Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 熊本の飛天、チェンマイへ飛ぶ | main | 【旅日記】ウッカリ身投げ必至!目指せ東尋坊の旅 vol.2《福井・東尋坊編》 >>
【旅日記】ウッカリ身投げ必至!目指せ東尋坊の旅 vol.1《石川・金沢編》
「鉄男さんと、鉄子さんですか?」

北陸本線で乗り合わせた人のよさげなおじさんは、荒れ狂った海が
見えるたびに写真を撮りに立ち上がり忙しい。

それなのになぜ山側の席に座ってるのだと不思議に思ってると、
唐突に冒頭の問いを投げかけられた。

回答としては、否、だが、鈍行列車のノンビリ旅の良さを
知ってしまった以上、今後そうなる可能性は否定できない。

青春18きっぷをもらったもので〜、と答えると、あ、ぼくもです、とのこと。

「せっかくの3連休なのに!」と奥さんにキーキー言われながらも、
なんとか家を出たというこんなおじさんでも使えるのに、青春18きっぷ。
いついつまでも青春気分でいいんだよ、と言われてるような、
安心感を覚えるこのネーミング、考えた人天才だね!


【ことのはじまり】
結婚祝いとして、近所の友達からいただいたピンクのラブリーな
包みをあけると、その包みからは誰も想像しえない、分厚い
列車時刻表が。更に時刻表をひらくと、なんと!

青春18きっぷがあらわれた!




...ということで、時刻表を眺めながら、様々な要素を考慮して企画された
青春旅行は

「年がら年中どんより天気で自殺者が多い北陸の、
身投げのメッカ東尋坊探訪」



ということで。行ってきました。12月の話なんだけどさ。




朝5時に高円寺駅を出発。
通勤・通学の人々にまじりながら、ボックスシートでちょろっと
かっくらいながらののんきな移動は、11時間という乗車時間も
マッタク苦にならない。

閉めても閉めても窓が開き、砂ぼこりと寒気に耐えたインドの列車とは、
同じ種類の乗り物とは全く思えない。先進国日本素晴らしい。




そして長野などで何度か乗り換えをし、無事、初の日本海を拝めたという
わけです。

思いっきりガン寝してた鉄男おじさんを富山で降ろし、
カラオケレーザーディスクさながらの高い波をボーと眺めてたら、




猥褻物陳列罪ギリギリのこの人に迎えられながら金沢に到着。


サマソニでもお世話になったアパホテルは、ひとり3000円弱と格安ながら、
こぎれいでサービスが良いのでお気に入り。今回はアパ社長が開発したという
レトルトカレー付きのプランで予約。


カレー

中国の食品のパッケージによくあるように、「わたしが作りましたよ!」
アピール全開。わかった、よくわかったから、でも、あんまり露出しない方g
(以下自粛)まだ食べてないのでお味のほどは不明です。




ひとりで21世紀美術館をサラっと見学した後は、
日本各地の居酒屋をテカテカの顔で巡って
常連さんにからむことを生業としている
カリスマ呑兵衛・吉田類氏
が訪れたというおでん屋さんから


板前

ハシゴ先ではひょうきんな板前さんが素晴らしい魚料理を提供してくれた。

そしてまったく奇遇にも、高円寺でDJやったことがあるという若者カップルと、
彼らが前回の旅で知り合ったというおじさんらとともに楽しく飲み、
金沢一だというクリスマスケーキまでいただいてもた。


客

恐らく日本一有名なバーのママの「であいとわかれのさかばよ」の
一言が、じわじわ実感できるようになってきたのは、ようやく大人に
なれたということなのだね。

果ては日本酒にまで手を染め、ビジネスホテルなのにまさかの
露天風呂で、常連関西おばちゃんの話を聞き流し、気分最高潮で
1日目終了。
長かったけど早かった。

JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】日本 | comments(0) |