Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】必見!大っぴらに公表できない下半身ホーリープレイス《タイ・バンコク編》 | main | 【旅日記】頓挫当然、茶の村の夢の跡《タイ・メーサロン編》 >>
【旅日記】アホ欧米人抜きで楽しむ、正統派ソンクラーン《タイ・チェンマイ編》
知ってた?

カシューナッツと鶏肉炒めが、妙に高い理由、知ってた?

そもそも、カシューナッツってどうやってなってるか、知ってた?




そりゃガツガツ収穫できない訳だよね!

なんか果肉のウ◯コみたいになってるけど、この果肉自体はあんま
おいしくもないらしい。
すごい無駄。なんか。


さて前々回の日記でぶつくさ言った、チェンマイの水掛け騒動
凄まじい嫌悪感を抱いたので、戦火を逃れてひとりサンサーイ村のコテージ、
Baan Klang Tong へ。
(音出る、注意)


先月1泊したこの人里離れたちょっといい宿、今回はざ〜んねんながら
ゲストとしてではなく、1週間ほど住み込みヘルプをしに来たんである。
宿と飯がタダ、な上に周囲には何もないので、財布いらず。
でも石鹸作りとか燻製作りとか楽しい仕事はチョイチョイあるから暇ではない。


で、村でもソンクラーンのお祭りをやるというので参加さしてもらった。


お昼

まずはコズエさんちで昼ごはん。
ぶっかけそうめんと祭りらしくゴージャスに牛の丸焼きそしてビール。
見知らぬ日本人がビールの栓をポンポン抜いてても誰も気にしない。
楽だ。何て楽な社会だ。


ギャンブル

我々がそうめんをすする隣では、(子供完全にほったらかしの若人含め)
男達がギャンブルに興じる。

つっても遊びの延長みたいなもんで、お祭りだし、誰も気にしない。
楽だ。何て楽な社会だ。


木

お祭り用の何かを作成中。
七夕の笹にしろ、クリスマスツリーにしろ、お月見のすすきにしろ、
植物ってお祭りに欠かせないよね。
自然のものをチョイと拝借して、自然にありがとうと言いながら楽しむ、
そんなお祭りっていいよね何か。


はい、でいよいよ本チャンの夜の部です。
夜道では、昭和カラーのミラーボール搭載車に人々が
文字通り踊らされています。




間欠泉のごとく水が吹き上がっている方が寺。
皆でここに向かっています。

濡れたくなきゃ家に引きこもるしかないチェンマイ市内とは異なり、
ここでは濡れるか濡れないかの、至極当たり前の選択ができるというのが最高。
なぜって、節度の「せ」の字も知らないアホファラン(欧米人)が
いないからさ。


びしょ濡れ

びしょ濡れOKなヤングチームは、古風なダンスで大盛り上がり。
アダルトチームは安全地帯にて、タダでもらえるパッタイやおかずを
モシャモシャ食いながら、そんな彼らの様子を微笑ましく眺めている。




若者も案外ちゃんと、偉い坊さんの話を聞き、聖水みたいのを
かけられたりしていた。
メリハリがあってよろしい。




宴も終わりに近づき…おや、昼間に作ってた木のやつを、若者たちが
どっかにかついでいくね。
やっぱりこういうのをすすんでかつぐのは目立つグループの若者なんだろうか。
モテを意識しているのか、はたまたピュアな責任感か…?


立てかけ終わり

とか余計な思いを巡らしていたら、そこにあった木に立てかけて
終了していた。
簡素な儀式だな。

なんだかさっきっからやたら写り込む人がいるが、
全く知らない人である。


泥酔

一部こういう人もいたが、至って健康的かつ正統的なソンクラーンだった。
諸悪の根源はファラン、ファランがソンクラーンをあれほどまでに狂った
祭りに変えてしまったのだ!

ま、本来のソンクラーンを経験できてラッキーだったよ!
都会の無差別攻撃にスッカリソンクラーン嫌いになった人は、
サンサーイ村においでよね!



JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】タイ | comments(0) |