Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】戦火ならぬ戦水広がる古都、逃げ場無し《タイ・チェンマイ編》 | main | 【旅日記】アホ欧米人抜きで楽しむ、正統派ソンクラーン《タイ・チェンマイ編》 >>
【旅日記】必見!大っぴらに公表できない下半身ホーリープレイス《タイ・バンコク編》
京都の山奥、沈黙の要塞から出所したてのChibirock。
それについてはまた後ほど。

この旅2度目のチェンマイに行く前に、バンコクでのあの日のことを
お伝えしなければいけなかった。
あまりに重要すぎて逆に忘れたらしい。




その日、カオサン周辺はいつになくものものしい雰囲気。
そう、噂の赤シャツデモ集会

つか




ものものしいどころかまるで縁日。

なんたってタイだから、ここは。


そんな風景を微笑ましく眺めながら、センセーブ運河へ。
この運河ボートは、渋滞無限地獄のバンコクにおいて、大変なすぐれもの。
水1滴でも口に入ろうものなら速攻で寝込みそうなカフェオレ色の運河を、
爆音たててグイグイと都心へ。




船の縁をつたって料金徴収にやってくる人たちは、面倒なのか
時々我々外国人をシカトする。今日もしかり。


さて船を降り、ひとけのないビジネス街を歩くこと数分。
目的地に到着。




スイソテル・ナイラート・パーク

ヒルトン跡地にあるここは、名前のとおりスイス発のホテルグループらしい。
サイトにあがってたパンフレットを見ると、一見、
トイレ行くだけなのにドアマンがドア開けてくれちゃって
後ろめたさを感じる系の普通の高級ホテルだ。

このホテル敷地内のどこかに、ホーリープレイスがあると聞いたのは
かれこれ6年も前。
あの時、従業員の目を気にしながら、裏庭の結構奥の方まで探索したが、
結局それらしきものは見つからなかった。

今回、ちょっと頭の変なヒデ君が一緒だし、やたら時間もあるし、
絶好の機会だと、リベンジすることにしたのである。


「コーヒー1杯150バーツ(屋台飯4,5回分)」と値段を掲げるカフェで
はしゃぐ韓国人観光客を横目に、以前とは逆側からホテル裏へ。

のんびり一服している従業員が、いつ「お客さん、そっちは裏口だよ!」と
声をかけてくるかヒヤヒヤしたが、取り越し苦労に終わる。
我々の求めるものを知ってか、知らずか。


「なんかありますよ」

ヒデ君の指す方に、タイスタイルの祠が見える。
その周辺にニョキニョキと生える巨大なキノコ型の…。




!!!発見!!!男根神社!!!


前回4人がかりでダメだったのに、今回は神様のどういう風の
吹きまわしか、たったの5分でたどり着いた。
やはり変な人は変なアンテナを持っているんだろう、ヒデ君と来て
本当によかった。




大木に頼るかのように寄り添うアレ。




移り変わるバンコクを長い間見てきたであろう、ご利益のありそうな
大木を守るかのごとく、堂々とそびえるアレ。




お前が四つん這いになってどうすんだよ!!


大中小太細長短、膨大な数のアレというアレが一堂に会するこの神社、
一体どういう事なの?何故、よりによってこんな5つ星ホテル内に建立されて
しまったの?とあらましを読もうとするが




もちろん英語だからよくわからない。

Chao Mae Tuptimというのがこの男根神社の正式名称のようだ。


日本人の、というか世界中大体の人から見ても、ふざけてるとしか
思えない状態だが、通常の祠と同様、




ちゃんと世話されている。

この変態神社に真面目な気持ちを持てるとは、タイ人て
俗っぽいんだかピュアなんだかよくわからない…。




普段カメラを持ち歩きもしないヒデ君も、久々の観光モードON。


夕暮れ時の変態神社。
木立の間からさし込む夕日が、まるで我々の訪問を喜んでいるようだ。
感無量。
男根の神様、呼んでくれてありがとう。


相当狂喜乱舞していたらしく、この日から、ヒデ君の中で
「男根といえばちびろっく」
という定義が根付いたらしく、しばらくの間しつこくネタにされた。




夏フェス?



JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】タイ | comments(4) |
ヒトチャン (2011/06/24 10:04 PM)
ピュアな気持ちに
何故かなった。
ちびディック (2011/06/26 10:46 PM)
願ったり叶ったりだ。
ユミ (2011/07/04 3:01 AM)
カーッ!
反対側だったかー…。
あれだけ探したのに見つからない訳だよ。
あたしも拝んでみたいよー。
阿部定みたいに、懐に忍ばせたり?
ちびディック (2011/07/04 10:09 AM)
そうさ…ソワソワしながらも、結構粘ったよね。
懐に忍ばせるにはいささかでかいな。