Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】片足生活のススメ《ミャンマー・インレー湖編》 | main | 【旅日記】で、結局ミャンマーってこんな感じ《ミャンマー編》 >>
【旅日記】優しすぎて甘え死にます《ミャンマー・ヤンゴン編》
時々、人の親切を享受する為に旅をしているような気がしてきます。

もちろん普通に生活してても親切にしてもらうことも沢山あるけど、
旅先で不自由している時の親切はより一層心に沁みるものです。


インレーからヤンゴンに帰るバスに乗る時に、台湾人のおばちゃんと
知り合いました。
ハイテンションな欧米人にいささか疲れた者同士、なんとなしに
安心感を覚えたようで、すぐに打ち解けました。

彼女は友達の経営するホテルに泊まるそうで、よければ来たらと
そのホテルのカードをくれました。

ハートのイラストからして、こりゃラブホだなと気づきましたし、
値段もわかりませんでしたが、彼女との縁はいいもののような
気がしましたので、行ってみることにしました。
シュエダゴン・パヤーというミャンマー髄一のお寺に近いとのこと。

彼女、フィラとはバスが別だった上に、ヤンゴンのバスターミナルは
行ってみりゃわかりますがカオスの極みで、待ち合わせどころの騒ぎではないので、
現地集合を余儀なくされました。

長い長いバス移動を経てヤンゴンにたどり着くと、「無料シャトルバス」と
いう名のトラックの荷台に詰め込まれて街の中心まで搬送されました。

その後タクシーで当該のモーテルに乗り付けると、すでにフィラは
到着しており、無事に再会を果たすことができました。




しかしこのホテル、やはりラブホだけにシングルの部屋などなく、
ダブルは$25と目玉の飛び出る値段でした。

街の中心地からも遠く、そこまで出してここに泊まるメリットが
なかったので、タクシーで街まで戻るとフィラに伝えると、彼女は
快く、自分がタダで泊めてもらっている部屋をシェアしようと
申し出てくれました。

「たった1晩なんだから遠慮しないで」とのオファーに、すっかり
お言葉に甘えて、泊まらせてもらうことにしました。
ムカデは出るし、シャワーは全方位型に水が漏れるし汚いしで、
この部屋に素直に$25出す人がこの世にいるのだろうかと首をひねる
シロモノでしたが、宿代が高くつくミャンマーで、タダで泊まれるだけ
有り難いものでした。

しかし有り難い話はこれだけでは終わりません。

フィラの友達、台湾出身のミスター・何(ホー)。
少し人見知りなこの紳士は、忙しいなか自分の車で、朝から我々を
ヤンゴン観光に連れ出してくれました。




とにかく並べてとにかく食べたいのだけ食べる、豪快なミャンマー式の
朝ごはんをご馳走してくれた後、ミャンマー髄一のホーリープレイス、
シュエダゴン・パゴダへ。




よくあるタイプのパゴダですが、とびきりでかい。




人間、GJ!
こいつの表情、到底神様には見えません。




なんか崇拝する気になれません。




何、かわいいと思ってる自分のこと?


車内にはテレサ・テン(つぐない)や吉幾三(酒よ)のビルマ語カバー曲が
流れていましたので、まるで日本で、あんまり会ったことのない親戚の
おじさんの車にいるような気分です。

まだ朝ごはんからあまり時間も経たないうちに、どこぞの公園内にある
中華料理屋の駐車場に車が入りました。
車のドアを駐車係のおっちゃんが開けてくれて、傘で日よけしてくれるような
そんなレベルの中華料理屋です。




この店イチオシのローストダックとエビサラダ等、いただきました。
ランチくらい自分で払おうという画策でしたが、到底無理な値段でしたので
素直にごちそうになりました。




途中寄った湖のほとりで、今どき小学生ですら発さなそうなネームの
レストランを横目で見ながら、ヤンゴン初日にカップル観察を楽しんだ
インヤー湖で、サンセットを見ました。




ミャンマー。
たった2週間の滞在中、日本における1年分くらいの親切を頂きました。
日本人も親切です。しかし親切のレベルが根っこから違うのです。

ポールも言っていました。
国民は上からの抑圧に苦しんでいるのに、個人個人は善良な人ばかり。
それがとても悲しいと。

ミャンマー。
物騒なイメージが先行する、謎の多い国だのに、実際は、
東南アジア唯一の夜中に出歩いても安全な国だそうです。

それは、軍事政権下にあるからこそという人もいますが、
私としては、ミャンマー人そもそもの性質のおかげだと信じています。




ありがとう、フィラ。
ありがとう、Mr.ブー…じゃなくてMr.ホー。

そしてありがとう、ミャンマー。
皆さんが本当の自由を謳歌できる時が来ることを願います。


JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】ミャンマー | comments(2) |
ヒトチャン (2011/05/02 8:48 AM)
かつて母の実家の栃木までの
特急で隣になった人から
みかんや飴だまをもらっていた
80年代の日本はくるのかな。
朝から心温まるお話有難う。
浪人したうちの弟は
地方観光学科とかいうのを
勉強するらしいから、まずは
アジアを旅してもらうわ。
ちびホー (2011/05/02 10:40 AM)
あー、そうか、かつては日本も
そんな感じだったのかね。
とりあえずアジアがいいよね、
日本の立ち位置がよくわかるし。
ゆくゆくは添乗員か?