Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



【旅日記】サラッとぶらり途中下車《ドーハ・カタール編》
ネタだらけだったのに、披露しきれないまま忘れられたタイの旅から早1年。
今回選んだ旅先は、イスラエル&ヨルダン。
まだやる気があるうちに、とっとと旅行記をあげていきたいと思います。
(ちなみに本日は、ウイルス性胃腸炎のため欠勤中)

なぜそこか?とよく問われるが、理由は簡単。

テルアビブでビルが見たかったから。

テルアビブは、バウハウスで学んだユダヤ人生徒が合理主義的な建物を沢山おつくりあそばした街。バウハウス系の建物がひしめく街なんてどんな天国なんだと憧れていたが、そろそろ行く時ではないかと。

で、テルアビブにはネパールで出会ったヨナタンがいるし、久々に会いに行こう。
お、アンマン経由の航空券が安いぞ。
じゃ、ペトラもついでにまわろう。

そういう流れです。

中東はトランジットでバーレーンの空港に降りたことしかないので、実質未踏の地。
三大宗教の聖地に行くってんで、宗教についてざっくりと、あとモヤモヤしていたパレスチナ問題についてもあっさりした知識をぶっこみ、いざゆかん。
20Lリュックに一眼、メレルで出勤するちびろっくにお咎めのない、ありがたい職場で普通に1日勤務して、そのまま成田へ。


第一の難関は、ドーハでのトランジット8時間。
ハブ空港のわりには世界一つまらない街と言われるドーハ、そんなに時間あるならばぜひ入国してスタンプもらって、どんなにつまんないかを見てみようじゃまいか!


「ずいぶんと身軽ですね…」と、笑いながら手続きをしてくれたチェックインカウンターの人に、入国は可能か伺うが、

「この航空券では、入国はできません」

との残念な回答。

「そうですか、わかりました」と簡単に引き下がるふりをするが、8時間、空港で悶々とするつもりなど毛頭ない。
なんとなく突破してみよう。

シャンパンとビールを飲みながら、コメディ映画を3本ぶっ通しで観ていたらドーハの空港に到着。ゲートまでのバスに乗り込むと、ショートコント2本分くらいの時間をかけて、まずアライバルゲートに着く。広大すぎる。

トランジットの客はここでは降りないでという車内アナウンスは聞かなかったことにし、そこで降りてイミグレへ。
降りる客は1割程度。ドーハ人気無し。

チャドルを着た女性係員は、目しか露出してないわけだが、とびきり美人そうである。なぜ人間、見えないとこうも心ざわつくのであろうか。

「どこに泊まるの?」

「乗り継ぎだから泊まりません」

「あ、そう」

難なくクリア!!

100カタールリヤル(2,700円くらい)をカードで支払い、面白みのないスタンプをもらい、晴れてカタールへ入国!
おお、ビジネスマンが全員石油王!




初カタール、初中東!というテンションをまったくあげてくれない、質素な建物を出る。
まだ薄暗いし距離感わからんし荷物全部持ってるし、それほど高くないと聞いていたので、メータータクシーの乗り場へ。

先頭の運転手に聞く。
「コーニッシュ(海沿いの遊歩道)の一番近いところまでいくらくらい?」
「うーん、メーターだと最低25リヤルかかっちゃうから、歩いて行った方がいいよ

あ、そ、そう……?
これまでそんな誠実な理由で乗車拒否されたのは、ミャンマーくらいだ。この国は大丈夫だ。では心おきなく歩こう。

そうしてドーハ散歩が始まる。




住宅を見に路地へ




大通りを越えて




工事現場の写真を撮っていると、「気を付けなね!」と声をかけられる。
親切。



海沿いを歩く。
ビール飲みたい。
が、カタールでは公の場では飲めない、というかライセンス持ってるちょこっとの店でしか売ってない。
つまり不可能。




終わりどころがわからないので、スーク・ワキーフという観光客向けの市場まできた。
店などどこもやってないので、鳩に餌やる爺さんを眺める。




トイレ借りがてらカフェラテとか飲む。
いかにもアラビーでリッチな感じの人がいるが、この作り物のスークの中にいると浮かれた観光客の仮装のようにも見える。




そろそろ空港へ向かう。
途中、あの悲劇の現場を通りかかった。
普段は暇そうなおじさんたちが公園気分でくっちゃべる所らしい。




果物屋さんに入った。
柿!
これ、なんて呼んでるの?と聞くと「カカ」だという。惜しすぎる。
日本じゃ「カキ」だよと伝えて、結局リンゴ2つ買って出る。

途中の公園で休みながらリンゴを食う。

空港のアライバルターミナルに着く。
4時間、ほぼ歩きっぱなしだったみたい。

デパーチャーはどこ?と通りすがりの係員に聞くと、そこからシャトルバスが出るよ、と教えてくれる。
日本からかー。日本はいい国だよね。と、よくあるおおざっぱなお褒めの言葉をいただく。おおざっぱだけど、きっと中国人にはそんなこと言わないだろうと思うと、ありがたく聞いておこうと思う。




次のバスは30分後。通常なら歩いて行こうと思うが、きっと想像を絶するほど遠いんだろうからやめておとなしく待つ。

来たバスに乗り込む。と、空港の敷地内を出て、今度はショートコント3本分くらいの時間、ぐるりと1週する。どういった作り方をされてるんですかこの空港は?

と、こんな感じで、初めてのドーハ滞在が終わったわけですが。

噂通りのつまらなさでございました!

今回は時間が悪かったというのもありますがため、いずれ万が一気が向いたら、観光に適正な時間に、美術館やら開店している時のスーク(開店してても微妙そうだが)など、改めて散策したいと思います!でも、空港でネットやってる方がいいかもね!!


JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】カタール | comments(0) |