Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】山パン重鎮ナイススティック、まさかのタイ進出!【速報】《タイ・チェンライ編》 | main | 【旅日記】片足生活のススメ《ミャンマー・インレー湖編》 >>
【旅日記】ローカル度100%、B級観光地洞窟寺院《ミャンマー・メイミョー編》
運命のチェンライから、バスとトラック乗り継いで、わざわざ来ました
メーサロン。
旅行者いないわなんか皆中国語でしゃべるわ宿が腰抜けるほど安いわの
ナイスなプレイスなので、しばらく居座ります。

では、ミャンマー旅行記に戻りましょう。

----------------------------------

散歩がおもしろくなくて、乗り物もいちいち交渉必要とかって、
自由に動けない街って嫌いだ。

のんきなバガンから、エアコンバス(でもなぜか皆窓全開にするから
エアコン効かない)で7時間、到着したマンダレーはそんな街。

そんなマンダレーから脱出すべく、なんか涼しそうなメイミョー
(現・ピンウールィン)とかいう高原に行ってみることにした。

メイミョー行きのピックアップトラックを探す。
メイミョーメイミョー言ってたら、おいこのガイジンなんか言ってるぞと
呼ばれて出てきたのは、まるっきりガダルカナルタカ
タカがこれだと言う車の荷台に乗り込み、人が集まるまでしばし待つ。
タカは運転手でも何でもなく、ただの乗客だった。




途中、客の依頼により、小道入った住宅街になんかの資材を引き取りに行く。
柔軟性ある商売するな〜、さすが東南アジア。
この柔軟性のおかげで、どんどん到着時間が延びるのだが、
そんなことも気にしないな〜、さすが東南アジア。




街が終わり、林を抜け、山をグングン登り始めたら、
空気がサラっとしてきたし、なんか花咲き乱れてきたし、
なんかいいんじゃないか、メイミョー!




ミャンマー入って一番安い部屋にチェックインできて益々ご機嫌。
たったの$4!
ひとまず近くにある市場へ。




こんな小さな街なのにめちゃんこでかい。

インドの匂いもするし中国の匂いもする。
玉ねぎとかトマトとかみかんとかスイカとか、種類も質も同じようなの
売ってる店がかたまってるが、客は一体何を基準にして選ぶのか?
そうなってくるとやはり売り子の顔とかスタイルとかになってくるのか?


ところで、この街で一番有名らしい見所、植物園は、入場料$5。

そんなに出してまで別に見たいもんでもないので、入場料タダの洞窟寺院でも
行こうかなとフラフラしてたら、バイタクの運転手に声をかけられた。




妙に安心感を覚えるこの顔で即決。

彼、天野くんは見た目通り安定した走りを見せる。
対向車の後ろから、突然追い越しをかけて目の前に現れたバイクにもひるまず、
むしろ相手側がビビったのか滑ってコケた。
コケたおっさんには申し訳ないが、天野くんの勝利だ。


値切ったのが申し訳ない程の距離を走り、とうとう着いた、ペイチンミャァウン。




寺院というか、ノリが観光地みたいな…。




一応その手のお偉いさんがちゃんと来たみたいだけど...。




後ろのがリュークみたいに見えるのは、昨日テレビでデスノート中国語版観たから?




そんなワンサカ托鉢来られたら破産しちまうよ!




洞窟入る前から滝に打たれたり足つっこんだりでビチョビチョ…。




だめだどうしても有り難く思えない。




突然のワニはお化け屋敷的なアトラクションのつもり…?




「あちゃー、ウガンダが飲み物っつったのはカレーの方だったか。」

「だから麻婆豆腐じゃないって言ったでしょ、ハイ5000円。」




鳥肌たつこのブツブツ。




「せんせーあいつがノート見してくんなかったから宿題できなかったんだけど!」

「いやそこお前チクるとこじゃないし。」




Anthrax
Slayer
Megadeth
そしてMetallica。

ここミャンマーの鍾乳洞の奥深く、地獄の四天王が仏の姿となって
一堂に会...すか!バカ!




四天王裏手の階段を上がると、特に盛り上がりもなく終わりを迎える。
だったら四天王のところでやめときゃよかったのに…。




ビデオ撮りまくってたおばちゃん連中とゆるやかに合流。
アンニョンハセヨ?と聞くのでジャパンと答えるとオージャパン!と大騒ぎ。
「ドキっ!女だらけの洞窟巡礼ツアー」のムービーに共に収まることとなる。




洞窟入口で静かに回転し続けていたアトラクション。
この存在が、更にここの存在意義をぼんやりさせる


結局ここは寺なのか観光地なのか?
皆水に入ったり写真撮りまくったりとはしゃいでいたが、履物を脱ぐということは
一応宗教的に大事な場所なのか?

少なくともこの時唯一の外国人であったあたしには、そんなことは知る由もなく、
でもこんなところまで来た甲斐は本当にあったと、大満足して天野くんのバイクで
街へ戻ったのであった。


JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】ミャンマー | comments(2) |
くる (2011/04/22 12:48 AM)
天野君はニックネーム?

リアル天野ならその人、日本人だぜ。

そこ、面白いね。あたしミャンマー好きかも。
ちびメイミョウ (2011/04/22 1:05 AM)
天野くんぽいから勝手にそう呼ばせてもらったよ(心のなかで)
ここは行くべきだね。結局真面目につくってんのかどうか不明だが…。