Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



■微妙な世界一周旅行記その4〜欧州編 強盗にあいました
オリンピックとガウディとFCしか知らないバルセロナです。

現在間借りしているマンションは、サグラダファミリアの真横なので
マンションの外およびベランダに出るとおもいっきり
サグラダファミリアが見える絶好のロケーションですが、実際
目の前にそびえ立たれると気持っち悪くてしょうがありません。

あの色、あの曲線、あの装飾品。

イメージとしては、FFのラスボス第二形態といった様相。
生命体が塩酸とかで溶けかかってる感じです。
夜になってライトアップなんてされた日にはもう。
吐き気がします。

しかし人間、そういう気色悪いものが案外見たかったりして。
ベランダであえて見ながら、晩ご飯のサラダ食べたりしてます。
マゾ。。。

バルサの試合は最前列で見れました。
エトーや滅私や出っ歯が間近で見られて、外国の方は本当に
ヤクルト飯田並に走るのが速いなあ、なんて始終感心しておったが、
なんだか格下チーム相手に引き分けという結果に終わりました。

だがさすが地元のアイドルバルサ、サポーターの熱気は、
わたしが小学生のころよく行った神宮球場とは全く異なるものでした。

せっかく見に行って引き分けとは微妙ですが、よいものを
見れてよかったです。

さて、その前日にもバルサミュージアムやスタジアムツアーの
ため、スタジアムを訪れていました。

その帰り、近くのフィールドで少年たちが練習をしていたので、
写真なんかとっていたところ、トドマンのTシャツに何かが
ぺちゃっとひっかかりました。

送信者 世界一周その3


背中をみると、抹茶色の液体がべっとり。
トドマンこの旅で鳥フンかかるの2度目じゃん!かかりやすい人て
いるんだよねえ。

と、いつのまにか手に地図を持った観光客風カップルがそばにいて、
あら大変、なんてティッシュを差し出して来る。
つかお前ら誰だ?って、お前ら泥棒じゃね?

*ガイドブックに何度も何度も出てくる超有名な手口

1.ふいてあげるまたは水道のあるとことまで導く
2.その隙に貴重品盗む

へえ-!これがかの有名な。。。本当にいるもんなんですなあ。。。

と、結構冷静に感心しつつ、ひとまずその場をそそくさと離れる。
別に追ってくるわけでもなかったので、そいつらから離れつつ
トイレでTシャツを洗う。。。

つけられたものはどうやらアボガドジュース的なもののようす。
だんだん怒りがこみあげてきて、ぶん殴ってやる!!といきまく
トドマンをまあまあとなだめる。

しょうがない、ああいうものは突然の雨みたいに現象だと思って
やりすごさないと。。。ってわたしにもついてんじゃん!!!
ぶっ殺してやる!!!

そのあとは奇声を発したり、すごい勢いで手をふって歩く、ものすごく
大声でしゃべるなどの奇行で周囲を威嚇しつつ、帰宅。

バルセロナについてからというものいいことがなく、ここしばらく、
日々の暮らしや人間や自分の未熟さについてなど、あれこれ考えることが多い。
むしろ日本にいるときより考えることが多い。

しかもあれこれ考えてるのに、明日どうやってフランス入ろうか、
まだなにも決めていない。困ったもんだ。。。

バルセロナはあんまり合わないところだが、もう二度と来ることはないと
思われるので、気持っち悪いサグラダファミリアくらいは、中に
はいってみようと思います。

しかし洗濯物が乾くのが早くて助かります。
あと食べる時にぐちゃぐちゃ音をたてる人がいないことが
むしろ最大のメリットです。
嫌なもの遮断機能搭載のちびろっくも、この音だけは全然許せません。

では、次回はおそらくアンドラかフランスよりお届けします。

世界一周その2はこちら。
もうコテコテの西洋の風景はわたしもあきあきですが、
お暇な方はどうぞ。

世界一周その2


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】スペイン | comments(5) |
■微妙な世界一周旅行記その3〜欧州編 &iexcl;ついに!
今日うんこ(粘質系)を踏みました。

スペインもポルトガルも犬を飼ってる人がめっちゃ多いのだけど、
まだまだうんこ持ち帰り習慣があんまなくて、よく落ちてるから
いつかやるかなーと思ってたら、ご名答!やっぱり踏んだ。

というわけで、前回のつづきですが、回復のきざしを見せたわたしは、
一路スペインへ。

スペイン。

なんだかこれまたあまり知識がないのだが、天気はよさそうな
イメージ。
リスボンからセビーリャまで、くそ狭い夜行バスで向かい、
セビーリャから乗り換えで、一路グラナダへ。

まだ夜も明けぬ早朝5時に、しーーんとしたセビーリャの街に
ほっぽりだされた我々は、ちょっと考えたのち、グラナダ行きの
バスターミナルへ向かって歩き始めたが、あまりにも物騒なので
根負けしてタクシーを拾う…。

いつ開くともわからないバスチケットのカウンターを横目に
ようやく開いたうらびれたカフェで、コーヒーを買って
とどまんの待つ席に戻ると、見知らぬおっさんが隣に同席…。

手には聖書のようなものを持ち、我々には見えない誰かに
たまに話しかけ、何も注文しないままおっさんは消えた。
我々のことはまったく見えていなかったようなので、
パラレルワールドに生きる人間だったか。

それと同時にぼろぼろのネルシャツを纏ったナチュラルグランジな
おっさんが、亡霊のようなツラをしてカフェ内を徘徊し始める。
変な国だ…。



というわけでスペイン滞在がはじまったわけで、イスラム建築の
なんかすごい遺跡、アルハンブラ宮殿を見にいきました。
入場制限がきびしいところなので、いけるか不安だったのだけど
当日朝から並んで、入れた。体力いる世界遺産だった。

あとの暇な時間は、寝たり、スーパーいったり、インドカレー
中華料理を食べながらすごしています。

って!
結構いつもと同じじゃん!

そう、実はなんか欧州に飽きてきた気がします。
物価も高いし、パリ→バーレーン→バンコク行きの飛行機を、
少し早めようと本気で思ったくらい、飽きてきた気がします。

いや!気のせいだ。
わたしにはやっぱり東南アジアが一番という気がするのは
気のせいだ。

残り2週間近くあるので、せいぜい楽しんどきます。
今日の夜行で首絞め強盗で有名なバルセロナへ。
そののち、パスポートのスタンプ増やす目的でアンドラ公国?とか
いう小国に寄りつつ、パリに向かう予定です。

パリでは漫画喫茶と、悟空とかみたいなアニメの髪型にできるという
整髪剤を捜し求めてみます。
フランスは案外オタクが多いというからね。

ま、でも、グラナダもすごしやすくてよい所でした。
ポルトガルのあの要塞にも行きたいし、またいずれ来るだろうと
思います。

では、次はいつになるかわからないけど、またね、みなさん。

(携帯でウェブちょっといじくってたら、15000円の請求となりました。
海外での使用は、気をつけましょう)
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】スペイン | comments(6) |