Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



■微妙な世界一周旅行記その2〜欧州編 天使のお菓子
スペインについた日、オタオタしてたらランチの時間が終わりかけ、
てきとうに飛び込んだ店でピザたのんだら、思いっきり冷凍でした。

さて、昨日のつづきでありますが、おそろしいアメリカをそっこー抜け出して
なぜか欧州へ向かうわれわれ。

エアリンガスというアイルランドの飛行機を使うも、アメリカの大手
ユナイテッドなんかよりもずっと快適。

乗り継ぎのついでの、1日だけだからいいか〜と、なんも情報をもたずに
アイルランドへやってきたものの、着いたらやっぱりどうしていいか
わからなくなり狼狽、ひとまず宿をとる。

そしてこんなところで出会った、山ちゃん。



ガキの使い卒業式並の形相。

ゲーセンでDDRに励むギャルがいたり、普通の先進国ぷりも見せるものの、
古い建物を大事に残した町並みはまさに欧州。
お花にいろどられた、こぢんまりしたお宅、お庭にねそべって本を読む少女、
上品に飲んだくれる紳士淑女。

ダブリンの皆さんはやたら歩くのが早いのだが、でも圧迫感がなく、とても
居心地のよいところだったので、いずれまたゆっくり来てみたい国でごわす。

香港で食べまくっているエッグタルトを求めてポルトガルへ。
そしてロンプラの手引きにより、「まるで天使が作ったのではと思わせる」
極上のエッグタルトを食したのであった!!しかも一度に2個!
ぱりぱ〜りのとろんとろ〜ん。
あと2個は食べられる余裕がありましたが、理性がとめました。

いや、ちがう本当の目的はベルレンガス島というところの、紺碧の海に
囲まれた要塞を見に行くことでした。本当だってば。
で、とにかく島まで出る船着場がある街まで2時間バスで小旅行。

結果、天候不良のため、欠航…。

残念だが、次回に繰越。
ユーラシア大陸最西端の海を峠で眺めて宿に戻ったら、発熱…。
まる2日寝込みました。

そしてとても地味で、夜は19時には店が閉まりたまに困る
ポルトガルだけど、ここはとてもよい所でした。

ポルトガルの人は皆とても親切で、困ってるそぶりを見せたその瞬間、
言葉がわからなくてもすぐに話しかけてくれる。
(マリファナいるかい?ともやたら聞かれたのだが)

たぶん日本語ができない外国人が日本で困ったら、すんごい
困りまくるだろうなという気がしてきた。
だからわたしも東京に帰ったら、旅行者におんなじようにしてあげようと思いました。

暇で暇でビリーズブートキャンプでも買おうかな!と思ってる人、
ちょっと思い直して、そこまで暇だったらアルバムでも見てみてください。
↓かいつまんでこんな感じ。

世界一周


アメリカ、アイルランド、ポルトガルともに、セックス関連のショップはやたら
普通におっぴろげで開店しており、やっぱりエロって、ちょっと隠れた感じじゃないと
エロくないんだな、と納得。

なんか接続状況がおかしくなってきたので、また明日ー!
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】ポルトガル | comments(6) |