Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】アホ欧米人抜きで楽しむ、正統派ソンクラーン《タイ・チェンマイ編》 | main | 【旅日記】タイ大縦断、無賃乗車の旅《タイ・寝台列車編》 >>
【旅日記】頓挫当然、茶の村の夢の跡《タイ・メーサロン編》
你好!
現在我在台灣!
しかしいまだ終わらないタイ旅行記の続きをアップします。
もうちょいお付き合いください。

--------------------------------

コズエさん一家はしばらくチェンライの友人宅に行き留守にするというので、
約1週間のお手伝いミッションを終了し、また旅を始めることにした。

次の目的地は更に北の、メーサロンなる村に決定。


大きな地図で見る

お茶で有名とかラオスに行くのにいいとかそれ以上に、すんげ地味そうな
感じがなにより気になった。

その後国境まで行ってビザ延長するか、ラオスに向かうかは
後ほど悩むことにしよう。


ムスリム


運命的な出会いを果たしたチェンライから、
なぜだか乗客ムスリムだらけのバスとソンテウに乗り継ぎメーサロンへ。

ソンテウ(乗り合いトラック)は一人で乗ると貸切になるから高くなるが、
たまたま同じバスに乗ってた台湾女性2人と割り勘できたのでラッキーラッキー。
130バーツ程度で済んだ。

久々の中国語だし、タイ語より聞き取れるから嬉しかったのだが、
あんまり話しかけるなオーラがじわじわ出てたので、会話は控えた。
台湾人すべてがフレンドリーな訳ないけどさ、ちょっと残念。


セブン

さて1時間ちょいで到着したメーサロンは、さびれたメインストリート
1本からなる極めて小さい村。
セブンも村の中心にただ1軒…というか、こんな僻地にまでちゃっかり
出店しているセブンが逆にすごい。品揃えもバンコクのそれと大差なし。


部屋

Shin Sane Guesthouse(新生旅館)は、ダブル1室まさかの50バーツ
タイで、というか他のどこの街でもこんなに安い部屋を見たことがない。
バンコクに至ってはドミ(大人数部屋)1ベッドでも最低80バーツは
すると思う。

しかもWi-Fiが無料でやりまくり放題。
なんだこのコストパフォーマンスの高さは。
時間が許せば1ヶ月は余裕で居られる。
ふとんがいささか湿ってるような気がしたことは
完全に目をつむる。


標語

この村はまー色々ありまして、みなさんタイ語より中国語の方が堪能です。
タイなのにタイ語が喋れない住民もいるようで。
島国・日本にいると、そういうのよくわかんない。


カフェ

飯もパンも珈琲もうまいこのカフェオーナーのおっさんに気に入られ、
滞在中はここで中国語レッスン。
彼は彼で英語を勉強中で、必ず「ソーリー、」という出だしで
他愛もない質問を投げかけてくる。

ここはそんなぼんやりした時間を過ごすのが合っている。


店番

こんな感じで。


朝市

宿のすぐ近くで、朝市が立つ。
少数民族のおばちゃんが野菜やら朝ごはんの麺やらを売りに来る。
東南アジアでも中国でも、売ってるもんは大差なくとも、市場は飽きないね。


さて、何せ道は1本しかないし、今、最高潮にオフシーズンらしく
観光客目当てのお茶屋なんかも働く気ガンゼロ、取り立てて見る
ものもないので、ハイキングがてらとある場所へ。


怖いオブジェ

「歓迎光臨」と謳いながらも全然歓迎されてる気にならないオブジェを
横目に、1本道の坂を下ること1時間弱。
宿でもらった、距離感が全くつかめないマップを頼りに向かったのは、
お茶のテーマパーク、の廃墟。

距離感が全くつかめなかったが、マップのとおりに何となく歩いたら
何か見えてきた。


遠くに

金色の馬鹿でかい何かが…


狛犬

まず、入り口のこいつからすでにミスってる


しんとした廃墟に入り込む。
すぐそばに民家のようなものがあるが、ひとけは無い。


急須

勢い良く茶を注ぐ様が圧巻だが、1本折れてる


全景

五重くらいの塔、銀色の急須、金色の急須、銀色の狛犬、金色の狛犬、
高々とお茶を注ぎこむポット(1本折れてる)、これがこのテーマパークに
あるものの全てである。

この施設の建設にオッケー出した奴出てこい。


急須内

急須はそれぞれ、家族10人くらいが住めるほどの広さ。
金の急須はレストランにする予定だったんだろうが、ここで
一体どんな素っ頓狂な料理を出してくれる予定だったのか…
今となっては誰も知る由もない。

狛犬の入り口と反対側の、下り坂をおりてみた。


人魚

売店になる予定だった建物の前に、一人自分の世界にいっちゃってる
マッパの女性…あなたお茶とどういうご関係?


ブランコ

もう、この

こんな小学生でもダメ出ししそうなテーマパークが、何故ここまで
話が進んでしまったのか。

という疑問が一生晴れることがないと思ったら、そこにあった
大ブランコを漕がずにはいられなかった。


想定通り、呆れてものも言えない気分になって満足したので、
帰りは別の方から散歩していこうと思ったら、


山道

まんまと道を間違えた

途中、1台のピックアップトラックが通ったので、メインストリートは
どっちかと聞くと、期待通り、逆だと言う。
見た感じ、あっちの山まで行けば出られると思ったが、相当な距離が
あるらしい…。

仕方なくあのテーマパーク方面へ引き返し、とぼとぼ歩いていると、
さっきのトラックが通りかかった。
脇へ避けると、運転してたおっちゃんが荷台を指さして、乗れと。

やった!
実はちょっと期待してたけど、やった!


荷台

マジ助かった。

おっちゃんはお茶関係の仕事をしてるらしく、途中お茶工場に立ち寄る。
メインストリートに出たところでおろしてもらった。
太謝謝您了!

ハー行き倒れる前に救いだされてよかったよ。


翌朝。
ギリギリまで行くかやめるか迷った、山の上にある寺。
いちおこの界隈ではインパクトのある観光名所らしく、つうかとりあえず
眺めがいいらしい。

700段の階段がキツいとかキツくないとかだが、もう最終日だし、
いっとくか〜、と、もともと少ないやる気総動員で登ってみた。
足がだんだん痺れてきたものの、思ったより早く頂上到着。

しかし


寺

一寸先が見えない

誰もいなくて静かだから、しばらくお得意のボケーをかましてみたが、
一向に霧が晴れない。

しぶしぶ戻ろうとすれば、噛まれたら即病院レベルのヴィシャスな犬に
吠えまくられ、怯えながら道路脇の垣根に隠れて階段まで脱出。

その上クモの巣を顔面でキャッチし、重ね重ね残念すぎる最終日の朝だったが、
なぜか気分は爽やかだった。

やりきった。




いつも行ってた例のカフェにて、いつも料理してくれるおばちゃんの
姉ちゃんだというおばちゃんに占いしてもらった。

なんせお互い言葉が通じないので、詳細は不明だが、ひとまず

良さげ

であることは間違いないらしかった。
今日は日曜日だから、これから教会に行くと言う。
中国語だし、クリスチャン。
ほんと中国の片田舎の村みたい。




おばちゃん、ありがとう。
パンもご飯も美味しかったよ。


当初の予想通り、取り立てて何もない所だったけど、なんだかひどく
静かで充実した日々だった。

多分また来ると思う。


さ、バンコク戻ろ。

JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】タイ | comments(0) |