Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【VOW!】もやもや観光地、那須どうぶつ王国の内部に潜入 前編 | main | プラハよりお届けしております。 >>
【VOW!】もやもや観光地、ナスどうぶつ王国の内部に潜入 後編
《前回までのあらすじ》
前編こちら
ちびろっくは友人と訪れた那須高原にて、ひょんなことから
「那須どうぶつ王国」へ入国することになった。
そこには訪れる者の生気を奪い取る、ただならぬ負のエネルギーが
渦巻いていた。はたしてちびろっく一行の運命やいかに!


目眩を覚えながら、「有料フォトスタジオ」の外に出ると、わんちゃんコーナーでも
壮絶な光景が。

ぐったり1


犬種を越えて全犬がぐったりというか身動きしない。
死んでいるのかもしれない。

あのね、そろそろ言っておきますけど、今日の気温は20度弱
我々人間にも、おそらくおおかたの動物にも、ダメージを与える
気温ではないと思うんだ。


ぐったり3

だからこういうのは暑さのせいじゃないと思うんだ。


ぐったり2

だから何かかがされたりとか、何か食わされたりとか、しまいにはカッコーの巣の上でよろしく、ロボトミーとか、なんか、その、言いたくはないがそういうことしか考えられないんだ。


この王国を牛耳るとてつもなく巨大な影を想像して足取りが重くなるが、
ここまでくると意地だ。まだ進む。

さてここでは、犬飼いたいけど飼えない人の弱みにつけこんで、1時間800円という
高額な料金で、犬・レンタルサービスを提供しているらしい。

園内を飼い主気分でつれて回れるようだが、そんなレンタル犬についての
注意書きを発見。


レンタル

「勢い良く吠えるレンタル犬がいます」

この部分に感じる無責任なにおい。

「吠えないようにしつけてはないけど、ちゃんと吠えること事前に伝えたからね。
あらかじめそこんとこ知っといてね。」

そんなふうに読み取った我々が、屈折しているのか、それとも書いた側か。
もうどちらでもいい。


どっと疲れが出たところで、鳥の館発見。
入り口には立派なフクロウが鎮座している。

ふくろう


こっちはせっかく気にもしていなかったのに、傍らに、「鳥に鎖をつけている理由」
書かれており、環境に慣れさせるためなので〜云々とあるが、
これまでのこの王国に与えられた不信感により、
何を言われてももう我々の耳にも目にも入らない。


アヒルや南の鳥などで適当に構成されているこの鳥の館の真ん中に、
「鳥におみくじを取ってこさせる」という
全然財布の紐がゆるまないサービス

看板を発見。 もちろん係員ご不在。
「これやりたーい!」と、わざわざ係員を呼びにいく客が現れるとは
到底思えず、このまま消え行くのが目に見えておりうら寂しい。


疲れも限界に達したところで、イベント会場へ入ってみる。
ドッグレースが行われている様子。
するとすると、これまでの寂れたテンションとうってかわって、
怒号にも聞こえるほどの大歓声。

この渦巻くエネルギーに息苦しさを感じたちびろっくは、ただちに
きびすをかえして一人外へ。

外でこれまでの惨状を、こっそりと王国外の人々へ報告していると、
友人たちが戻ってきた。

「客と主催側の一体感が尋常じゃなく恐怖を感じた」



友人撮影。
「犬に馬乗り。赤トレーナーにJEANSにウエスタン。ん〜アメリカ〜ん。」
ここで冒頭のカントリーソングの理由が明らかに。


すっかり動く気もなくなったちびろっくをおいて、友人たちは水族館へ。
数分で戻り、一言

「見なきゃよかった」

何を見たのか聞く気も起きなかった。


しかし何が一番怖いかというと、この王国内になりひびく不協和音を
我々以外感じていないようで、周囲の客たちはいたって楽しそうに
過ごしていることだ。

「おとうさん、犬がいるよ!」
「ははは、はしゃぎすぎて転ぶんじゃないぞ!」


↑イメージ


なんだここなんかやばくね?

頭をよぎるのは、

観光ツアー客が通るときだけ、健全な生活を装う北の国、

映画を撮影するために一人の男の人生を作り上げた
ジムキャリーのあの映画、

はたまた世界各地にはびこるカルトしゅ…
(以下自粛


これは我々を取り込もうとする作戦なのだろうか。

だめだこのままだとマジでダークサイドに堕ちる!

残りの館は全部ブッチして、足早に王国を脱出。
4人全員が揃っていることを確認し、例の「ナス」の文字を横目に
気持ち足早に退散した。

無事に脱出したはいいが、実のところこの日からちびろっくの
身体からは、倦怠感が抜けない。
寝ても寝ても倦怠感が抜けない
むしろ倦怠しすぎて眠れない。

こうなってくるとこの王国で、なにかもやもやしたものを吸収して
しまったとしか思えない。
どなたか聖水とかエリクサーとか万能薬みたいのをください。

このブログや、わたしのツイートをみて、むしろ行ってみたいと思ったあなた。
こっちの世界に返ってこれなくなっても責任はとりませんのでご了承ください。

評価:
コメント:痛いし辛いが美しい。 実はバックトゥザフューチャーのドクが出てるって知ってた?

評価:
コメント:残酷だがよくできてるよ。自分だったらラスト自殺。

↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】日本 | comments(2) |
ふたん (2010/05/15 2:14 AM)
「レンタル犬」てのが物悲しい。

わんちゃんコーナーの写真を見たら、手塚治の「MW」を思い出した。
ちび王 (2010/05/16 4:04 AM)
完全に商売道具な呼び方だよね。

MW予告編観たが、大勢死んでた!てやつでしょ。
まさしくそんな異様な雰囲気だたよ。
そんな中ではしゃぐとかマジ無理。