Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】タイ大縦断、無賃乗車の旅《タイ・寝台列車編》 | main | 【旅日記】地獄を見よ!大珍寺ワット・ムアンに悶絶 その2《タイ・アントン編》 >>
【旅日記】地獄を見よ!大珍寺ワット・ムアンに悶絶 その1《タイ・アントン編》
アントンという小さな町に向かうため、北バスターミナルへ向かった。

男前な女の子に連れられて、マーク島の時みたいなバンに乗せられて
アユタヤをちょい過ぎたくらいで到着。

彼女は「そこはバスとかで行けると思うから…」的なことを言ったと思う。
セブンイレブンの前で降ろされた。
ここは観光地じゃないから、客引きなんかいないし、そこら辺に止まる
バスの車掌に聞いても、そこには行かないと言うばかり。

途方に暮れたので、肥満の元凶だと封印していた菓子パンをセブンで買った。
紫芋クリームパンはとろけるうまさで、ウッカリ一気に食った。

食い終わった途端、突然勘がはたらき、大通りを逆方向へ向かってみると
バイタクのおっちゃんが暇そうに新聞を読んでいるのを発見。

往復で120バーツでOKと言う。
どんな距離かわからんからとりあえず100バーツまで値切ってみる。
タイのコメディ映画全部に出てんじゃないかっていうあの人に激似。

10分ほど走ると、彼方にとてつもなく巨大な何かが見える。


遠目

「あれだ」

あれか…。
到着する前からすでに感じるこの異様な空気は何だ。

大通りを左に折れてしばらく行き、ついに到着。
ここは大珍寺中の大珍寺、地獄を体験できる「ワット・ムアン」


ハス

おお…。
もう初っ端から寺と比較したハスのでかさがおかしい…。
無事に辿り着けて本当によかった、旅が終われないところだった!

さ、地獄へ向かいますよ〜!


歓迎

様々な動物にまたがる彼女らは、どんなグループかは知らないが、
歓迎はしてくれている風。


オート

ベルトコンベアーで自動で流れてくる器に米を入れる作業…。
徳を積むためのタンブンだとは思うんだが、何せベルトコンベアー
だから、作業、だよ…。


金儲け

タイ語は読めないが、金を巻き上げようとしているのは間違いない。




後生のお願いと懇願しているが、「何もきっこえませ〜ん」の表情。
言うだけ無駄そうだ。




圧迫感を感じるなと思ったら、目の前にそびえ立つ2巨人。
ガリガリなのに腹は出ている、そしてこの伸びた舌、
出っ張った目。
全てがシャクに触るのが見事だ。




普通に煮られているんでしょうね。
だが人を煮るには鍋が浅いような。




また一人、鍋に放り込まれようとしているが、わざわざパンツに
手を入れる必要はあったのか。



釣り

地獄の魚…魚人釣り。亀さんもいるよ!


首とれた

リストラ?生きてるんだからいいじゃないか。
これが本物の首切りだぜ。

切られたほうも「こんなんなっちゃいましたー!!」な
アピールを忘れない。


木登り

トゲトゲが邪魔な木登り。
登った先には何が待ってるの?
なんでそんなに必死になって登るの?

あっ


出てる

普段何でも大雑把なくせに、こういうところは仕事が案外細かいタイ人。


後編へ続く。


JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】タイ | comments(4) |
まはヴぃーら (2011/07/03 10:34 PM)
色んな地獄がありますが、とげとげの木に登ってる地獄だけは意味を知ってます。
これは、色欲を絶てない人向けの地獄で、木の上に恋人だか愛人がいて手を振っているのでてっぺんまで登ってみると、いつのまにか地上に恋人だか愛人がいるのでまた下に降りる、を永遠に繰り返すという仕組みです。
とげとげの木は愛欲の苦しみの象徴なんですね。
ちび from hell (2011/07/03 10:46 PM)
だからポロリと…!w
じゃこの人達は永遠にこのトゲトゲを昇降し続けるのですね。
おお、哀れな…!
くる (2011/07/04 3:49 AM)
地獄っぽく見えないのは私だけ?

地獄絵ってもっと赤黒くて、なんとも苦しそうなんだけど、タイのはいちいち笑える気がするのは私だけ?
ちび from hell (2011/07/04 10:12 AM)
地獄にも国民性てもんがあるんだな。
死んでもタイ人はタイ人。
なんか死ぬならタイ人としての方が得だな。