Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 2001/03の日記 | main | 2001/04の日記 >>
藤子F展 in 新百合ヶ丘
最寄り駅新百合が丘で、大好きな藤子F展が開催されていた。
しかも川崎市がお金を出しているかなんかで、喜ばしいことに無料!
初期の作品(手塚治虫の絵にすごくそっくり!憧れてただけある)や、お仕事をしていた机、若く貧乏だった頃の支出メモ等、先生が遺したものの数々。
あったかそうな家族の様子も写真や、忙しいなか娘さんに作ったかわいいサンタポスト等から伝わって来た。
いろんな物を見て、先生の優しさを感じ、何か涙が出そうになった。
さすがあんなに無垢な子供マンガを描く人だ。

いつになっても楽しいお子さまギャグ漫画は彼の作品くらいではないか。
最近のアニメみたいに、さぶいギャグもない、この上ない純粋なギャグ。
ジャイアンが歌手デビューに向け、自分の写真の超でかいパネルを作らして置き場に困った話で笑い、のび太の事を本当に大切にしてくれたおばあちゃんの話で泣く。
のび太が泣きついてドラえもんが助ける、お決まりのパターンというのもあるにはあるが、毎回毎回飽きずに楽しめる、偉大なエンターテイメント。
ドラえもんで言葉も漢字も覚えたし、多少の道徳心も養われた。
元々空想家のあたしのアタマに、一つ、また一つと夢が植え付けられていった。
いわばあたしの教科書みたいなもんだ。
おかげでまだ習っていない漢字をよく知ってたもんだから、よく賞賛されたものだ。

あんなこといいな、できたらいいな。
藤本先生があったらいいなと思った道具、多数。
実際に現実化できるとしたら遠い未来のことだろうけど。
先生はマンガを描く事で夢は実現できたのかな?
本人が心から楽しんで描いているというマンガは、あたしにとっても本当に大切なものだった。

もう新しい作品は生まれない。
先生が亡くなった時、もちろんお葬式に駆け付け、遺影のまわりを囲む彼の描いたキャラクター、特に何故かウメ星デンカを見て大泣きした。
本当に悲しかった。
自分のじいちゃんが亡くなった時には涙ひとつ流さなかったくせに。

これからもずっと、藤子F先生の作品が読まれて、親しまれていけばいいなと思う。
あんなに素晴らしい作品を生み出してくれた彼には心から、感謝している。
何かまだまだ先生については語りたいことはあるけど、もういいや。
子供の時以来読んでいない人、今一度改めて読んでみて下さい。
結構笑えるし、オトナになってやっとわかる感動の話もあります。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 大雑把な日々の雑記 | comments(0) |