Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】ローカル度100%、B級観光地洞窟寺院《ミャンマー・メイミョー編》 | main | 【旅日記】優しすぎて甘え死にます《ミャンマー・ヤンゴン編》 >>
【旅日記】片足生活のススメ《ミャンマー・インレー湖編》


マンダレーに戻った途端、なぜか一緒のトラックに乗ってたオバちゃんの
買い物に付き合わされた、ちびろっくです。

ビルマ語しか通じないので意思疎通は不可能だったが、市場を通りかかったときに
一方的にまくしたてられて、「じゃ、レッツゴー」みたいなノリで腕ガッツリ組まれ、肉屋やら金物屋やらに連れまわされた。

シャワーも浴びたかったし「宿帰る」と言ったらば、すごく残念そうな顔して
サラっといなくなったオバちゃん。
もしかすると「うちでご飯食べてきないさいよ、ね?」なんて嬉しいオファーして
くれてたんじゃないかと、勝手にガッカリ…。


さー、そんなマンダレーともオサラバ、ミャンマー観光のハイライトと
言われるインレー湖に向かいます。

神奈中バスでね。




最後列で左隣、僧侶、右隣、ガン寝して頭ゴチゴチぶつけてくるお姉ちゃん、
悪路で揺れまくりなのになんせもともと市バスだからシートの仕様が甘いという
この一晩の移動はそこそこ辛かった。

だけどめんどくささこらえて来る価値はあったわ。




イー宿、リメンバー・インにチェキン後、インレー湖のボートツアーに行くことに。
タイミングがっつり合った、陽気という言葉じゃ足りないほど陽気な
アメリカン、ポールと折半、半額で済んでラッキー。




こんなボートで行きます。

安上がりのカヌーにしようかと思ったが、湖は想像以上にでかく、素直に
エンジン付きボートにしといてよかった。

ところでポールはもともと、ボートが集う朝マーケットが見たかっただけで、宿の人に
「行けるよ」と言われたからこのツアーに出たのだが、この船頭がボケた奴で、
船を出して10分してから、「間に合わない」「マーケット・コスツ」
(意訳:マーケットは高い)
と。

渋滞があるわけじゃないんだから、船出す前にわかるだろ。

外国人相手に商売してる割に英語に不自由そうなのをいいことに、
「ただ単に行きたくないだけだよねえ〜、この人」とコソコソ。

こういうところ、日本人同士だったらコソコソしなくて済むのよね。
英語しか話せない人って誰にでも聞こえちゃうから時々不便よね。




ちょ!ポール!あんな先っちょに片足で立って、なおかつ魚を捕ってるよ!

おお〜すんごい才能だねえ〜。




ちょ!ポール!あんな小さいのにもうボートの運転はお手の物だよ!

おお〜老若男女みんなボート漕ぎの名手だね〜。




ちょ!ポール!3人がかりでの鉄打ち、リズム感がいいよ!

おお〜これがほんとのヘヴィー・メタルだね〜。




ちょ!ポール!ツアーだからって布やら鉄やら一体何件のお土産物屋に
連れてかれるんだろうね!

おお〜むしろ俺たち買い物ツアーに来たんじゃなかったっけね〜。




ちょ!ポール!ものすごい数の仏塔だねえ!

おお〜それにしても有名観光地なのにどこに行っても誰もいないねえ〜。


この仏塔群の前にあった安そうな食堂で、安っぽい麺とチャーハンを食ったら
通常の5倍くらいの金を取られた。
ありえない値段だがミャンマー人は(比較的)誠実だと思い込んで値段を
聞かなかったので、素直に敗北を認める。



ちょ!ポール!お坊さんが寺までついでに乗せてくれって!

おお〜これは俺の自分撮りの腕の見せ所だね〜。


この人、自分撮りのプロ。



この1枚、自分撮りとはバレない素晴らしい出来じゃないですか。
プロフェッショナル・ソロ・トラベラーとはあなたのこと。


さて、「暇だから仕込んだ」と噂の、輪っかをくぐるサーカス猫を見に
とある寺に来ましたよ。

名前は?と聞くと、にこりともせず「ホセ・マリア」と答えるシュールさ
満点の僧侶が、クイクイと猫の顎をいじると



ほらこの通り。

ここにいる全ての猫ができるらしい。

どんだけ暇なんだ。




最後は動画で、インレー湖の風景をお楽しみください。




日が暮れてきた。




人望厚く人懐っこいポールの異様に多い友達、インレーに乾杯。


JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】ミャンマー | comments(2) |
まてっち (2011/04/23 9:05 PM)
動画、世界ふれあい街歩き(笑)
俺インレー行った時と同じバスだ。
ちびろっくです。 (2011/04/23 9:16 PM)
さすが知ってるね。
好きすぎてサントラを購入した。ビバNHK。
言われたとおりインレー行って後悔無し!さんきゅ!