Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



■微妙な世界一周旅行記その1〜アメリカ編 死体を見た日
早くも2日間風邪で寝込んでたちびろっくです。

旅行はじめて約2週間、ここグラナダにてようやく、
日本語入力できる場所を見つけました。
では、もう二度と行きたくないアメリカのお話からちょろっと。

*******************************************************

青い空!
広い道路!
殺伐としたLA!
そこらじゅう巨漢!
バケツみたいなアイスクリーム!
飯がなに食ってもまずいし多すぎ!と、しょっぱなから
期待通りなユナイテッドステイツ。

コーチェラフェスティバルへと向かったわれわれは、うっかり
フリーウェイを降りる場所を間違い、絶対にすごく危険な
低所得者住宅街に入り込むなど、しょっぱなから恐ろしい
思いをしました。

そして着いたら着いたでチケット引き換えに、おそらく
体感温度40度くらいの中、4時間半炎天下で待たされました。
前に並んでた毛深いスペイン系かわいこちゃんはぶっ倒れました。

■1日目

空のペットボトル10個集めるとミネラルウォーターがもらえるので
集めてたけど、あまりに暑いので昼寝ばっかしてライブも見ないで
いたら、トリのビョークのときに、目の前で人が死にました。
なんかビョークって何回見てもよくわからないし、死んだ人の
親のこととか考えてたら凹んできたので、その日は早く寝ました。

■2日目

とにかく空のペットボトルを集めまくってたら、知らない人が
よかれと思ってどんどんうちらのところに空のペットボトルを
持ってくるようになって、なんかゴミ箱みたいな気分になりましたが、
水代がういて得をしました。

レインボーカラーのトンネルをくぐってみたら、中心部では大勢が
ぎゅうぎゅうになってカンナビスパーティーが開催されていました。
というか、そんなところで吸わなくたって、この会場そこらじゅう
ハッパくさいんです。

レッチリを普通に見て、キャンプサイトで朝方まで奇声を発する
欧米人たちに感心しつつ、耳栓をぎゅっとつめて早く寝ました。

■3日目

今日は朝からただならぬ雰囲気が漂っていました。
今日はみんながずっと待ち望んでいた、あの人たちの復活祭です。

!レ イ ジ ア ゲ イ ン ス ト ザ マ シ ー ン!

普段バンドTシャツなんか着ないアメリカ人(ヒスパニック系)が、
こぞって着ているのは『The Battle of Coachella』と書かれたやつ。
みんな普通の顔して歩いているけど、夜になるのが待ちきれない
ようで、ロドリゴイガブリエラが一瞬Bombtrackのリフを弾いただけで
どっと盛り上がる始末です。

今日はとにかく見たいバンドが多くて忙しかったのですが、
もちろん空のペットボトルも忘れずに集めまくっていたら、結局
3日間のうち一度も水を買わずにすみました。

夜。

どんどんメインステージに人が集まってきて、われわれも
屈強なヒスパニックに囲まれました。
でも、レイジが見られるなら圧死してもいい覚悟できています。
とにかく待ちました。

そして運命の瞬間。



Testifyのイントロが始まったとたんにやはりわたしは弾き飛ばされ、
危険を感じましたが弾き飛ばしたのはほかならぬ、相方トドマンでした。
「危ないから近くにいなさい」と言われてそのとおりにしたら、
思いっきり突き飛ばされたかわいそうなわたしを知らない人が
支えてくれて、なんとか助かりました。

アメリカの人はモッシュピットが近くに迫っても投げ散らしてくれたり、
とてもまわりに気を使ってくれるので、安全にはっちゃけられました。

ザックは少し太ったみたいだったけど、昔となんら変わらないショウを
お披露目してくれて、レイジはなくなってなんかないということを
完全に証明してくれました。
トムモレロのギターも変態でした。

このフェス会場でも、他のアーティストも、反戦、反ブッシュについて
あれこれ述べて、そういう空気が最高潮に盛り上がっていたけど、
レイジのショウは、意外にもそういうことは抜きで、とにかくみんな
復活してくれたことが嬉しくてしょうがないという感じで、みんな
ぐちゃぐちゃになりながらも、とてもハッピーな空気が流れていました。

それでいいと思いました。

終わった後、後ろを振り返ると広大な会場の端っこまで人で
埋まっていました。
レイジのライブのときは毎回出動する、警察のヘリに向かって
みんな中指をおっ立てました。
でもみんな幸せそうでした。

もう二度とアメリカなんか行きたくないけど、本当に行ってよかった。
死人見たけど、本当に行ってよかった。
入国のときに無職なんて言えないから職業偽って申告しなきゃ
いけないけど、心から行ってよかった。

つか、ずっと待ってたんだよマジで!!!!!

わたしがこれから無事に日本に帰れなくても、もう悔いはないので、
あんまり気にしないでください。

そしてなぜか最後の最後で間違って男子用シャワーにうっかり
入ってしまい、誰かに見られた時のための言い訳をすごい考えながらも
なんとかダッシュで逃げきって、わたしのコーチェラ3daysは終了です。

では、シエスタタイムも終わりのようなので、今日はもう行きます。

みなさん、ほんとうに酒の飲みすぎには気をつけてね。
多分あの彼女は、急性アルコール中毒で死んだっぽいです。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】アメリカ | comments(8) |