Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】怠惰で充実の日々《ネパール・カトマンズ編》 | main | 【旅日記】インドテレビ通販で腰抜かす《ネパール・ポカラ編》 >>
【旅日記】怠惰で充実の日々まとめて vol.2《ネパール・カトマンズ編》


これほどでもないとは思いますが、わたくしのこの旅二番目の怠惰な日々、もう明日でおしまいです。


〈そんな日々の一コマ〉

児童館かよ!


さて、そんな怠惰な日々を送りながら、仕立て屋さんはあたしのクルタなるネパール服をせっせと作ってくれてたであります。

こんな感じになりますた。



小太りボディに見事にジャストフィット!
これで布代込みで1000円は安いです。これで悪徳インド人への防御力アップ間違いなし。
てかまた隣はドレッドかよ!


そうそう、昨日は、この間お祭りの時にお邪魔したお宅で、お料理教室受けてきました。アリサ先生、分量適当過ぎです。

でも!



マサラパウダー2種と塩、瓜と干し肉。それだけでこんなに魅力的な一品に!



ダサい男と太めの女が絡む変なPV観ながら、おいしさのあまりウッカリご飯食べ過ぎてその後まったくお腹がすかず、夕飯のお誘いを断らざるを得なくなりました。
どんだけタダ飯いただいてんだよ!


今日は、今後の旅に不要な荷物をうっちゃる為、郵便局に行ってきました。

ああケチらずリキシャに乗るんだったと後悔するも遅し、病み上がりの曖昧な体調のまま、ホコリ舞う雑踏の中、サイの角のように進むこと20分。

薄暗いカトマンズ中央郵便局(a.k.a. GPO)の更に奥の小屋にて手続き。
荷物の隅々まで眺められて少し恥ずかしくなったりならなかったり。

ここのハイライトは、荷物チェックと書類作成が終った後の儀式。



荷物を白い布で覆い、縫い合わせたのちに赤いロウで封印してもらう。

その布の上から宛名を書くので、この状態で日本に届くようです。

白布に赤い点々が付着した、非常に不気味な荷物がお届けにあがられる瞬間を想像すると笑えるんですが、どうか冷静にお受け取りください。
どこの霊界からのお届け物だよ!


ラストカトマンズなので、まとまりのない日記になりすみませんでした。思いついたらまた書くかもね。でも日記ってそういうものですよね。ね!

ああ、

雑多な思い出多きカトマンズ。

さよならカトマンズ。


【覚え書き】

荷物内容:お土産+身の回り品

値段:EMS発送で約4キロで税金、送料合わせて4000ルピーくらい。

書類に書くこと:送る物の品名、個数、パスポート番号とか

ちなみに:段ボール箱はちょっとだけ使い古しのあったけど、郵便局入り口でビニール製の袋も買えます。宛名書く用のペンはあるけど、書類書く用のボールペンは持ってったほがよいです。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】ネパール | comments(2) |
きの (2010/11/12 11:25 AM)
お、いい服を仕立ててもらったね。
色いいじゃん。それ着て次はインドか。
白布に赤い点が付着したブツを受けとる様を
想像するとホントに笑えるな。
動画でみたい。その瞬間。
ちびカトマンズ (2010/11/13 9:34 PM)
そう色気に入ってる。
あんまネパール人は着ない色。
マジこの荷物届いたら怖いと思うよ!
血のシミだもの一見。
配達員と何がしかのやり取りが発生すると思われます。