Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】で、結局ミャンマーってこんな感じ《ミャンマー編》 | main | 【旅日記】しゃぶしゃぶの世話してます 《長野・大鹿村編》 >>
【旅日記】あー秘島遊び倒してムーチョ《タイ・マーク島編》


ストップ・ザ・シ〜ズンインザサァア〜ン。
夏よ逃っげないで〜くう〜れ〜。

実は持ってました。TUBEST。
だけども2010年にアルバムが出ていたことを知り、こんなにも長く
季節労働を続ける連中もなかなかいないと感心しました。

この季節労働者のせいかどうかはわからないけど、思い返せば
ビーチにはちょいちょい行ってる。
その都度、海水のショッパさにまるで初めての経験かのように驚く。

で、また行ってきた。


ミャンマーからバンコクへ戻る際空港にて、数日前に一緒に飲んだ
ポールの友達にばったり再会した。

彼、エイドは数日、マーク島へ行くんだと。
なんだマーク島って、と聞くと、「よくわからない」と言うので、
じゃあ行くわ、と同行することにした。

エイドは友達に会いに一晩パタヤに泊まることになったので、
翌日、島でなんとなく再会しようと約束して別れた。




なんか卑猥な響きだがバンコク交通の要所であるアヌサワリーから、
港までのミニバスというかミニバンに乗る。快適。
「Laem Ngob」と、未だに何と読むのかわからない港にてマークマークと
連呼していたら、




なんとなく船乗って、




なんとなく島に着いたら、エイドが泊まる予定の宿のトラックを偶然見つけ
それに乗ったらなんとなくエイドと再会。

なんとなく低労力で目的地に着けるタイを愛しています。


このマーク島、カンボジア寄りのチャーン島近くにある小さな島で、
舗装道路はほとんどないし、どんな田舎にでもあるセブンがないし、




電柱なんか三丁目の夕日だし、




しれっとTHE 南国ブランコとかあるし、




もはやこんな乱痴気騒ぎになってるチャーン島に疲れた人が流れてくる
静かでこぢんまりした島。


スーパーカブ歴11年のあたしが、慣れないエイドにカブの乗り方を
伝授して運転させ
、島一周してみた。

島中ゴムのプランテーションだらけ。




これは乾燥中のゴム。
腹立つ程度の悪臭を放つので注意が必要だ。




途中立ち寄ったカフェでは、マーク島歴ん十年の青年に色んな話を聞いた。

「昔はかわいかったんだけどな〜」と言われる、太っちょの奥さんが
入れてくれたアイスコーヒーは、タイ人が作ったものとは夢にも思えない
ジャストな砂糖加減。

マーク島でコーヒー飲むなら間違いなくここにして!
しかし店名を忘れたよ!

その青年に、どっか見所はないかと聞くと、先程つまらなそうなのでスルーした寺
勧められた。
地元の人がそう言うなら、と行ってみると、2人の僧侶に会った。




彼らはタイ語しかわからないし、あたしも少ししかタイ語はわからないけども、
歓迎してくれて刺青がカッコイイねとかそういう話で少し盛り上がる。

「僕は24なんだけど…」

エイドが若い僧侶に歳を聞くので、タイ語で伝える。
この人は24歳、わたし33歳。あなた何歳かね?へえ〜、35歳、近い近〜い。

って24て随分とお若いですね!!!!

出会って数日、この時お互いの歳を初めて知ったが、違和感はないので
気にすることはあるまい。
年齢なんておよその目安でしかないのだ。


その晩、カフェの旦那が「毎日やるからやんなっちゃう」と愚痴をこぼす、
隣のカラオケ屋に行ってみた。
明らかに外国人が来るような店ではない。




誰もマイクを握らず、PVだだ流しの状態がしばらく続くが、ひとりの
おっちゃんが頼りない声を搾り出し歌い始めると、女性陣はノリノリで
踊り始めた。
安心した我々は店を後にした。


さて翌日、カヤックを借りて向かいにある無人島まで転覆覚悟の大航海。




マジこんなプラッチックのオモチャみたいので、大海原とか乗り出しちゃって
いいの?いいの?


一杯かっくらった後、もう1個の無人島へガツガツ漕いでくと、そこはもう
まさに恋してムーチョジラされて熱帯by TUBE




この限りなく透明に近いブルー、ホワイトサンドのビーチが!




ふたり占め!


入島料として、屋台飯2食分くらいの金は取られたが、それでもこれが
ほぼ占領できるんだから、まな板買ったら包丁3本ついてきたくらいお得だわ!

グアム?ハワイ? 行ったことないすけど!
タイにもまだまだこんな穴場があるんだから捨てたもんじゃないすよ!




とかはしゃいでたら、なんかあそこピンポイントで凄まじい雨降ってる
よね!
こっち来る!雨雲こっち来る!

てことで死に物狂いで3年分くらいの腕筋使って本島に帰還。
帰還直後にガッツリと大荒れ。

結構危なかった本気で。




バンコクへ帰る日の朝日。

マーク島何もんじゃいと疑いつつ来てみたが、ポテンシャルの高さに腰が抜けた。
導いてくれたエイドありがとう。




すっかりとち狂ったチャーン島に辟易したら、おいでよ未舗装のマーク島。




JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】タイ | comments(0) |