Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】あー秘島遊び倒してムーチョ《タイ・マーク島編》 | main | 【旅日記】戦火ならぬ戦水広がる古都、逃げ場無し《タイ・チェンマイ編》 >>
【旅日記】しゃぶしゃぶの世話してます 《長野・大鹿村編》
もう家がないから、日記のカテゴリが全部旅日記になっちゃう
Chibirock-blogへようこそ。




ここ、長野の大鹿村にて、前回の浮かれたバカンスストーリーからは
想像もつかないような生活を送ってました。

朝起きて、まず待ち構えているのは




めっちゃこっち見てる二十四ぐらいの瞳

かといって喋る訳でもないので「はよ飯出さんかい」のプレッシャーをものともせず、
時にはベロベロされ、時には吹っ飛ばされながら、1人数キロの草、
なんかのカスとかものすごい量を朝夕食わせる。




その合間にスレイヤー真っ青の爆音を奏でる機械でワラを切断し、




おなじみ、搾乳。でもヤギ。
毎日出過ぎるから搾るけど、家族ん中で飲むのはおかーさんのみ。
フランス旅行中、普通のチーズが買えず、しぶしぶ安いヤギチーズを
買ってたあの貧しい日々のことを思い出しながら、1杯いただいてみる。

ん。
飲めなくはない、が、もういい。




多分「鋤(すき)」という名の道具で、ナスとピーマンを定植。
何故「多分」かは、究極のB型人間であるおとーさんに聞いたら、

「そんな名前だったっけな〜」

と至極適当な回答をされたからである。

いいのだ、道具の名前など知らなくたって。
「アレ持ってきて」で通じればいいのだ、通じればの話だ。


さて、何故こんな僻地でこんな労働をしているのかというと。

ここはタイのパーイにて出会った絵描きのLEN君の実家。

牛やら田んぼやらで忙しいので、WWOOFerを募集しているとのことで
手伝いに来た次第である。

WWOOF [ ウーフ ] とは、何か?
お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして
「知識・経験」を交換するしくみです。
有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、
または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、
仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。


まあぶっちゃけそんなに農業どうとか考えてないけど、普通に暮らしてちゃ
縁のない農家で手伝って新しいこと知ってそれで宿と飯がタダになるなら、
家なき子にはうってつけじゃないか!

とゆことで、こういうことになりました。




寝泊りは牛舎の上。
昼夜関わらずしばしば揺れるが、地震なのか暴れ牛の仕業なのかの
区別がつかない。
牛はまた、時に何かに恐れおののいているような奇声を発するが、
昼間の労働のおかげで、大して気にもならず眠れるのは幸い。

水道から出る水は、地下からの水が勝手に流れてきているのだが、
なんせ下から来るため、下の牛どもが飲みだすとしばらく断水する。
歯みがいてあとゆすぐだけのタイミングで断水することが非常に多い。
何の恨みがあるんだよ。と毒づくも牛優先社会には逆らえない。

水、出てる時に汲んどきゃいいということに気づくまで2日かかった

ほんとは牛が飲む水代だけで年間ん十万かかるところ、ここは山の水が
出っぱなしでタダらしい。
やったね!




そこかしこに立派な川が流れている。

ここらは中央構造線とかいう大断層でぶった切られており、
大地から凄まじいが出てるらしくてパワースポットとして知られている
場所らしい。

パワースポット…。おお何て胡散臭いワード。

LEN君に言わせれば、

「いい景色といい空気がありゃどこだろうが十分癒える」

さすが生まれも育ちも大鹿村、ドライなコメント。




今年、大鹿村の映画が上映されるらしい。
関わる人々は松たか子とかスーさんとか主題歌は清志郎とか、
ひっくり返るほど錚々たる面々。




その映画に出る店らしい。
ディア・ハンターみたいでカッコイイ。
今はなんも営業してないです。


大鹿村。

一部の人の間ではヒッピー村とかちょい特別視されてる村だが、
実際はフツーの人がフツーに暮らす静かな山村。
みんなここに居られることが幸せそうで、それが良い気を生み出してると
いうならば、ある意味パワースポットとも言えるかもしれない。


B型家系のこのユルユルファミリーとはすっかりウマが合い、
おとーさんなぞ仕舞いには恥ずかしげもなくブーブー放屁する始末。

たった10日ほどの滞在だったが、気分はもう「第二の家族」。
牛に振り回され疲れたが、またいつか、戻ってくるよ。


JUGEMテーマ:地域/ローカル


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】日本 | comments(5) |
長野のヒトチャン (2011/05/23 6:55 PM)
牛ってさ、近くで見ると
でっかいよねー
実家のリンゴ畑の隣に
誰かさんちの牛舎があるけどよ、
鳴き声もでっかい。
うちの親父もさ、腕折れてるけどよ、
田植えの準備で大忙しさ。
また長野の地を踏む時は
ご一報を。
kuwaman (2011/05/23 7:06 PM)
なんか良いなぁ〜!羨ましい様な気もする・・・。
日本にも、こんな形のワーホリがあるんだね!
牛の上にも3年・・・。
良いかもしれない!(笑)
ちび旅人 (2011/05/23 9:02 PM)
そうでかい。
インドで慣れてたつもりだが、実際関わり合わなきゃいけないことになると余計にでかさを痛感する。
今週あたりみんな田植えするらしいね。
今度ヒトちゃんち実家にWWOOFしに行くわ。

桑マン!珍しい。
しかしものすごい疲労感だったよ。
ユルユル家族に救われたけどね。
そだなある意味ワーホリか。
ゆくゆくはヨーロッパか南米でやりたいです。
夢はでっかく。
通りすがりのfantastica (2011/05/23 11:53 PM)
お久しぶりです。
今週で4-3-3も最終回。
最終回でバルサのCLのFINALなんて
なんて感動的。

ちび旅人 (2011/05/24 12:05 AM)
お久しぶr…て、ついに4−3−3、終わり??