Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】頓挫当然、茶の村の夢の跡《タイ・メーサロン編》 | main | 【旅日記】地獄を見よ!大珍寺ワット・ムアンに悶絶 その1《タイ・アントン編》 >>
【旅日記】タイ大縦断、無賃乗車の旅《タイ・寝台列車編》
今日は台北から電車で鳳林という村まで来ました。

「無座」と切符に記載されている通り座席が無いので、
3時間立ち乗り。
が、旅日記が完全に追いついてないので、MacBook開いて
これまでのツケと取り戻すべく執筆。

がんばった。仕事した。

で、皆さんクリスチャンのため日曜日は休み。
来て早々、暇をもてあましております。
とゆことで今日も執筆執筆〜。

--------------------------------

メーサロン→チェンマイ→バンコクとぶったぎって南下して参りました。

色んな乗り物乗り継いで、なんとなくチェンマイに。

ぐったり家族

ソンテウで向かい合ったこの家族の疲れ方尋常じゃない。

もう旅も終盤だし、奮発してやろうとチェンマイからは
夜行列車に乗ることにしたので、即、駅へ。

しかし夜行だと815バーツのしか残っていないと言われ、
数十秒考え込む。
800バーツつったらエアコン付きのダブル2泊分じゃないか。
考え込んだ後、清水の舞台から飛び降りる以上の心意気で、
OKっす!」とその切符を買った。

1000バーツ札を出して、切符とお釣りを渡されようとしたその時、
駅員の手元の電話が鳴り、彼はそれを取った。
数秒軽くやり取りした後受話器を置くと、なぜかお釣りを
引っ込め、あたしが出した1000バーツをよこした。切符も。

彼の表情はすでに「ハイ次の人」だったので、訳がわからないまま
素直に1000バーツと切符を受け取った。

何なんだ?

清水の舞台から飛び降りようとしてたのがそんなに顔に出てたか?

それともさっきの電話でリストラを告げられヤケになったのか?

いずれにせよ、電車に乗った後に徴収、降りた時に徴収という可能性も
なくはないので、最後まで油断はしないようにしよう。

しかし、切符をしげしげと眺めても後で徴収みたいなことは
書いてないし、検札に来た車掌さんもやっぱりスルー。


車掌

おばちゃんはいつも通り、ちょっぱやな手際の良さでベッドを
作ってくれて、


夕焼け

西の空はいつも通り、夕日に染まってきた。


寝台

快適そのものの寝台でグデーンとくつろぎ、朝、バンコク到着。

気持ち足早にプラットフォームを脱出…タダだーーー!!!

815バーツ、タダだーーー!!!
やった、やった、やったよーーー!!!

メーサロンのクリスチャンおばちゃんが「良さげ」と言ったのが
見事的中。良さげというか超ラッキー。

ネガティブだから、後から何がしかのツケがくるんじゃないかと
一瞬心配したが、それはきっとこないだのピサヌロークの件
前払い済ということにした。

待合ホールに出たところで、丁度8時。


起立

鐘が鳴り響き、座っていた人々は一人残らず突然起立。
そう、毎日8時と18時は王様敬いタイムなのだ。
突然の出来事に、売店で珈琲を買っていた欧米人は
本気でビビって固まっていた。


スクンビットエリアのはすっこにあるMaDee Hostelに向かう。
キャンペーン中でドミが半額だったし、ここら辺泊まったことないし
空港にも近いしで軽い気持ちで予約したのだ。




高架電車BTSのどん詰まり、オンヌット駅から犬をかわしながら
歩くこと15分。
途中でバイクに乗ったその宿の人に声をかけられ、そのまま乗せてもらった。




できたてピカピカで、Wifiも使い放題。

しかし、遠い

知ってはいたが、やっぱり遠い


宿の人

人のいい宿の兄ちゃんは、掃除やベッドメイキング以外ほぼ1人で
切り盛りしている上、その遠さをカバーしようと、希望者は駅や
バス停までその都度バイクで送ったりしてる。


タクシーカード

カードキーにはタクシー運転手に見せる用の地図と説明が記載されている。

その努力たるや、真似はできないが、やっぱり遠い。

しかし周囲にはコンビニもバーもないので、出かけるしかないのだ。

疲れたから、荷物多いから、一旦宿に戻って…てのができないから、
外出はクソ暑い中、1日中出ずっぱりを覚悟しなければいけない。
1日中。
1日中出ずっぱる場所が思い当たらないが、何はともあれ、
街の中心へ出る。


バス

思った以上にタクシーが安くて快適ってこともわかったけど、
やっぱり7バーツバスで十分な貧乏性ちびろっく。

バンコクでジリジリ焼かれるのももうすぐ終わりだなー。

JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】タイ | comments(0) |