Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



【旅日記】さよなら香港《香港編》
香港ブログの1発目がさよなら香港てのもおかしな話ですけども。

うっかり更新しそびれました。


@ThunderRyuと香港で合流し、台湾人の友達とワタミで飲んだり、
香港人の友達とコブタちゃんを食べたりしていたら、
あっという間に1週間ほどが過ぎてしまった。

もっと早く写真アップしておけばよかった。
30分アップロードしてるのに、まだ3%。今日徹夜?
この写真がすべてアップできるの帰国後かもしれないこの様子だと。


The father of my friend

こういうふざけた仏像が10000人いる寺。
これが今回の旅のハイライトですが、もう4回目くらいなので、
詳細は前回のアルバムをもって済まさせていただきます。

こんなにふざけてて、こんなに腹のよじれる寺に、
こんなに観光客がいないのは奇跡。


いやほんとはね、今回のハイライトはマカオになるはずだった。

小さいころに行ったきりだから覚えてないし、ヨーロッパ気分でも
味わうかと。
ついでに、願わくば、旅行資金をちょいと増やせたらいいよねと。

ワキワキしながらマカオのフェリーターミナルまで行って、
チケット買ってあとはフェリーに乗るだけのタイミングにて。


あれ、パスポートは?


ある訳がないのだ。

だって、ついさっき、中国ビザ申請するのに、パスポート、
HISに預けたんだもの。



すみません、パスポート、持ってないので、キャンセル、でき、ますか。

超ビビリながら、チケット売りのおばちゃんにだめもとで聞いてみると
無言でしばしチケットを眺めたのち、投げるように銭を返してくれた。

ありがとう。

パスポート預けた直後にマカオ行きのフェリー乗り場に向かってるからね。
間抜けにも程があるということで先行きが不安になり、凹み、
ThunderRyuに励まされる。

すまん。

本当にすまん。


そゆことで、あのふざけた寺が結果として今回のハイライトとなったと
いうわけです。


P1000279


なんで有名にならないんだろう。
萬佛寺


今日ThunderRyuと入れ違いで合流した、@Tetsu0225さんと食べた叉焼飯、
持ち帰りの人が行列するだけあって、やばかった。やばかった。
明日は飲茶食べたのち、広州へ、むかいます。8年来の友達に会いに。
8年来の友達がいなかったら絶対行かない広州なので相当凹んでます。

なんで自分から好きで旅行してんのに凹んでるんだって。

ネガティブの無限ループ。

ひとつ凹むと、すべてにおいて凹む。

そういうのを鍛えなおすための、この旅です。

がんばろ。



JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】香港 | comments(3) |
世界に出前一丁!香港編



なんだか香港から帰ってきてから、妙に寒いので
機動力が落ちている。

外食する気もどうもおきないため、とうとう1年前の
香港で買った日清製品を処理することにした。
なに、たった半年、賞味期限が切れていることなど、
取るに足らぬわい。

インスタント拉麺とあなどるなかれ。
香港では出前一丁を用いて作った多種類の麺料理を
堂々と店で出しているどころか、

「出前一丁加3元」

とメニューに記載されている通り、セットの麺で指定すると
なぜかHK$3ほど加算される、特別なポジションにおかれた
立派な麺様なのだ。





菜っ葉とハムを添付し、ほとんど麺をほぐさずに香港風にした。
「鮮蝦味」と書かれていることなど知らなかったくらいに
エビ味はしないが、なんか穏やかだった。





「蟹柳杯麺」の「蟹柳」。
カニかまということだったんですか。

なぜか外国の日本料理には、よくカニかまが使用されるのだ。
君たちが思っている以上に、日本人はカニかまを食わないぞ。
ほんとは全然、本物の蟹の方が好きだぞ。

しかし、カニかまってよくできてるな。て感心している
場合じゃない。ワカメが全く合わないよう!

て言うてるんですけどもねー。

今回は異例の早さでアップしました。香港旅行記09。
香港における、日本文化について調査などしましたので
お立寄りください。


ご遠慮なくクリックしてみてください。





そうだ、追悼特集、500円くらいだったので2つ買いました。
日本では、なかばタブーのようになっていた、愛ちん黎明期の写真が
たくさん載っている上、DVDまでついている。
香港ではおもいっきり「日本国宝AV女神」
あがめられています。
このころの笑顔が一番輝いているぞ、愛珍。合掌!


2009 香港写真集

その他の香港風景はこちらで要チェックだぜ。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】香港 | comments(6) |
ついにガサ入れに@香港
送信者 Hong Kong 09


どっちだよ!

昨日、部屋の外でもんのすごい大声で言い合いが
はじまり、ドアをガンガンやられてあけてみれば
漫画みたいな禿げが立っていた。

この部屋に金を払ってんの?
いくら払ってんの?
友達としてただで泊まってんの?

と矢継ぎ早に詰問する禿げの後ろで、広東語しか
しゃべれない宿のおばちゃん
「駄目!言っちゃ駄目!」の顔で首をふる。
ので、ポカーンとした顔して黙ること5分。
ようやく禿げは立ち去り、おばちゃんは満面の笑み。

今日、親戚らしき人の話をきいたところ

「まだライセンスきてないから、客泊めちゃ
いけないんだよ〜」


現時点モグリかい!!

という感じで、なごやかな日々をすごしています。

昨日は香港サラリーマンの友達に、奥さんを
紹介してもらいながらご飯を食べ、今日は香港の
ママと飲茶へ。あと臭豆腐。ついに一線越えた。

ほか、特にやることもなく、明日は何をしよう…。


送信者 Hong Kong 09


香港では、ケンタッキ食うときに手袋します。
(後方左側の女子に注目)
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】香港 | comments(2) |
香港から、女神、飯島愛についてとかの報告
今年もなんとなく新年をむかえましたが、
ここ香港ではまだ年の瀬みたいなもんです。

今、香港に帰省中。
親切なのに人あたりが超さばさばしている
ここ香港、ほんと落ち着くです。

今回は、常宿のおばちゃんち(香港の銀座)が
コンピュータービジネス開始のため泊まれない
とのことなので、初めてほかの場所へ。

いつもコンバースと切手を買いにくる場所
(香港の上野)へ投宿してみたところ、
めちゃんこ人が多く、夜中なのにいつまで
たっても夜7時台の様相。
ヨーロッパ人が腰を抜かす風景。

送信者 Hong Kong 09


いやしかし、料金は一人1500円と、通常の
2倍ではありますが、

なんたって近所の飯が安い。
ほっとシャワーがざぶざぶ出る。
ベッドが2つある。
窓がある。
テレビがフラット。

いやー快適!

当初のうわさどおり、中国台湾香港で女神として
崇められていた飯島愛ですが、露店にて数冊の
追悼特集号を発見。
しかも彼女の本領発揮時代のDVDつき。価格未確認。
1000円以下であれば、誰かのお土産になると
思われます。

昨日は、去年同行した下町女と合流し、飲茶を。
そして服やの店員のおとこのこが、

「日本に行きたいが高いよ。日本のラーメン超うまい」

というので、香港の日本料理屋へ潜入調査を
行ってきた。

送信者 Hong Kong 09


ということで、不況にあえいでいる
…という様子もまったくうかがえない香港より
変日本語、初潜入の格安日本料理屋リポートを
のちほどアップします。

今、宿の無料PCつかわしてもらってるけど、
なんか宿の人の家族がすごいいっぱいきたので
そろそろ切り上げます。

再見!
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】香港 | comments(2) |
■ときめき香港旅行2008その2〜香港で今No.1の食べ物に迫る!!
日本はチャオズ祭りまっさかりですが、香港はふつうに
旧正月まっさかりです。

香港の人は基本的に大陸(中国)を信用してないらしく、
いろんなものに「香港製造(メイド・イン・ホンコン)」と
強く記載してみたり、中国野菜をタワシ洗剤でガッシガシ
こすったりしています。

そのこするさまといったら、気が違ったかと思うほどの勢い。
洗剤のほうが体にわるいんじゃないか。という気がしなくもないが。

さて、今回は初めて香港で体験したものをご紹介。

それは、香港版ぐるなび(みたいなやつ)で堂々一位に
君臨しているあの店で、あの絶品料理を堪能したこと!か?

いつの間にこんなに食いしん坊になったのか?
それは皆、香港のせいです。
では、ご紹介いたします。

食の街として知られる香港は、町中そこかしこ食べ物屋ばかり。
香港人の3人に1人は料理人なんじゃないか?
香港人がアメリカ行ったらまずくて死んじゃうんじゃないか?
の勢いでオイチイ食べ物屋ばかり。

さすが、矢や刀や銃弾いきかう戦場の真ん中で、
「冷たい飯なぞ食えるか!」と、死も恐れず
中華なべを振りまくった民族がつくった街。

おいしくないものは容赦なく淘汰され、熱く支持されるものは
根強く生き残る。
安楽亭なんか進出した日には、もって3日。いや、1日。

そんな外食戦線で勝ち抜いたその店とは!!

その名も「時新快餐店」

なんの店か。

もうすぐ動く夜景が始まる時間だが、ギリギリ見れることを
願いつつ、タクシーでその店のある通りにのりつけた。

ちびろっくの旅は、いつも暇で金がないので、海外で
タクシーに乗ることは極めて稀だ。むしろタブーだ。
だが、今日は緊急なので例外。アレを食べてみたい!アレ!



ホンハム(紅磡)という街にあるこの店は、どーみても
ふつーの食堂。



メニューは広東語のみ。



テイクアウト待ちの人を横目に、中に入ると若者が多く
目につくが、おっちゃん、おばちゃんもちらほら。
閉店間際なのに、キッチンではおじさん2人が超迅速に
動き回って客をさばく。

われわれも注文。
英語なんて通じないので、メニュー書き留めて職人に渡す。

職人の動きを全員で凝視すること10分、モノの手配が完了!
赤白のかわいらしい箱をにこやかに手渡され、さすが評判の
店、サービスも一流!と感心しつつ、ふたたびタクシーに乗り、
動く夜景を鑑賞しに舞い戻る!

舞い戻るが、もうちびろっくとトドマンは夜景なんか
どうだっていいので、赤白箱をオープン!











ハ〜ン〜バ〜〜ガ〜!


世界屈指のグルメの街の人々に、熱烈支持されている食べ物、
それは「時新快餐店」のハンバーガーでした〜!

飲茶でもアワビでもエビでも臭豆腐でもありません。
ハンバーガー。
いや〜わからないもんですね。

肝心のお味はと?
最高でしたよ。肉はデニーズ顔負けの分厚さ、野菜入り。
とろけるチーズに、あつあつタマゴ。
ついでに注文したポテトもカリカリ。
タクシー乗り付けただけのことはあります。
次回は人気商品、ローストチキンも試してみよう。

住所:紅磡埔街1A地下

WEB(Open Rice):
http://www.openrice.com/restaurant/sr2.htm?shopid=18220

ちなみに写真のメニュー内容はこういう感じです。

・ハンバーガー
・ダブルバーガー
・チーズバーガー
・チーズたまごバーガー
・ダブチー
・ダブたま
・調査中
・調査中
・調査中
・ホットドッグ

香港で中華あきたら、試してみてね〜。

アルバムのつづき↓

2008 香港 その2
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】香港 | comments(2) |
■ときめき香港旅行2008その1〜帰省から帰国しました


うっかり帰国しちゃいました。

行く前から、帰国後落ち込むことを考えて落ち込むほどの
ネガティブ人間であるため、帰国時の落ち込みっぷりは
目もあてられないほどでしたが、なんとか更生しつつあります。

働かざるもの、インドカレー食うべからず。

どこぞの偉人が言ったとか言わないとかのこの言葉、
胸にきざみ、がんばります。

煲仔飯とか、飲茶やら、叉焼飯やら、エッグタルトやら、
楽しいアトラクションが目白押し。

ゲストハウスのママもパパも猫も太極拳の老師も元気で、
気候もよろしく、楽しい5日を過ごしました。
ファースト香港を体験した友人も、その細い身体からは
想像できないくらいに食いまくって、「香港は別腹」という
格言を吐きました。

今回は、食ってちょと買って太極拳しかしてないので、
旅行記はブログのみにします。

長期旅行だと、いかに金をかけずに滞在するかで頭が
いっぱい
だけど、5日だと全力で遊べるんだなあ。
(といいつつ展望台に上がるための300円を出ししぶった)

写真第一弾です。
美しい団地、建設現場、変日本語、エッグタルト掲載。

2008 香港


2005年のタイカンボジア旅行記、寝かせに寝かせてこのたび
アップ!こちらもよろしくね。

↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】香港 | comments(5) |
新年快楽@香港


あけましておめでとござます。
今年もよろしくおねがいします。

今日もいい天気、半そでで十分です。
すみません、正月休みを十分9連休とった上で、
まだ休んで香港に里帰りしてます。
すみません。

今回は香港だけの超短期旅行なので、普通に買い物とかしてます。
金の心配はないが、時間がない。
荷物が増えることを心配しなくてよい。

歩いてばっかじゃなくて、時々タクシーも使い、飲茶や海鮮を喰らう。
むしろこれが香港の正しい楽しみ方なんじゃないか?
今まで間違ってたのか?
老人の尾行をしたり、ゲーセンに入り浸ったり、漫画喫茶行ったりは間違いだったのか?
まあなんでもいいが、香港は快適です。

金の心配はないとはいえ、もちろん今回も重慶マンション泊。
里帰りですから。ママもパパも元気。よかった。

今日は早朝5時に火災報知器が鳴り響き、非常階段のない15階の部屋で、ああここで死ぬならまあいいか、と覚悟を決めたのですが、アフリカ人がママを呼んでみたら誤報だった様子。
まあいろいろあります。

なんか去年の地球一周とかで、人生の目標やら夢やらを9割がた果たしてしまったので、あんまりこの世に未練がありません。
火曜から仕事かと思うと、飛行機落ちてもいいかとも思いますが、また3年後くらいに長旅に出る目標を立ててなんとかがんばりますんで、今年もよろしくお願いします。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】香港 | comments(6) |
■微妙な世界一周旅行記その11〜東南アジア編 このネットカフェでは、奥の立ち入り禁止の部屋で恐らく変な取引が行われています
先日競馬に手を染めたら、そのとたん1000円すりました。
トドマンは60円もうけました。
というか横山ノックが死んだことをつい数日前知りました。

すさんだ心で帰路につく途中、香港島の広場にてなにかの撮影を
していたので、もちろんのぞきました。

このくそ狭い香港を、年に1回くらい徘徊しまくっているのに、
ジャッキーはおろかサモハンやホイ3兄弟にすら会ったことがない。
しかし清水ミチコには会ったことがある。

こりゃおかしい。ということで、色めきだちワックワクでのぞきこむと、
若手俳優のショーン・ユーと、金髪の女がいちゃこくシーンの撮影中!

相手は!相手は誰なんだ、と、じろじろすると、わきに「A」マークの
ついたうちわを持つ若者が。
ということで、浜崎嬢でした。げっぷ。

送信者 世界一周 その7


だが香港でもあゆ大人気。

香港はロックよりヒプホプとか、RBとか、おどる系の音楽が若者うけする
のでロックどころかメタルなんて全然はやらない。

ということで、パリにつづき、また「香港も着てる人見ないよねえ」なんて
言いながらもお気に入りのメタリカTシャツを着て朝ごはんを食べに
出かけると、まだ人通りもまばらな路地で
まるっきり同じメタリカTシャツを着ているお兄さんとエンカウント!!!

お互いすごい偶然(必然?)に戸惑いジロジロ見ながらも、言葉かわす
こともなくすれ違い、その場を離れた。
香港映画でいうと、「天使の涙」でいまだ見ぬ愛する彼と同じ香水を
つけた女とすれ違う時のエージェント女性の気分。

トドマンの言うとおり、ハイタッチでもしとけばよかった。
というわけで、やはりメタルはメタルを呼ぶということが立証されました。

ところで、最近毎晩楽しみにしている、中国版「アメリカンアイドル」
みたいな番組で熾烈な争いを繰り広げているヤング男性のほとんどは、
「歌えないからあまり行きたくないけど無理にカラオケに誘われて、
仕方なくついてきた人」レベルです。

というか歌や踊りじゃなくて誰もがタネを知ってるような手品で昨日まで
勝ち進んでた男もいました。
そして「小松(中国読み:シャオソン)」という、やたら濃い日本人も
ちゃっかり敗者復活に成功したもよう。

上記レベル以上と自負する中国語ができるみなさん(UMEなど)、
中国十数億人の注目を浴びたい方、ぜひとも奮ってご参加してみたら
いかがでしょう。

そしてわたしはむくむくふとりつづけています。
それもそのはず、アメリカ、ヨーロッパと違いおいしいものだらけ。

叉焼飯、マンゴーパンケーキ、草ゼリー、飲茶、エッグタルト、
インドカレー
毎日しゃべりたくなくなるまで食べています。げっぷ。
この醜い姿では人様の前には出られません。

日本で食べたいものなどインドカレー以外まったくないので、
帰国したら、お仕事探しと同時に蛇口に針金を巻き付けんばかりの
調整が始まります。
おお、おお。

では、明日、なぜか香港→北京→東京というルートにて帰りまあす。

P.S.レイジがまた何か‥。
http://www.ratm82407.com/




↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】香港 | comments(3) |
寿司店の暴走
香港ではすでに日本料理は定番化しているのだが、
とりわけお寿司が大人気のようす。

オシャレどころの「一寿司〜Sushi-One」から、
大衆向けの「元気寿司」までチェーン店はいろいろ
あるのだが、今年になってふと気づいたのが
「板前寿司」である。

板前寿司…?

寿司はバイトであっても、名目上板前がにぎるのが
大前提である。
そのためこれは
「美容師美容院」と同じ種類の言葉になるのではと思う。
どうせだったら、「看護婦寿司」「大工寿司」など、
まったく関連のない職業をつけていただきたかった。

あ、歌舞伎町には「野郎寿司」がある。味については不知道了。


----本日のBGM---

トロは中トロ、コハダアジ(へいらっしゃい!)

by 日本のRUN DMC


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】香港 | comments(3) |
わたし何人?我是日本人。
今まで現地の人に間違われたのは台湾くらいだったのだが、
今回の香港では、お店の人に広東語で話しかけられまくる。
わたしの着ている服がアレなのか、香港の人が更に日本人に
近づいてきたのかは不明だが、さっぱりわからずいつも
まごまごする。

しかし、連れのトドマンは見た目韓国人、ウメは見た目
中国人みたいなもんだから、なに人だろうがまあどうでもよい。
ぼくたち地球人。

今日はおきまりのスニーカーショッピングにいった。
日本に輸入されたら、ガラスケースに入れられ非売品として
扱われそうなネタものもいくつかハッケンしたが、
それはのちのちサイトにアップします。

去年のイタリアに続き、フィンランドの国旗がついた
コンバースを購入。
それとオタクデパートにて、切手を購入。
それだけだが、幸せだ。

Lafumaカフェではわたしのお茶は忘れられ運ばれてこず、
お夕飯にたのんだ叉焼入り出前一丁はしょっぱくて
食べられなかった。

要は、買い物運はよかったが、食べ物運がなかった
1日だった。

し、しかしいつも香港で同じことばかりしているから、
本当に旅行記のネタがない。困った。
明日は香港の友達に会うので、行ったことがないとこへ
つれてってもらう予定。

香港は都会だ。
くるたびに店がなくなっていたりできていたり、くるくると
街が変わる。
そのたびに寂しかったり、嬉しかったり、気持ちは複雑。
でも案外香港の人は気にしてないのかもしれない。
旅人の勝手な郷愁なんだろう。

しかし今現在、隣のアラブ人の電話の声がうるさい。

この香港の定宿は、いつも客がアフリカ人ばかりなんだが、
おとといは部屋のすぐ外で、夜中3時くらいまで彼らが
「ン」から始まる言葉が多い言語で大声で喋りまくっていた。

昨日の夜は、シーク教徒がそこの道端でうつぶせに
ぶっ倒れたまま、ぴくりとも動かなかった。
死んでたのかもしれん。

まあ、それでもいいのだ。香港に来るといろいろな人間がいると
いうことをひしひし感じ、懐が広くなる。よいことだ。

「ネーネーネーネーネーネ!」とアラブ人が連呼している。
声がでかすぎる。まあいいのだ。
まあいいのだが、いちいちおもしろすぎる。
しまいには、電話の相手に愛想つかされ、電話を切られたようで、
何度もかけなおしている。
ネタなのかこれは?

ネタだらけで疲れたんで、ではもう眠ります。
おやふみなさい。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】香港 | comments(5) |
<new | top | old>