Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 純日本的企業で働く〜日本にいながらカルチャーギャップをエンジョイ〜 | main | 【旅日記?】バンコクよりもデリーよりも、西成。 >>
見知らぬ隣人、新生活がんばれよ
本日は、我が隣人をご紹介しよう。

推定年齢30代半ば。
目が細く、わかりやすく言うとよく交番に貼ってある
「この顔ピンときたら110番」系。


※画像はイメージです。


ロクにしゃべったこともないのに失礼極まりなくてすみません。

茶髪でテカテカのダウン着ちゃうような、いつまでたっても
大人のかっこ良さが出ないタイプである。

てかあいさつしかしたことないのに失礼極まりなくてすみません。

夏頃までは、週末ともなると少しヤンキーな風味の女が入り浸り、
完全に演技がかったフルボリュームの喘ぎ声
近所中に響き渡った。

「これAVだよね?」「素人にしちゃ演技慣れしすぎてるな」

と、窓全開で喘ぎ声を鑑賞しながら、あーだこーだ議論を交わしたのは
我が家だけではないであろう。


しかし糞暑かった夏の終わりとともに、彼の恋もはかなく去ってったらしく、
いつしか女の気配がなくなった。
かわりに自分を慰めるかのように、毎日ベースを弾くようになった。

「これでできる!はじめてのベース(仮)」とかの、曲に入る前の
「弦を押さえてみよう」くらいの章で例題として出されそうな程度の曲を弾き、
志村けん・Ver.老人みたいな情けない声でコーラスを入れる。

あんまりにも毎日やるもんだから、我々はすぐにでもセッションが
できるくらいに
耳コピさせられてしまった。

しかし不思議なことに毎日同じ時間に、しかも1回だけしか演らない
何かの儀式か?誰かへのアンセムなのか?
「毎日弾いてるアレだけど」と問う勇気もないので、一生謎のまま。


とび職らしく、毎朝6時過ぎにバターンと建物全体に響き渡る音をたてて
家を出ていき、

真夜中にドタンバタンと取っ組み合いの喧嘩をしたり、

玄関前に積まれてたきったない靴とか手袋とかの私物を大家さんに
片付けられちゃったり、

隣に新しく建った一軒家の前に、堂々と趣味の微妙なビッグスクーターを
しばしば停め、うちのトドマンがその家の人に「こいつが犯人か」みたいな目で
見られてみたり、

こういう流れになってくると、

なんか階段に定期的に変な血糊みたいのがつくという
謎の怪現象についても、こいつの仕業かと疑わずにはいられなくなってくる。


血糊


色々大人になりきれない彼だが、ばったり会うと、「こんにちは!」
元気に挨拶ができる。

とっぷり日が暮れていようと、こっちが「こんばんは!」と先に言おうと、
彼は元気に「こんにちは!」と言う。
「こんばんは」に何かトラウマでもあるのか。


そんな彼を「悪いやつではないんだが」と、上から目線で気にかけていたが、
どうやら今週末に成増に引っ越すらしいことがわかった。


もちろん本人から聞いたわけではなく、不要品引取り業者が彼の家から
でっかい家具やらなんやらを運び出しているところを、トドマンが
立ち聞きして仕入れた情報だ。


しかもやっぱりなんかダメな彼だから、今度は別の業者と電話で
「来週じゃない、今週荷物引き取りって言った」と揉め始め、
まだいた引取り業者を不安そうな面持ちにさせていた。

薄いドアのこちら側で、我々は「笑ってはいけないシリーズ」のごとく
笑いを噛み殺すこととなった。

そして、引越し業者がうまいこと手はずを整えたらしく
「ありがとうございます〜」と円満に解決したのち、女がやってきた。
あの演技力半端ない女かどうかはわからない。

「本当に何もないね〜」
「うん、掃除用具しかないよ」
「じゃ、これも積んじゃお」

と、電子レンジのようなものを抱えて、仲良く階段を降りてった。

あ、同棲?


バターンとか、ホエ〜とか、アンアンとか、何かっちゃうるさくて、
「もう引っ越せよ」と願ったのは数回どころじゃないが、
いざいなくなると思うとほんのちょっとだけ寂しい。

成増で、幸せになるんだぞ。
成増の枯れた団地の公園で、彼らが子供と一緒に遊ぶシーンを
勝手に想像してしんみりする。


公園
※画像はイメージです。


つか
もう、掃除用具しかないはずなのに、

さっきっから、窓ガンガンやって、30分に一度ドアバタンバタンやってドドドドドドってすごい勢いで階段登り下りして、
何やってんだようるせえな!!!!早く引っ越せよ!!!!


JUGEMテーマ:日記・一般


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 笑え!ネタ集 近所編 | comments(2) |
かじこ (2011/11/28 10:21 PM)
あー、あの手袋彼のだったのか。ふたんといっつも疑問に思ってた。
?氏の隣人ちびろっく (2011/11/28 11:20 PM)
人の手か!と一瞬ビビるあの分厚いやつね。
跡形もなく片付けられたよ。
悪いやつではないんだが。