Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】優しすぎて甘え死にます《ミャンマー・ヤンゴン編》 | main | 【旅日記】あー秘島遊び倒してムーチョ《タイ・マーク島編》 >>
【旅日記】で、結局ミャンマーってこんな感じ《ミャンマー編》
一人旅に出てから、暇つぶしアイテム無しでボケーとできるようになってきた。

移動している時、コーヒー飲んでる時、陽が落ちるのを待ってる時、
本や音楽がなくても、何時間もボケーとしてても苦ではない。
むしろボケーモードに入ってる時には、何者からも干渉を受けたくない。

だから、「ジャパン?コリア?」アタックをはじめとする、旅行者への
チョッカイ大好きなインドの地など、金輪際踏むことはないであろう。




ゴア以外。


東南アジアや中国は、外国人ということで好奇の目で見られることはあるが、
うんざりするほど話しかけられることもなく、インドを経験した後だと
余計にありがたい。
ここ、ミャンマーも同じく。

で、ミャンマーって何があんの?って?

来てみるまでは全くその様相をつかめなかったこの国。
そんなミャンマーについて、
ボケーとしながら感じたことをまとめてみます。


■果てしなく親切■

先日の日記でも書いたけど、果てしない。もうザル。違うか。

酷いぼったくりもなければ、こすっからい手口で騙す輩にもあわない。
道を聞いた人が言葉通じなくても、英語分かる人を探してくれたり
下手したらその場所まで連れてってくれたりする。

昨日なぞ、丘に登ったはいいが下る手段が見当たらず、高額を請求されること
覚悟でピックアップトラックの運転手にいくらかと尋ねたら、
バイクで2ケツしてた若者を呼び止め、一緒に乗っけてってあげなさいと言う

金持ちの旅行者の足元みて、金をせしめるチャンスなのに!!




若者の方も嫌な顔ひとつせず3ケツさせてくれてビューンと丘を下った。

ここに来て1週間、見返り求めない親切を何回受けたことか。

ミャンマー人に会う機会があれば、優しくしてあげてください。
余程運が悪くない限り、その人は良い人です。

トイレ代200チャット(20円)すら惜しむ、金を落とさない旅行者で
申し訳ありません。




タイが微笑みの国と言われたのは今や昔。そんな微笑みません。
21世紀の微笑みの国は間違いなくミャンマー。


■飯マズイ?■

今現在、ミャンマーに来て1週間以上経つのに、ミャンマー料理というものを
3回しか食べていない。




マズイ云々よりも金がないから、大体の宿で代金に含まれてる、トーストと
卵とバナナの朝食たべて、夕方果物とかパンとかでしのいで、夜は部屋で
ビール飲む。
その流れだと1日300円もかからない。

食べたミャンマー独自の料理といえば




いわゆるミャンマーカレー。
タイのともインドのとも違う。

ランチ時満席だったお店で食べたので、ミャンマー人的にはおいしい所
だったんだろうが、しょっぱくてものすごく喉が乾いた。
でもお店で食べるカレーで70円は激安。
韓国料理みたいに小皿いっぱい出てくるし。




油そばみたいなもの。
香草とピーナッツと、やっぱりちょっとしょっぱいタレを混ぜ混ぜ。
結構好き。




屋台で売ってたもち米おこわ。
薄味でほんのりのニンニク風味が絶妙!なのに、何のためなのか
油でテッカテカなので、トイレットペーパーで押さえながら食べた。
奥のプリンみたいのは甘さひかえめで美味しい。




ここも東南アジアだからね、しっかりと味の素の支配下にあります

前評判ほど悪くないミャンマー料理、むしろ日本で食べてみたい。
…と検索してみたら、なんでか東京のミャンマー料理屋の9割が馬場だ!


■長い列のその先は■



なんだこれは。
横4〜5列の行列、終わりが見えない。
皆これほどまでに何を欲しているのだ。

一番前まで行ってみると。




給 油 待 ち !

写真を撮って振り返ると、バイクにまたがった女の人がにっこり。
何時間も並んだろうに、この余裕の笑顔…。
毎日毎日朝も早くから、皆こうしておとなしく並ぶらしい。

いやでも辛抱強い子に育つね!


■知ってた?国旗■



汎アフリカ色のこんな国旗がよく目に入る。

赤→血
黄→富
緑→大地

て感じでしょ?ラスタ。

100%アフリカのどっかの国旗だと信じて疑わなかったので、
マニアックな国とガッツリやってんなーと思ってたら、何とコレ

ミャンマーの国旗だった

去年変更されたばかりらしい。

事情は色々あるんでしょうけど、ひとまず言わせてもらうと

なんか似合いません

そんな陽気じゃない。


統括すると、旅先としての印象は、

ネパールから、それ程多くないこすっからい奴とヒマラヤを取り除き、
中国で薄めた感じ


わかりづらいか。

とにかく。

そんなミャンマー、気になるなら行ってみな!


JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】ミャンマー | comments(2) |
magonote (2011/05/24 4:11 PM)
おもしろいブログですね。
ファンになりました。

馬場にミャンマー料理屋が集中しているのは
西武新宿線沿いにミャンマー人コミュニティが
多くあるからじゃないかな?って思います。
最初中井に大規模なコミュニティが出来て
それからだんだんと分散した感じです。
ちビルマ (2011/05/24 7:29 PM)
ファンだなんて!照れる!
嬉しい限りです!←テンション上がりまくり

へー!そんな所にミャンマーの人が集ってるとは、初耳でした。
中井って!その所以が気になります。
調べてみよ。