Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



【旅日記】インドテレビ通販で腰抜かす《ネパール・ポカラ編》
多くの人がトレッキングやハイキングに訪れ、かつ都会やインドでの疲れを癒す場所として大人気のポカラ。

ちび六はといえば、山にちょいと足を踏み入れてみたが、達成感より疲労感がはるかに勝り、心身ともにフルボッコ。やはり登山とか、重力逆らう系の楽しみは理解できませんでした。


なんもかんもやたら金かかるし、俊さんとヒデ君とのウンコの話と、テレビくらいしか楽しんでません。


テレビなんて日本じゃ週2回くらいしかつけませんけども、その国の事情を知るにうってつけだから、旅行中は部屋に運良くあれば、つけっ放しにします。

今日はインドの通販番組を、一部想像アフレコにてご紹介します。




家庭の不和…




思うようにいかないビジネス…




そんなあなたにも、ラクシュミーの女神は微笑みます!




ラクシュミー像、長寿をつかさどる亀など、今回は豪華7点セットでのご紹介です!




私もかつては、職場で理不尽な扱いを受け、同時に妻の浮気が発覚し、問題を抱えていましたが、このラクシュミーペンダントを身に付けるようになってから、突然全てが好転したのです。

ラクシュミー様のご加護がなければ、今の私はありません。




7点で6000ルピーのところ何と!半額以下の2990ルピーでのご提供!




更に!
今なら特別に、アイ・パワー増強セットをおつけします!




お子さんの具合が突然悪くなったけど、病院が開いてない時間なんかはどうしようもないですよね。




そんな時にこのアイ・パワー増強ストーンを着けて目に力を込めてください!




増強されたアイ・パワーが届けば…




たちどころに元気に!




あなたにも、あなたのご家族にも幸運をもたらすラクシュミーセット、ご奉仕価格でのご提供です!
この機会をお見逃しないよう!





そんなアホな!!
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】ネパール | comments(6) |
【旅日記】怠惰で充実の日々まとめて vol.2《ネパール・カトマンズ編》


これほどでもないとは思いますが、わたくしのこの旅二番目の怠惰な日々、もう明日でおしまいです。


〈そんな日々の一コマ〉

児童館かよ!


さて、そんな怠惰な日々を送りながら、仕立て屋さんはあたしのクルタなるネパール服をせっせと作ってくれてたであります。

こんな感じになりますた。



小太りボディに見事にジャストフィット!
これで布代込みで1000円は安いです。これで悪徳インド人への防御力アップ間違いなし。
てかまた隣はドレッドかよ!


そうそう、昨日は、この間お祭りの時にお邪魔したお宅で、お料理教室受けてきました。アリサ先生、分量適当過ぎです。

でも!



マサラパウダー2種と塩、瓜と干し肉。それだけでこんなに魅力的な一品に!



ダサい男と太めの女が絡む変なPV観ながら、おいしさのあまりウッカリご飯食べ過ぎてその後まったくお腹がすかず、夕飯のお誘いを断らざるを得なくなりました。
どんだけタダ飯いただいてんだよ!


今日は、今後の旅に不要な荷物をうっちゃる為、郵便局に行ってきました。

ああケチらずリキシャに乗るんだったと後悔するも遅し、病み上がりの曖昧な体調のまま、ホコリ舞う雑踏の中、サイの角のように進むこと20分。

薄暗いカトマンズ中央郵便局(a.k.a. GPO)の更に奥の小屋にて手続き。
荷物の隅々まで眺められて少し恥ずかしくなったりならなかったり。

ここのハイライトは、荷物チェックと書類作成が終った後の儀式。



荷物を白い布で覆い、縫い合わせたのちに赤いロウで封印してもらう。

その布の上から宛名を書くので、この状態で日本に届くようです。

白布に赤い点々が付着した、非常に不気味な荷物がお届けにあがられる瞬間を想像すると笑えるんですが、どうか冷静にお受け取りください。
どこの霊界からのお届け物だよ!


ラストカトマンズなので、まとまりのない日記になりすみませんでした。思いついたらまた書くかもね。でも日記ってそういうものですよね。ね!

ああ、

雑多な思い出多きカトマンズ。

さよならカトマンズ。


【覚え書き】

荷物内容:お土産+身の回り品

値段:EMS発送で約4キロで税金、送料合わせて4000ルピーくらい。

書類に書くこと:送る物の品名、個数、パスポート番号とか

ちなみに:段ボール箱はちょっとだけ使い古しのあったけど、郵便局入り口でビニール製の袋も買えます。宛名書く用のペンはあるけど、書類書く用のボールペンは持ってったほがよいです。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】ネパール | comments(2) |
【旅日記】怠惰で充実の日々《ネパール・カトマンズ編》



長らく日記を書いていなかったのは、書くほどのことをしていなかったからに他なりません。





カトマンズ滞在も早2週間ちょい、しかし観光地に赴いたのはほんの2回。そりゃ、後から来た成都卓球メイツのタク君にも、「何してんすか?」のお言葉もいただきますよね。





ここ在住のあやみちゃんと居候のきみちゃんの高円寺ドレッドコンビがツートップで、時に同宿のせい君とかも加わり、小学生の如く毎日元気に遊んでいます。

買い物ついでに突然寄る、とか、道で偶然会ったからそのまま、とか、携帯がないだけに昭和な合流が愉快です。





街中はこんな感じ。





いつもそこらじゅうでちょい渋滞。
ちょっとそこバックすりゃよくね?とか、日本人的思考なら冷静に分析できるところを、彼らはそうはいたしません。ネパールだからここは。

カトマンズは今回初めてだし、東南アジアとは街の風景も違うはずだしこんな混沌とした道路状況にもかか
わらず、不思議に違和感も緊張感もなく、ボーっとしながらなんとなく歩いてます。

台湾などでの命がけの散歩の成果が今、生かされているようです。


ネパールはお祭りがやたら多くて、この2週間ちょいで2回かぶりました。今回、ネワール族のお正月だかなんだかのティハールというお祭りやりました。





2日目には朝から若者が奇声を発しながら国旗を振り回し、バイク3ケツもしくは車の屋根に乗り込み街を疾走するという、どっかの地方都市の暴走族のような騒ぎに。





そんなんを横目に、あやみちゃんの知り合いんちにお邪魔し、おデコに模様描く儀式やってもらいました。

つかびっくりなことに、お昼ご飯のみならず、200ルピー(日本料理屋でハンバーグ定食食える)近くのお金をいただいてしまった。





突然訪れたどこの馬の骨だかわからないような外国人にも、家族と同じように接してくれて、心底ありがたいと思うと同時に、こんなことをサラッとやってのける懐の広さにショックを受けました。

サラッとやってのけれるようになりたい。ムリだな。





光のお祭り、と言われるだけあって、
夜はそこかしこライトアップされます。





豆とか花とかで描かれた巨大マンダラも見ごたえあり。


空気は世界最低レベルで汚いことと、ミカン買おうとしてんのにどの果物売りも無理やりバナナ入れやがることと、ハンバーグが味は完璧なのにまとまらずボロボロなことを除けば、カトマンズ、住みやすい街です。

迂闊にも風邪ひいたけど良くなってきた。
カトマンズ滞在もあと数日、明日にはまた遊びに行けるようになるといいな。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】ネパール | comments(4) |
【旅日記】突撃!伝説のドクター爺ちゃん家 《ネパール・カトマンズ編》
まあそんなこんなで、わたしは無事、ネパールまでたどり着いたわけであります。

特筆すべきことといえば、中国側のイミグレで雲南の地球の歩き方の中身までチェックされ、中国全土の地図に台湾が載っていないからという理由で、その地図ページを破り取られたということくらいであります。

国境ラインを越えた我々は、振り返って、そしてこの1ヶ月ちょいを振り返って、「バーカ、バーカ!」とあちら側に罵声を浴びせてみた。
まあいろいろあったけど、中国は好きなほうだと思う。またね、中国。でも、バーカ!


ネパール滞在もはや1週間。

ヒデ君と俊さんは2週間近くのトレッキングに出かけて、カズ君はモワモワしていて、なので今は、友達の友達の友達の家でこうしてのんきにブログを書く午後を過ごしているという次第です。

友達の友達の友達の友達の友達が、今ドレッドになろうとしており、友達の×4は昼寝をしている、そして外からは何かを切実に訴える声が響いていて、そんなカトマンズの昼下がりは異様です。


そんな人との出会いを重ねに重ねて、「困ったらまずあそこ!」と、地元の人から絶大な信頼を得ている爺ちゃんに、謁見することになりました。

占い師かと思いきや、病気や怪我をした時にも頼られるらしく、イージーゴーイングが売りのネパールにおいて飯を食べる時間もないほどの忙しさらしい。Perfumeか!


おなじみになってきた路地をひょいと曲がって、ニワトリを巧みによけて、見えた爺ちゃんの豪邸。




入り口小さ!!

2枚の板と窪みだけのトイレを横目に、真っ暗な中、階段をミシミシいわして3階まで上りますと、女性達が集う小部屋があります。ここが爺ちゃん家。

ニコニコしながら「ナマステ〜」と挨拶する爺ちゃんは、まったくをもって普通のネパール人の爺ちゃんで、部屋はどうお世辞を言っても薄暗い小部屋、です。

病院に連れてった方がいいんじゃないかと口出ししたくなる、元気のない子供を連れたお母さんが先客。
爺ちゃんは、呪文みたいのを唱えながら、火をつけたこよりのようなものを子供の顔の前でクルクルやっている。
その間、すぐ隣で待ってるおばちゃんは大声で携帯でしゃべってみたり、ドッと笑いがおこってみたり、しまいには爺ちゃんに話しかけたり…いいんだ、そんなんで。

指をパチパチとやると終わりの合図。
サリーの懐から財布を出して、50ルピーだかなんだかの金をサッと渡す。
金額は特に決まっていないらしい。




足が痛いとか、働かない旦那の対処だとか、さまざまな悩みに対応する爺ちゃんのところには、ひっきりなしに人が訪れる。

我々は急いでもないし、家も近いし、ガンガン後回しにされるが、まあいい。我々には時間がたくさんあるのだ。




やがて、友達の日本語学校の生徒のスミちゃんがやってきた。
彼氏に100万貸したが返してもらえず、ここに相談しにきたらすぐに月々5万で返済するという話がまとまったらしい。
これがまた日本語もネパールもしゃべるしゃべる。我々、周りの客、他の客対応中の爺ちゃんにも。

「なんで昨日はいなかったの?午後にはいるっていう話だったのに、なんでいなかったのか理由説明してよね〜!(笑)」

このスミちゃんの激烈トークがなければもっとスムーズに客がはける気がしないでもなかったが、そんなやり取りは愉快だったのでよしとする。

爺ちゃんが茶を飲みに出かけたタイミングで、うちらもチャイを飲みにちょい出た。
戻って、後から来たスミちゃんの妹の、仕事しない旦那の話ののちに、友達の番。
ネパール人との結婚はうまくいかない。あと1年はネパールにいることになる…。

そしてあたしの番。




50ルピーを渡すと、袋から米をつかむように言われて、そのとおりにし、ザッとザルにあける。
名前と歳を聞きながら、爺ちゃんは米を2粒ずつくらいに分けていく。

「爺ちゃん、あたし日本帰ったらどうなりますかしら。」

「そうさね、日本帰っても仕事は見つからんし日本にはもう住めないよ。半年以内にまた海外行くよあんたは。」


母国に戻れない通告!!

半年以内に海外に行く金はどうなるんだと思ったが、まあそこらへんは曖昧のままにしておこうと聞かずにおいて、しかし予想外の結果に度肝を抜かれた。

ま、住めるところは日本だけじゃないしな。人間砂漠でも住めるしな。でも、日本がいいんだけどな。ま、いいか。

たかが占いだけど、あの爺ちゃんに言われると、ああ、そうなのかもなあ、って気になる。そういうオーラがある。
それが昔から人々に信頼されて、(軽く疑問だが)病院より先に訪れたりされる所以であろう。

なぜかまた来週来るように言われた、次はいったいいつになったらジャッキー・チェンに会えるのかを聞いてみたいと思う。


JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】ネパール | comments(9) |