Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



【旅日記】Sonisphere Festival ってどうよ 〜人間ってやっぱり動物なんだ編〜 
もう8月も終わりですね。

東京もついに亜熱帯性気候グループの仲間入りをしたわけですが、
ここ台南もいつもどおり普通に暑いので、夕方まで個人的な
外出禁止令発令する日々です。

チェコ旅から早2ヶ月、毎日飲み歩いて早3キロ太ったのち、
台湾に発って早1週間ちょい。

てことでそうとう今更ですけど、ガタイがよくなったちびろっくが、
メタル四天王のご光臨の様子を披露したいと思います。
あんまり覚えてないから、写真でどぞ。


16時からAnthraxがはじまり、そこから立て続けに
残りの三天王がつづく。夜中の1時まで。

つことで16時まで飲んだり話しかけたりブラブラタモリしながら
過ごしたって訳。
しかしキッタネーなこの会場。



みんなどこで見てるんだろ?ま、いっか。
16時前になったのでGolden Circleへ。
ごーるでんさーくるとは、それ専用のチケか、VIPチケ持ってる人のみ
入ることを許される、最前列のモッシュピットさ!
もう死ぬ覚悟で最前列に行く勢いさ!


最前列を陣取る選ばれし者たち


男性が手招きし、「ここに来なさい」と、ケーブルが通ってて
モッコリしてるところに立たせてくれた。
あまりにも背が低くて不憫に見えたのだろう。
ありがとうありがとう。


第一天王降臨に沸き返る観衆



撮影自由


おかげでこんな感じで、スコット・慰安もジョーイ・ベラドナもよくみえた。
スコット・慰安の老化進行が気になって、あんまり歌きいてなかったけど
ポッチャリと一緒に踊ったり、ほのぼのして楽しいライブだった。

あれ?
激しいモッシュピットは?



次、メガデスまでしばらくブラタモリ。しかし皆いないなあ。

そもそも何がすごいって、メタリカを追放されたデイヴ・ムステインが
メガデスを立ち上げ、これまでずっとメタリカとなんかもやもやしてたのに
今回はじめて同じステージに上がるってんだから、そりゃー
世界中の黒い人たちは、ワクワクしないわけがないのである。

そんなムステイン氏は


この黒光りするメタルヘッズを前にして、まさかのいつもどおりの白ワイシャツ!!


Skin O' My Teethかね。好きなのは。あのイントロ。
てかそんなに知らないんだよねメガデス。
しかしいつまでたっても美形は美形だね。




それにつけても、メタル的アートワークって超だせーのに
どうしてこう胸がドキドキするんだろう。


あれ?
猛々しい男たちの渦は?



で、ひとりでボゲーとしてたら、突然男がかがみこむやいなや
まったくの無言無表情で真正面から
撮影してきやがった。


チェコの田舎町のメタルフェスにいるアジア女は、
確かに見渡す限りあたしだけだったので、
そりゃ珍獣扱いもいいところだな。

珍獣か。





さてお次はスレイヤーおとうさんの登場。
むしろ一番楽しみだ。
だってヨーロッパ人がどんな無茶おっぱじめるか、
それが一番気になるところだもの!
そんなの怖がらずにまたも前へ前へ!

同じメタルとはいえ気性が全く違うので、前へ前へ行く連中も
メガデスとはガラリ変わる。




わっまた2曲目でいちばん好きなJihadやっちゃった!
その後結構手持ち無沙汰!

長身の漢(おとこ)たちの中に紛れ込んだものだから
あんまり見えないよ!と背伸びをしていたら、後ろから突然
ガッツリと持ち上げられた。
いい眺め!!スレイヤーおとうさんよりも、海苔のように
真っ黒なメタルヘッズの集合体に心奪われる。

ありがとう、めがねのおにいさん。
本当に親切だなあ皆。

あれ?
メタルヘッズが死に物狂いでぶつかり合うウォール・オブ・デスは?



さあ最後は、メタルとかメタルじゃないとかそういう次元を超えた
存在、メタリカのお出ましさ。
命令口調の空耳ネタが多いのはなぜなんだろう?



ラスト天王光臨。


しかしテンション上がらず。
なぜって?寒いんだよ!!

冬用のジャケット着こんだにもかかわらずまだまだ寒いので、
目の前で、女2人組をナンパして片方といちゃこきながらもう片方へも
中途半端な気遣いを忘れない男の行動ばかりが目についてしょうがない。

せっかくのメタリカ、こんなではいかん、と、テンション上げるため
まずは体温を上げることにした。

そうだ、カフェラテ飲もう!

もう一度思い込んだらカフェラテのことしか考えられない。
メタリカの名曲の数々を右から左へ流しながら、カフェラテの
ありそうな屋台を探す探す。



インドの列車のごとく



ご当地グルメ


ようやく、真逆のはじっこの閑散としたエリアに、カフェみつけたので
猛突進。あったかいのと達成感で大満足したので、結構どうでもよくなり
のんびりとVIPエリアに戻ることにした。





Enter Sandmanで合唱したら、なんか終わっちゃった!


あれ?
そういえば一度もモッシュしてないよ?
てかモッシュピットなかったよ?


チェコのメタルヘッズは、守るべきものがある、
大人が多かったんだな。


世界生中継までされた、今世紀最大のメタルフェスの終演を、
こんな気持ちで迎えていいのかと自分を責めたが、所詮人間も
動物なんだと変なところで納得させてみた。

寒さ暑さはやる気を失わせる!


寒さ暑さはやる気を失わせる!


(2回言っとく)

つことで、まだ外に出られない、台南の昼下がり。

今日こそクイックルワイパー買いにいかないと!絶対!!
 
JUGEMテーマ:旅行

 
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】チェコ | comments(3) |
【旅日記】 Sonisphere Festival ってどうよ 〜愉快なメタル仲間たち編〜
結局のところなぜに突然チェコか。

ミステリアスに言うと→奇跡の瞬間の目撃者となるべく。
超くだいて言うと→あいつら(*1)仲直りしたって言うから。
わかりやすく言うと→Sonisphere Festivalでメタル四天王(*2)をみるため。

(*1)メタリカvsメガデス
(*2)メタリカ/スレイヤー/メガデス/アンスラックス

つことでプラハから電車でミロなんとかつう村へ向かうよ。




格式あるプラハの駅も、今日は異様な空気につつまれているよ!




車内も真っ黒だよ!




純朴そうな地元の人が怯えているよ!


駅から徒歩15分で会場到着とのことだが、なんの案内も糞もないので
チェコヘッドバンガーたちの向かう方へついていく。
西洋絵画みたいに広がる畑の中を、でかい荷物抱えてヒーコラ言いながら
歩くこと30分。

いきなり行列が、けもの道へと折れる。




↑弟いわく、Slipknotのジャケみたいと。
鋭いね。

あぜ道の向こうに、牧歌的な風景に不自然に浮かび上がる、真っ黒なステージが
見えてきた。つ い た。




キャンプサイトという名の荒れた野原にテント設置し、いざ入場!




つか汚ねえ。


さて我々今回、VIPつまりベリー・インポータント・パーソン
チケットを奮発したので以下の恩恵にあずかった。

・軽食
・ビール3杯
・ソフトドリンク無制限
・専用の屋根つきテーブル
・高みから庶民を見渡せる観覧席
・専用トイレ
・テントサイトに近い出入り口
・ステージ最前列エリアへ入れる権


至れり尽くせりの待遇にうっとり。
ま、その分代金3倍ですけど。



フリー軽食は、焼き鳥をはじめあっちゅーまに食い尽くされましたが、
消化の悪そうなパンをいくつか食べたおかげで、1日飯を食う必要もなかったよ。


さて本日も一人でフラフラソロ活動。
夕方のアンスラックスまで暇なので、とりあえずチェコビールをかっくらい
今日この記念すべき日に集った、ヘッドバンガーの同志たちの写真を
撮らせてもらうことにした。




バンジージャンプ前で、超無責任に、あんたもやんなよと話しかけてきた、
カリスマ性のないジェームス・ヘッドフィールドみたいな人。




「日本から来たの?スーパーウーマンだわ!」とびびられた。
スーパーとか言われることは金輪際ないであろうから、
心に留めておく。




チェコの嗜好品事情についていろいろ教えてくれたロバート。
日本は厳しいねえなんつってね。
途中ではぐれて生き別れになって残念。




メタルカスタマイズド・チョッキに魂を感じる。
右下のやつ、これなんのサイン?ときいてみたが、あまりに知らなくて
どうでもいい反応してごめん。

その他の愉快な仲間たちはこちらで待機中。
ビール等をもらったり、丸い人にチュッチュされたり、日本語で広島を語られたり、
いい人ばかりで待ち時間も退屈しなかったです。
お世話になりました、チェコのメタルフリークス。


肝心の四天王については次回。

他のチェコ写真こちら↓


www.flickr.com



 



 
chibirock's Czech 10 photoset chibirock's Czech 10 photoset



 
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】チェコ | comments(2) |
【旅日記】チェコ行ってきました Vol.2 〜ぐだぐだプラハひとり歩き〜
この1週間、友達の間で青天の霹靂な事件が相次ぎまくって、
報告を受けたこっちはFOX見っぱなしみたいになってる。

生きてくって、大変。


ま、それは飲みの席でゆっくり聞くとして、プラハ2日目の話をするよ。


IMG_5993.JPG

いやに早起きなちびろっくは、ひとり朝の徘徊へ。
通学路でタバコを吸う不良を激写などしていたら
まさかの大雨、傘はない。

そこから宿までたいした距離はなかったが、チェコ人の運転の荒さに
恐れおののき、でかい道路が渡れず大きく迂回してさらにびしょ濡れ。
宿ついた途端に雨、ストップ。
今までのフジロックの雨とかは、あたしのせいだったのかもしれない。


一旦連れと合流するも、勝手な行動が目立つちびろっくは、勝手に
今日1日ソロ行動しようと決定。


Breakfast at a bakery

近所のパン屋で炭水化物摂取後、3人はプラハの街へ散り散りに。

寒い。

しかし上着は先ほどの大雨にてビッチョリだから着るもんない。

ということで、まずはまさかのお洋服ショッピングに出かけることにした。
目指すはプラハのシャンゼリゼ(と言われててそうな)、
ヴァーなんとか大通りへ。


IMG_6011.JPG

メトロを降りてガヤガヤしてるほうに向かって歩くとまんまと到着、
ヴァーなんとか大通り。

時々見かけるチェコのヤング服屋は、ショーウィンドウの時点で
ガッカリだったので、無難なH&Mへ。
相変わらず薄っぺらーいカーディガン買って、待ち合わせ時間まで
ぶらぶらする。もう買うもん買ったから地元ヤング服屋に入ってみる。

足元になにかが潜んでいる気配。

IMG_1230.JPG

ここは夏休み夜中のコンビニじゃねえよ!


IMG_1231.JPG

お控えなすってんじゃねえよ!

マネキンの仕事ぶりでわかるとおり、予想通りガッカリのオンパレードな店を
後にして、近くのカフェに。
するとすると、カフェラテが300円近くもするとか言っちゃってるので
そそくさと退散。


IMG_6013.JPG

近くの別のカフェに落ち着き、Wifiつながったのでついったー見る。
すると先ほど退散したカフェで別行動中の連れがつぶやいている。

金持ってんなー。

合流して昼飯を食った後は、音楽性の不一致により再度解散。
ちびろっくはプラハの南の果てにある墓地へと徒歩で向かう。
30分もあれば着くはず。

川沿いを歩いていると、人の足が突き出ているのを発見。


Feets on the water

ジョークのつもりでやってるんだろうが、
中途半端に薄汚いから不気味でしょうがない。
さすが屈折アニメの国。

で、何が楽しくて墓地かというと、尊敬に値する毒舌文豪、
カレル・チャペックの墓参り。




うっすらブツクサ言ってますが、
そこかしこカレルさんだらけだから諦めようとか、後ろ向きな
ことばかり言っているので、BGMでかき消しました。

カレルさんの墓だらけの中から、30分近くかかってようやく見つけ出した墓は、
案外普通だったので、それよりも二度見に値した墓をご紹介。

IMG_1240.JPG


いかにも薄幸で若死にしそうな姿…。
今まさに召されていく状況がよく表現できていますね。
でもなんか、やろうと思えば引き止められそうな気もする。


何が大変だったかって、この墓、公園みたいなのの中にあって、
逆側のメトロの駅までたどり着くのに1時間くらい歩いたってことだよ!
せっかくメトロで座れたから、この際果てまで行っちまおうと
思い立ったので、終点近くのなにもなそうな駅で降りてみたよ!


IMG_6096.JPG

目を引くものといえば、ベンチにたまる、乞食まであと一歩な
暇そうな親父の集団くらいジャマイカ!

仕方ないので、スーパーへ行き、あ、そうだわ黒胡椒買わないと、と、
リアルにうちの台所在庫状況を思い出しつつ買い物。
地元っ子気取りを楽しむ。


IMG_6099.JPG

絶対エロそうな店にまっとうそうな人間の行列が!

のぞいてみたら、ただの肉屋だった。
紛らわしいから蛍光色の文字やめれ!!
歌舞伎町にあっても目立つぞ!


IMG_6102.JPG

さ、帰ろ。
あえて、プラハを縦横無尽に走っている、観光客には敷居の高すぎる
路面電車にて、市街へ戻り、解散したメンバーとの待ち合わせ場所付近を
徘徊してみる。


IMG_1244.JPG

タワー・オブ・カギのたもとで一休み。


IMG_1250.JPG

とあるカフェにて連れと落ちあっていると、チェ・ゲバラ似のユダヤ人が、
とんでもなく酔っ払って話しかけてきた。

「サクラバ・カズトシは超カシコイ!!」
「ブラジルより日本の柔術ヤバい!!」
「スズキサイコー!俺のバイクスズキ!!」

と、一通りまくしたててから、ジャケットもタバコもメットも
テーブルの上に置いた状態で、
スズキのバイクにまたがり去ってった。

その後、30分ほど待ってみたが、取りに来る
様子はなかったので店を出た。

一応調べたが、ユダヤ教は酒は禁じていなかった。


そして今日も今日とて、コッテリ肉食ディナー。


IMG_6147.JPG

なんか1日いろいろあったけど、肉って、おいしいんだ。


JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】チェコ | comments(2) |
【旅日記】チェコ行ってきました Vol.1 〜アフリカじゃなくてヨーロッパです〜
「お、チェコのチョコ?」

土産のMilkywayの包み紙を開けながら、嬉しそうに言うのは
わが社きっての甘党、社長。
ダジャレはもはや、ゴルフや麻雀のように趣味の域であると
思っているので、あたたかく流す。

だだっ広い畑の中を、重い荷物かついで延々と歩いたのが
妄想だったかと錯覚するほど、自然にいつもの生活になじむ。
いつもいつも不思議。

東京はもう夏です。
暑さより湿気でぶっ倒れそう。


チューことで帰国しました。

なぜにチェコか。
それは次回以降自慢しますので、今回はプラハネタ:1日目でお楽しみください。

チェコって何?プラハって何?

知りません。

子供が間違いなく屈折しそうなアニメをつくってる国であることしか
知りません。

とりあえずいつもどおり安宿へチェッキンして、コンビニへビールや水を
買いに行ってまずびっくり。

のん兵衛の皆、ビール1缶がビックリマンより安いよ!!

IMG_1187.JPG

嬉々として3種類買い、宿のマッタリスペースでネットしつつワールドカップ見ながら
愉快に飲む。って初日から家みたいなことしてるんですが!!

いやいやちゃんと出かけましたよ。翌日。

プラハは2日しかないのに、行きたいところもやりたいこともないので
時間つぶしのためあえて乗り物には乗らず。

バーサクかかったようにひたすら徒歩で

IMG_5843.JPG

こんなエロいビルを見に行ったり


IMG_5877.JPG

モノレール乗ってみたらなんか意外とバラ園みたいなとこにほっぽり出されて
とりあえずアイス(Wall's)買ってみたら芋虫みたいでテンション下げてみたり


IMG_5899.JPG

世界ふれあい街歩きのパターンで、高いところから見下ろしてみたり。


とかね。

そして何回旅でても甘つぁんなちびろっく、ヨーロッパなのに軽くぼられました
なので腹いせに、プレッツェル1つパクってきました。


IMG_6153.JPG

プレッツェル片手に振り回しながら、酔っ払って饒舌に文句を言う
その姿は、街自体世界遺産のこの場所では大変奇異なもので
あったんでしょうよ。

さ、それこそ世界遺産のカレル橋(浦澤直樹のMonsterで有名なアレ)まで
歩いていくと、そんなムカムカをふっ飛ばす3人組に出会いました。


IMG_5936.JPG

正気の沙汰でない。

恐らく、のっぴきならない状況を物語っているのだろうと推測されますが、
この絶望的な表情はあらびき団の一員にしか見えません。

腹がよじれて困っていると、欧米系の男性が一人ニヤつきながら芸人を
写真におさめた。

「これ笑えるよね?」

と聞くと、

「それはどうかな」

と、常識人間ぶってうまく逃げやがったが、あらびき団のセンスが国境を越えたのは確かです。

情緒もへったくれもない人ごみをかきわけ進むと、


IMG_5944.JPG

バッチリピヨってる。

スト2戦士なら、この状態で何をしたらいいか知ってるね?
地獄車かな?サマーソルトかな?

世界的に有名な美しい世界遺産も、見る側の知識と繊細な感性が無いと
こういうレポになりますが、実際はこんなに真面目で美しい橋です。
誤解のないよう。


IMG_6120.JPG

プラハは気力次第で端から端まで歩けるということをここに証明しました。

この日の夕食。
ビール、やすい。

IMG_5977.JPG


次回は、完全ソロ行動の2日目レポです。ご期待乞わず。
JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】チェコ | comments(3) |
プラハよりお届けしております。
プラハ。
おしゃれな響き、プラハ。

来てみると想像以上に垢抜けておらず、おしゃれの
「お」の字も見当たらない。
しかもやることがない。
観光客いっぱいいるけど皆なにしに来るのプラハって。

暇さえあれば、今最高におしゃれなTwitterでつぶやいて
いるのだけど、「何もすることがない」とつぶやいたら、
日本の皆様から本日のプランの提案をいただくという始末。
便利な世の中になったもんです。

いくつかいただいたご提案のなかから、

「プラハでは墓参りが熱い」

というネタを採択し、今日ソロで墓いってきました。

チェコ史上最悪の毒舌家、カレル・チャペックの墓があるとかいう
プラハの南の果ての墓場。
行きゃわかんだろと思ったが最後、そこかしこ「カレル」だらけで
気のせいか体感温度が2、3度低い気がする墓場を1時間くらい
徘徊するはめに。

そうか、こういう時のために、下調べってするもんなんだな。

その後、地下鉄に乗り込み、何もなさそうなプラハ
北の果ての駅で降りてみて、ものすごくマズそうなインスタントラーメンを
買って市内へゴーバック。

2日連続、狂ったように歩き回ったら、もう二度と来ることはないであろう
プラハのおおよその位置関係を覚えた。
ドラクエで地図の見方を学んでおいてよかったよね!

今は、宿の1階で、イングランド戦を見ながらこうして駄文を
書いているわけですが。

いったい何しにきたのかというと、ま、メタルのライブみにきただけです。

スラッシュ四天王が勢ぞろい。
今後もう二度と見れないかもしれないこの面子。
プレッツェルでも食いながら、首がもげるほどヘドバンしてきます。
32歳。

ではごきげんよう。

JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】チェコ | comments(4) |