Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】バンコク未踏の地を踏んで最終回《タイ・バンコク編》 | main | 【旅日記】台湾、田舎の台所事情に迫る《台湾・鳳林編》 >>
【旅日記】大豆選別記 in 有機農家《台湾・鳳林編》
電車の切符に「無座」とあるから自由席かと思いきや、


マジで立ち

全席指定のなのに席がない切符。

席無いなら、売り切れにした方が…でも乗れないよりマシなのか…。


台北から電車立ち乗りで3時間。

台湾東部の鳳林という村で有機農家ライフ経験してみました。

WWOOFで来てるんで寝泊り&飯はタダ。
その代わりに仕事をするんだが、今回のおおよその仕事は


お仕事

大豆の選別

超楽しい。
空想旅行、空想料理、空想会話、空想…やり放題。


トマト

選別する大豆がない時、一度だけトマト狩りやりました。30分


酔っ払いばあちゃん

一緒に仕事してるオバちゃん達は、あたしのことを「ムスメ!」と呼び、
片言の日本語でおおいに笑かしてくれる。
どっから覚えたのか下ネタも含めテンション最高潮。



「赤い水(酒)!!赤い水ないと大豆が見えない!!」

「頭カッチカチね〜。コンクリね〜。生コンね〜。」

「あの男チ◯ポでかいよ〜、キン◯マの毛ないけど」




ある人は赤い水を飲み、ある人は白い水を飲み、時にはビールで
朝も早よからアゲアゲの宴会状態。


どこの誰だかわからない人が気軽にやってきて、喋って飲んで帰っての
ひどく自由な雰囲気。


腕無し

この腕無いおっさん(と紹介された)、毎日来てひたすら中国語で
酒をすすめまくってきたが、一体どこの誰だったんだろう。

まーだいたいこんな風ですけどもね。
ここの人たちは楽しみながら、でもプライドもって仕事してる。
だからこんなどんちゃん騒ぎになっても仕事には手抜かりがない。

理想だね。


3日目の午後、台南からTim君という大学入学前の青年がやってきた。
これまで片言の中国語、オバちゃん達の片言の日本語のみで過ごして
きたので、英語ができる彼が来て色々ほんと助かった。
久しぶりに普通の会話をした気がする。


その日、Tim君に地元の若者と、なんか夜なのに山に行こうと誘われた。


エビ釣り

とりあえずライトと長靴装備で出かけてみると、エビ釣り。
夜になると生き物がわさわさ出てくるんだって。

10センチほどのエビをキャッチ&リリースするだけだが、
蟹もわさわさ出てきたり蛇に襲われたり、楽しかった。


帰り道、満点の星を見ながら、異国のド田舎で、知らない若者と
山を歩いてる状況がおかしくなって一人でニヤニヤした。

いくら綿密に計画を立てたとしても、人生も旅も、何が起きるか
わからないよね。

だから面白いんだよね。


次回は台湾家庭の台所をご紹介。


テザリングとかWi-Fiとか、台湾すすんでるな〜。


JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】台湾 | comments(0) |