我々の疲労も瞬時に回復、日本企業、ダスキン万歳!

「ミスドといえばフレンチクルーラー」というモットーはスッカリ忘れ、
それからはポンデシリーズが定番となったとさ。

いい話だろう。

しかし、台湾ポンデリングにとんでもないことが起きているというタレコミが
あったため、よりによって台湾滞在最終日に、炎天下2時間歩きまわり、
4店舗をめぐる大仕事をすることになった。

そしてそのとんでもないものとは


ポンデリング


ポンデふりかけ
ポンデおかか
ポンデ青ネギ







全て一口で捨てたが、申し訳ないという気持ちは毛頭ない。

3種とも、糖度50%アップのお好み焼きソースみたいのを塗りたくられ、
ご飯にかけるはずの鮭(ピンクだから多分)ふりかけ、味のない削り節、
乾燥青ネギがべっとり付着している。

「ポンデリングを奇抜にアレンジしてみた」

と某掲示板にスレを立てるならまだしも、これで人様から金を頂こうとは
不届き千万。

ポンデリングの美味しさを初めて知ったここ台湾で、こんな裏切りを受けるとは
いささかショックでもあるが、人柱となったことに後悔はない。

やらずに後悔するよりも、やって後悔したほうがいい。

とは誰の言葉なのだろう。

これを一生のスローガンとして、ちびろっく、これからも邁進していく
所存である。


JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】台湾 | comments(2) |
【旅日記】台湾、田舎の台所事情に迫る《台湾・鳳林編》
農場の名前

滞在してたのはしーらかやん?と多分読むこの有機農場。

毎天天氣很好!
洗濯物は手絞りにも関わらず2時間で乾きます。


さて、ご飯は。
昼と夜は今風に言うところのおうちご飯、
普通に言うところの自炊。
店、無いし。


お昼現場

お昼は農場で、奇妙な日本語を積極的に発するランチェさんが
作ります。
台所に潜入すると、ルクエのスチームケース、取っ手の取れるティファール、
WMFの圧力鍋、ばかでかいヘルシオのスチームオーブン…なんて
あるわけないがな。

それどころか何故かコンロ一つ。
中華鍋一つ。
普通の鍋一つ。


調味料

調味料は日本のとあんま変わらず最低限。


しかし


ピーマン炒め

ピーマン炒め


筍

筍炒め


魚

しまいにはこんなんまで


お昼ご飯

全部一つの中華鍋から作っちゃう。

もう、上記便利調理器具は一体全体なんなんだと。

買っちゃった自分がとても愚かな人間に感じる怒涛の展開力に
圧倒されます。


臭い豆腐

時にはこんな麺とか臭い豆腐、お弁当などを買ってきたりも
しますがね。
いずれにせよ、台北のどこの食堂で食うものよりもはるかに美味しい。
台北の台湾料理ってなんであんなに無味なんだろう。


日曜日は教会で、フリーランチの焼きビーフンご馳走になりました。
台湾の中でも東側はクリスチャンが多くて、あたしがお世話になってる
家もまた、そう。


教会

全然クリスチャンどころかむしろほぼ無神論者のわたくしめを
皆様あたたかく迎えてくれて。

ごちそうさまでございました!神のご加護がありますように!


おやつの話もいたしましょう。

みんぱお

なんせここは僻地だもんで、1日か2日に1回、ケーキ屋さんが
おやつ売りに来ます。

ティム君は売る側が積極的なのが気に食わないとか
何とかこうるさいこと言って何も買わなかったけれど、もちろんあたしは
興味津々さ!


其の内容

アイスティーとかアイスコーヒーとか飲み物の他、ケーキ、菓子パン、
海苔巻き、モミジ(鶏の手のとこ煮たやつ)など、おなじみなものから
日本人からすると完全にカテゴリ外なもの、頼まれれば酒までと、
幅広く商売してます。




台湾の人、ほんと甘い飲み物好き。
紅茶、プーアル茶、烏龍茶、それに砂糖入れたりミルク入れたりタピオカ入れたり
アイス乗っけたり、数十種類のレパートリーを持った飲み物屋チェーン店
街中のそこかしこにありまくり。

日本でもタピオカミルクティー売る店が増えて嬉しい限り。
乱立してる訳でもないのに2軒のタピオカミルクティー屋が並んでるのを
発見したのは高田馬場。
ここからタピオカバトル in 東京をおっぱじめるつもりか?


つわけで台湾でほんとに美味しいご飯は、家庭(と台南)にあるようですわ。
台湾行くならちょっと時間とってでも南へ!
台北はほんとがっかりさせてくれるからね!

JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】台湾 | comments(0) |
【旅日記】大豆選別記 in 有機農家《台湾・鳳林編》
電車の切符に「無座」とあるから自由席かと思いきや、


マジで立ち

全席指定のなのに席がない切符。

席無いなら、売り切れにした方が…でも乗れないよりマシなのか…。


台北から電車立ち乗りで3時間。

台湾東部の鳳林という村で有機農家ライフ経験してみました。

WWOOFで来てるんで寝泊り&飯はタダ。
その代わりに仕事をするんだが、今回のおおよその仕事は


お仕事

大豆の選別

超楽しい。
空想旅行、空想料理、空想会話、空想…やり放題。


トマト

選別する大豆がない時、一度だけトマト狩りやりました。30分


酔っ払いばあちゃん

一緒に仕事してるオバちゃん達は、あたしのことを「ムスメ!」と呼び、
片言の日本語でおおいに笑かしてくれる。
どっから覚えたのか下ネタも含めテンション最高潮。



「赤い水(酒)!!赤い水ないと大豆が見えない!!」

「頭カッチカチね〜。コンクリね〜。生コンね〜。」

「あの男チ◯ポでかいよ〜、キン◯マの毛ないけど」




ある人は赤い水を飲み、ある人は白い水を飲み、時にはビールで
朝も早よからアゲアゲの宴会状態。


どこの誰だかわからない人が気軽にやってきて、喋って飲んで帰っての
ひどく自由な雰囲気。


腕無し

この腕無いおっさん(と紹介された)、毎日来てひたすら中国語で
酒をすすめまくってきたが、一体どこの誰だったんだろう。

まーだいたいこんな風ですけどもね。
ここの人たちは楽しみながら、でもプライドもって仕事してる。
だからこんなどんちゃん騒ぎになっても仕事には手抜かりがない。

理想だね。


3日目の午後、台南からTim君という大学入学前の青年がやってきた。
これまで片言の中国語、オバちゃん達の片言の日本語のみで過ごして
きたので、英語ができる彼が来て色々ほんと助かった。
久しぶりに普通の会話をした気がする。


その日、Tim君に地元の若者と、なんか夜なのに山に行こうと誘われた。


エビ釣り

とりあえずライトと長靴装備で出かけてみると、エビ釣り。
夜になると生き物がわさわさ出てくるんだって。

10センチほどのエビをキャッチ&リリースするだけだが、
蟹もわさわさ出てきたり蛇に襲われたり、楽しかった。


帰り道、満点の星を見ながら、異国のド田舎で、知らない若者と
山を歩いてる状況がおかしくなって一人でニヤニヤした。

いくら綿密に計画を立てたとしても、人生も旅も、何が起きるか
わからないよね。

だから面白いんだよね。


次回は台湾家庭の台所をご紹介。


テザリングとかWi-Fiとか、台湾すすんでるな〜。


JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】台湾 | comments(0) |
【旅日記】さよなら台湾《台湾編》
《お知らせ》いつだったか、写真アップしました。

今、香港に出発しようとしてます。
今回は機内食にムスリム食を選んでみました。
特別食選ぶと、誰よりも先に出てくるんだよ。

しかし早いもんで、日本出てから3週間くらいが経過したみたい。

メイドちゃんと楽しくお喋りしたのもつい最近のよな気がします。

そういえば、そもそも「台湾はつまらないのにどうも気になってしょうがないから、前世台湾人だったかどうか確かめる」という目的で、台湾に来ることになったのを今思い出したけど、もう後の祭りです。

たぶん違うような気がします。


どうひいき目に見ても台北はご飯の味ない。とか

どうがんばっても最初の1週間は必ず毎日轢かれそうになる。とか

なんだかんだそんなネタひけらかしたりしましたけど、台湾、3回目にして初めて楽しいと思えたのは、出会えた人々のおかげです。

どうお返ししていいものか、このご恩。

ほんとにありがと、台南の友達、アイスワインの素晴らしさを教えてくれたデイミーのマミー、ポートピアばりに難解な隠し通路を教えてくれた果物売りのおばちゃん、その他親切にしてくれた人。

あと、日本から声をかけてくれてる人たち。
真面目に働いたり勉強したりしてる中、こんな我没有工作(無職)な人間のことを気にかけてくれてありがとう。

昨日も服やの店員さんに、このフレーズ言ったら一瞬引かれました。




友達、ありがと。


昨日、またメイドちゃんに会いに行こうと、クソまずい義太利麺を1分で飲み込んだのに、ラストオーダーに間に合わなかったことだけが心残りです。



ひどい。

では、香港めがけてパワッチします。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】台湾 | comments(2) |
【旅日記】カイ・シデンは果たしてどっち?《台湾・台南編》
iPhoneアプリから投稿してみてます。
うまくいくかな。

ただ今、台南から彰化に向かい中。

自由席の切符を買ったものの、どうやら今座っているこの席が、指定席である可能性が非常に高くなってきたので、途中駅で止まるたびに「そこ、俺!」って怒られんじゃないかとヒヤヒヤしているなう。

今のとこ4駅クリア。
あと1駅で全クリ。

さて、バイクで駅まで送ってくれたデイミー(昨日まで「テイミー」だと思ってた)と別れ、一人旅開始直後、早速もやもやな現象が発生。

券売機で彰化行きの切符が買えず、ウロウロしていたところ、カイ・シデンばりに狡そうな顔の男が、どこに行くのか、っぽいことを話しかけてきた。

貴重品類をがっつりカバーしつつ、彰化に行くけど切符をまだ買ってない、と言うと、俺が乗る電車で行ける、とのこと。カイ・シデンの切符を見ればあと数分で発車する。

急いで急いで!と急かされると途端にめんどくさくなり、自分で買うから!ありがと!と遠慮するも聞く耳持たず、ってか耳自体無いのかってほどにカイ・シデンは取り憑かれたように券売機のボタンを押しまくる。

うまいこと彰化行きの表示が出て、金を券売機に入れようとするもうまくいかず、何度も戻ってくる。

カイ・シデンは「俺が買う」と自分の財布から500元を出すが、それは結構、とお断り。一旦取り消しすることにした。

あれ。

251元だったから300元入れようとしてたはずが、今手元には200元しかないね。

あたし300元入れたよね。と聞くも、英語わかりませんのキョトン顔。

こ い つ や り や が っ た か ?

しかしイマイチ300入れたか確信持てず、あいかわらずのキョトン顔なので、これ以上突っ込めず、なんかもう一人になりたくなってきたので、ATM行ってくるから電車のって君は!とその場を離れた。

しばらくぶんの金をおろして、また券売機に戻ると、カイ・シデンはまだそこにいて、早く買いな!とせかす。

あれ、うーん。

チョロまかしたら普通さっさと消えるよね。あたし明らかに警戒したし。

勘違いなのか?

もう考えるのも面倒すぎて、自分で買うからいいよ、と首をふりまくると、彼は改札通ってホームに消えてった。

様々な角度から検証すると

悪人:7割
善人:3割

の割合だが、万が一善人だったらカイ・シデンは自分の切符を無駄にしてまで尽力してくれたことになる。

しかし台湾本を見れば、乗りそびれても払い戻しはできるようなので、いずれにせよたいして損はしていないようだ。

まあ、

100元(260円)チョロまかされたとしても、いい。

気合い入りました。

友達に囲まれて、ぬくぬく楽しかった日々は思い出としてそっとこころにしまいこみ、改めて、一人旅始めます。

ひとまず、指定席らしき席からは追い出されず、無事彰化に到着しました。なんだこの清々しい達成感。

生あったかく、見守ってちょうだい。
では、飲むね。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】台湾 | comments(4) |
【旅日記】Jedi的太極拳修行乃朝 《台湾・台南編》
《お知らせ》台湾写真アップしました

昔は会社帰りに太極拳に行くため、ジャージで出勤したこともあった。
(会社所在地:外苑前)

中華圏じゃー、朝の公園といえば健康を意識なさる老人、否、
ジェダイ天国。

とゆことでマンションすぐ向かいの公園に早朝いってみれば
いますいます健康ひとすじの中・高年のジェダイ。


In the morning, at the park

こちらはリズミカルにケツをフリフリするジェダイチーム。
腰回しダイエットと同じような発想のフリフリと推測される。
ミディクロリアン値は比較的高い。


In the morning, at the park

こちらはおそろいのユニに身をつつみ、ラジオ体操風な動きを
BPM40くらいでおこなうジェダイ。おもに女性。
全員パダワンだそうだ。


そのほかソロで、

全身をとにかくひっぱたきまくる女性、
ベンチのカーブ部分にねそべり身体を伸ばしまくる男性、
はたまた腕を力任せにブンブン振り回しまくる老人


など、みなさん思い思いの修行に忙しそうである。


果たして、ジェダイ評議会(またの名を太極拳団体)も案外すぐに発見した。

一番はじっこのマスターに、「可以〜?(いいかな〜?)」と
聞いてみれば

「オッケオッケ!あんたよくわかんないだろうから真ん中いきな!」
(想像訳)

結構四方八方向くので、初心者は通常どの向きでも他の人の動きが
見れる位置にくるんである。

ということで初っ端ど真ん中で参加。

太極拳の修行にはいろんな様式があって、そのうちの一部しか知らないけど、
朝っぱらから久々のロングバージョンは結構身体にこたえたぜ。

基本常に中腰、どっちか片方の足だけに体重をかけてゆっくり動く、
てね、結構きついでよ。

数パターン終えたのち、ジェダイマスターたちは


In the morning, at the park

ライトセイバーの修行に励む。

マスターたるもの、日々の修行は怠らない。
それがエピソード2でヨーダがドゥークー伯爵相手に見せたような、
驚愕の剣技に通ずるのである!

猛突進してくるバイクをフォース(手)で制し、信号無視して
道路を渡れるまでになったけど、今後よりいっそうカオスな国々へ
入るにあたり、さらなる鍛錬の必要性をモリモリと感じている。

さ、明日も修行に励むべく、そろそろ寝る、としたいところだけど
ビールが飲み終わるまでは夜を楽しむとしましょう。

では、フォースと共にあらんことを。


JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】台湾 | comments(0) |
【旅日記】台湾朋友のリッチな実家へ1泊旅行 《台湾・台南編》
モー街は疲れた!田舎に行きたいよ!

というあたしのワガママに、ミン&テイミーのカップルは
テイミーの実家に行こうというプランにてお応えしてくれた。


One day trip to Pingtung/屏東

台南から高雄を経由して電車で1時間のところに、テイミーの
ホームタウン、「屏東(ピンドン)」の街があるです。

駅に迎えに来てくれた、やたらお若いテイミーのお母さんは、
なぜだか片言の日本語を操り、いろいろ話しかけてくれた。

日本語で、「今はこの人(ミン君)の家に泊まってるですか?」と、
聞かれて、普通に、「いえ、この人(テイミーちゃん)の家です」と
答えると、お母さんとテイミーの間で妙な空気。

あ、や べ。

テイミーがあたしに部屋貸して、ミン君ちに滞在してること、
お母さん知らないんだ。

と、明らかにオロっとしたあたしに、2人して「Nevermind」。
相変わらず空気が読めなくてすみません。


One day trip to Pingtung

とりあえず近場の田舎っぽいところに行きたいと思って、
屏東近くの「三地門」ってどうよ!と提案したところ、昼間行っても
死ぬほどなにもないんだよ!ってことで、そこにある夜景の見える
レストランに連れてってくれた。

バリにあるみたいな、四方八方完全オープンなレストラン。


One day trip to Pingtung

サバサバしたお母さんと甘えんぼのテイミーの相性が
ぴったりなようで、この親子、友達みたいに仲良い。

花のサラダ w/やたら甘いマヨネーズや、エビ揚げたやつとか、
台北じゃ考えられないくらい、おいしく楽しくいただきました、
三地門ディナー。

ごっそさんです!


One day trip to Pingtung

ちなみに、これは地元の人でも食わないらしいのでやめといた。


その後、テイミーの実家に行くも、テイミーのお母さんは一人で、
景色のよいマンション10Fにございます4LDKに住んでいる
事実が発覚。


One day trip to Pingtung

なんすかこのゆとりあるお住まい。

後からこっそり、ミン君に、あのうなんでこんなにお母さん金あんの?と
聞くと、離婚してるけど豚足料理の店で儲かってんだよ、とのこと。

豚足ドリーム!


お母さんは最近凝ってるというアイスワインなるものを出してくれたのち、
お姉さんとこに出かけていった。

一瓶、1万円。

アイスワインて何よ?と半信半疑で超重たいこれまたゴージャスな
グラスでいただきましたところ、あら、なに、これ!


One day trip to Pingtung

そんな1万円を、1本まるまる、飲み干したのは、わたしです。
今この場をかりて深くお詫びいたします。


One day trip to Pingtung

屏東の街を見下ろす(みくだす)。


翌朝起きてパソコンであれこれやってると、ミン君が一人で散歩に出てった。
Twitterのダイレクトメッセージにて、「喧嘩中」との報告。

テイミーちゃんのいる部屋から、詳細や打開策についてダイレクトメッセージで
やり取りしてたら、インファナル・アフェアのトニー・レオンみたいじゃん!と
他人事だけにワクワクしてきた。すまん。

理由は甘酸っぱいくらいに下らないことだったのもあり、珍しく気を利かして
あたしがしばらく散歩に出た少しの間に修復されたよう。
ママ、空気読んだよ!あたし、読めたよ!!


ということで、何もなかったかのように、ランチへ出発。
テイミーのお母さんがやってる豚足料理の店にタクシーで行こうと
したところ、なんと地元なのにボッたくられたとのこと。

通常地元の人はタクシー使わないし、ガキだと思われて
50ドルくらい余分にとられたらしい。
地元でもそういうことあるんだと思うと、外国人なんてボられて当然だな。
久々に、ここは日本じゃないんだ感をかみしめた。


One day trip to Pingtung

こいつのタクシーには乗るな。
もし乗ったら、カマキリの卵でも仕掛けておいてください。


One day trip to Pingtung

ま、なんやかんやありましたけども、着きました。
なんちゃら、大王。自信満々なネーミング。

完全なる家族経営らしく、この人はわたしのお母さん、この人は
叔母さん、この人は弟の奥さん…と永遠とも思われた家族紹介ののち、
お料理がやってまいりました。


One day trip to Pingtung

豚足の煮込みと、客家風の麺。
これ両方ともめっちゃ美味しかったんだが、豚足料理屋の娘は、
非常に残念ながら豚足のプルンプルン部分が嫌いとのことで、
プルンプルン部分を取り除いた別皿で食ってた。
プルンプルン部分のおかげでここまで大人になれたのに…と
思うと歯がゆい気になったが、致し方ない。


One day trip to Pingtung

(多分)お母さんのお母さん、と、叔母さん。

いつまでもお元気で。好吃なごはん(とワイン)ごちそうさました〜!


あたし、金あっても、4LDK住めないな。
(掃除できない)


JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】台湾 | comments(6) |
【旅日記】君がいたあの夏は遠い夢の中〜台湾夜市巡り 《台湾・台南編》
昨日サザエさんがつぶやいてたんだ。

「記録する以上に、記録するに足りる日々を。サザエでございま〜す!」


ガーン!!

昼間は暑いっつって、ブログ書こうかな〜どうしようかな〜とか毎日
グダグダしてたあたしゃ、この言葉にハッとさせられ、昨日は思わず
昼間炎天下のなか出かけて、バーサクにかかったかのように、
4,5時間歩き続けたのち下痢になりました。

その結果、

カルチャー・クラブとか聴いてボケーとしながら、
あんまりバイクが突進してくるのも気にせず歩く


感じでカオスな道路状況を突破していく術を身につけた。

こうやって、経験値あがるのが楽しいんだ。

だから、「何すかコレ」ってのどんどん試していきたいんだ。
(海外に限る)


今日は夜市の話をします。

台湾て、日本の夏祭りみたいなもの、毎日やってんの。
「お腹すいたら来る」ノリ。屋外フードコート。

花園夜市/Night Market

ここは台南でいちばんでかい花園夜市。

どう、なんか異国ぽいでしょ。やっと異国の空気感じるでしょ。


花園夜市/Night Market

地獄の試練みたいのから、


花園夜市/Night Market

日本人も安心のカニカマとか、よりどりみどりで困っちゃう。


花園夜市/Night Market

しかし今日のチャレンジはこれ。
散々親切にしてもらったのにこれひとつで台湾が嫌いに
なるくらいの破壊力をもつ臭豆腐。

食い物なのに獣の臭いがするってどういうことなんだよ。

だけども台湾人も香港人も好きなコイツ、そこらよく行く人間として
克服しないことにはどうにも気がすまないので、ひるまずいっちゃうよ。

と、意気込んだのにさ、皆がイチオシするこの店の臭豆腐、
全然獣臭がしない。なんだよ普通の揚げ豆腐じゃん。

逆にテンション下がったので、残りはスーウェイ君に食ってもらった。
一人でモリモリ食いつくした。
彼、モデルなのにそんなに食っていいもんなんだ。揚げ物。


花園夜市/Night Market

と思ってたらコレ食えと渡されたのはまた揚げ物。

台湾(と、日本のどっかの地方)では、このさつま揚げぽいのを
「テンプラ」とよぶのです。
おしゃれなジュースバーにもあったりして、フライドポテトみたいな
立場にある。

なんだあんた、揚げ物すきねえ、太ったら仕事なくなるよ?
なんつって食べてみたら

つか、これ、今日イチ!!

地味だけどこの「テンプラ」まじうまかった。
味は?って…おいしいさつま揚げ。ごめん。語彙少なくてごめん。
とにかく、揚げたて「テンプラ」、つな八よりいい。
違うか。土俵が違うな。

しかし揚げ物が多いんだよな。台湾。


ところかわりまして大東夜市。


Night Market/大東夜市

ヘブン・オブ・パン!!なんと壮大な光景。
もうこれだけで十分だけど、ここは日本にもあるということで
今回は指くわえてガマンの子。


Night Market/大東夜市

スーシーはみんな好き。
乾いた怪しい色のネタには全くそそられないけど。


Night Market/大東夜市

あんまイメージないけど、ステーキは夜市で超人気。
ベトナム人なんか朝から食うからね。
だからあんなにがめついんだろうね。

味は、まあ、ガストのがちょい上、くらい、だけど、肉って、
テンションあがりやすいものね。
でも、ひとくちふたくちで結構。


Night Market/大東夜市

どれ飲みたい?って聞かれてる。今。
全然見当つかない「酪梨布丁牛乳」にした。
布丁はプリンなんだけど。酪梨ってなんだ。
英語でなんていうんだっけ…って皆わからず、飲んでも特徴ない味で
モヤった空気のまま曖昧になったが、後で調べたらアボカドだった。

なるほど、ネットリ感が乳製品系てことか。


Night Market/大東夜市

つけまつげ。
「浜崎あゆみ型」「洋物型」とか、何を根拠にカテゴリ分けしたか
不明なタイプが数十種類ある。

ダンスのショーに使うっつってリールンちゃん「倖田來未型」をお買い上げ。
100円しない。


Night Market/大東夜市

iPhoneアクセサリー屋台。
スティーブ・ジョブスもがっかりの、iPhoneのデザイン性を
完全シカトしたお茶目なケースなどを格安でご提供。


Night Market/大東夜市

当たっちゃったら心底困るのでやらないが、パチンコとか輪投げとかで
景品がもらえるゲーム屋台も多数。

てかほんとに欲しいの?それ欲しくてやってんの?
「熱にうかされて欲しいと思い込み買ってみたものの翌朝になったらすごい後悔したけどなんかまだ捨てるに捨てられない系」
っていうのは一番やっかいだよ!よく考えてね!


Night Market/大東夜市

ハム太郎もね。
子供をも食うという話を聞いてから、ハム太郎は嫌いだよ。


Night Market/大東夜市

どら焼き。
日本でも食えるからいいやと一旦スルーしたけど、いやまて、
焼きたてのどら焼きって食えるわけないなと試してみた。
バタークリームとかチョコとか各種フレーバーそろってます。

おばちゃんしれっとした顔で、音速の速さでどら焼きの皮を
ひっくり返してはまとめて引き揚げる。これは一見の価値あり。

実際のどら焼きの作り方はしらないけど、確かにどら焼きだったので、
フライパンでできるってことだな。
どら焼き屋台とは盲点。日本でも人気出るんじゃね、誰かやればいいのに。


最後は夜市の様子を動画でどぞ。




台湾にも保湿ジェル入りのマスクが売ってんだね。


日本で祭りが恋しくなったら、台湾にいらっさい。

JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】台湾 | comments(2) |
【旅日記】台南の街を普通に観光 Vol.2 おいしいもの 《台湾・台南編》
《お知らせ》台湾写真アップしました。

Coffin Toast shop


棺おけトーストではじまる朝。
今日もミン&テイミー、リールンとその友達に
おつきあいいただいております。

この流れでなんとなく、台南でたべたものについて
述べてゆきたいと思います。
「おいしい」「まあまあ」「おいしくない」という、
基本3原則でしか表現ができないので、だいぶサラっとした
レポートとなっていることをお許しください。

はい、さて、棺材板というシチュー in 揚げパン。
食いたいと言ったのは確かいあたしだけど、家で作れそうな予感。
そして揚げる必要がなさそうな予感。

この奥の、豚の血餅スープ、これおいしい。


この後どれだけの食べ物が出てくるか不安だったので、
半分残して次。

「碗粿(ワングォ)」なる米プリン。


Famous shop for 碗粿

相当な有名店らしく、まー並ぶ並ぶ。
我々は席一列陣取りつつも、5人で2皿という、日本だったら
追い出されかねない注文をする。


How to eat 碗粿

4つに切ったのち、ぐるっと回してお碗からはずすのが正しい食い方。


碗粿 has come!

甘辛ソースにモティモティご飯。
これはおいしい。


Making wheel cakes

三越でウィンドウショッピング後、解散前にもうひとつ。
これは日本でもおなじみのアレね。
こちらでは、「Wheel Cake」というんだって。車輪の形だからって。
味は小豆とかカスタードとかチョコとか、日本と同じのが多い。
日本のよりカリっとしてた。


Milk pudding flavor

「ミルクプリン味」なるものを注文したら、なんてこたない、
カスタードクリームだったよ。


仙草飲料

食いすぎた次の日の朝。
この仙草、ゼリーとかによくされてるんだけど、味がない。
でもなんか昔っからすごい好きでねえ。
間違いなく健康にいいはず。それだけは間違いない。はず。
とりあえず仙草って書いてあればなんでも買う。


米團/Taiwanese style riceball

つかこれ!
台湾おにぎり、「飯團(ファントワン)」!
これが超うまかった。

具にカリカリした揚げたなんかが入ってて、それが香ばしいの
香ばしくないのって。
おにぎりなのにそういうのなんか珍しい。

Yabaiまたこれ食いたい。
しかし、家にいるときはミンからもらった膨大な量のフルーツと、1人なのに
15個も入っちゃってるパイナップルケーキの消費に努めているため、近所の
由緒正しき冷麺が気になったりしても我慢するストイックな日々だ。

飯團のことは忘れがたき思い出として、心に留めておくこととする。


これは台湾ぽくはないんだけど。


Popular bakery

方師傅點心坊 Master Fang

高雄の阪神デパート地下のパン屋さん。
ここのロゴがどうしてもフォションにしか見えないことには
みんな忘れて、素直にイチオシのパンを買ってみようよ。


Huge Bread

デカイ。
ノートでいうとB5のデカさだ。
一瞬躊躇したが、近所(っぽい)おばちゃんたちがどいつもこいつも
このパンばかりを買い求めていたので、それにならって買ってみる。

妙にキメこまっくて、おばちゃんたちが盲目になるのもよくわかった。
近所だったら週一で買うね。


テレビで、たんぱく質の欠乏は、関節炎を招くので、日ごろから魚とか
食いましょうって。
自分が最近食ってるものをふりかえって、たんぱく質、食ってないなと
改めて気づいてあせってみたり気にしないでみたり。

みんな、魚とか、食えよ!
ぐだぐだだけどここは台南。じゃ、また。

JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】台湾 | comments(2) |
【旅日記】台南の街を普通に観光 Vol.1 《台湾・台南編》
平日のスケジュール。

朝起きる→朝飯たべる→ごろごろ→昼飯たべる
→昼寝する→夕方散歩行く→ビール買って帰る


気まますぎも本当によくない。
やっぱり人間、何がしか「やらなきゃいけないこと」が
ないとよくない。

修行のつもりで日本出たのに、日本以上にぬるい湯につかることになるとは!
こんな状態じゃインドの地踏んだとたん即死しちゃいそうだよ!
つことで1日1日記。1日1時間命がけでウォーキング。など、
自分に厳しい義務を課すんだ。


土日はちゃんと観光しましたよ。
ミン君と、リールンちゃんが名所を案内してくれました。


Treehouse in Anping

安平樹屋(Anping Tree house)

めっちゃ樹に食われてるね。
カンボジアのタ・プロム遺跡みたいなノリでひんやりしてて気持ちよい。


豆腐花/Anping Bean Jelly

有名なおみせ「同記 安平豆花」で、豆腐のデザート食べたよ。

食べ物はとりあえず、一番やっかいそうなのにチャレンジするように
しているので、今回はこの蛙の卵みたいなやつ。
なんてことない、タピオカだった。
気後れするくらい上品なお味。


Shrimp roll with Wasabi sause

「周氏蝦巻」

このエビの揚げもんが超うまかった。
手前のワサビ風ソースのジャンクなこと!
でもこれが案外合ったりすんだよね。
台南て飯おいしい!


Huge mango icecream

「裕成水果」

とにかくいろんなもん食わせてくれる。
ここのマンゴーアイスは、他んとこより高いけどお勧めとのこと。
他んとこの3倍の値段するんだって。
オゴリだからそんなこと言われたらとことん食わなきゃみたいになるが、
完食なんて夢のまた夢。
だってラーメン二郎サイズだぜ!つかこんなにでかくする必要あんの!
しかし高いだけあって味、本気。


Good bar, Kinks25

「Kinks25」

ここ!
なんかで見て、すげー行きたいと前から言ってたカフェ。
ミン君が覚えてて、つれてきてくれた。

ここは、台南の夏には致命的な、「エアコン無し」というデメリットを
ひっくるめても、居心地よいところ。
とにかくどこ切り取っても絵になるから、一眼でガンガン写真撮る客が
ひっきりなしに来る。かといって昼間はそんなに人いないから落ち着くし。


Good bar, Kinks25

中にも外にも、いろんな雰囲気の席があって、全制覇したくなるよね。
ただいかんせんおっぴろげだから、外も中も蚊がすげえ。
いやまあ蚊なんてかゆいだけだから、我慢すりゃいいんです。


Good bar, Kinks25

しかもWifiつながるし。
長居しないわけもないよね。
時々古い映画上映したりもするみたい。
夜はバーになってにぎわうらしいけど、落ち着きたいならお昼だね。


Good bar, Kinks25

1冊写真集できるね。
ホント好きだここ。
うちから歩いて1時間くらいかかるけど、明日またいこ。

ちなみに店主はさながらフォークシンガーのようです。


どお、台南、あんま知られてないけど、なかなか楽しそでしょ。

JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】台湾 | comments(2) |
<new | top | old>