Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< わが祖父・伊作から学ぶ、愉快に人生わたる術 | main | 【旅日記】ユカタン半島のペンギン村からチチェン・イツァへ《メキシコ・メリダ編》 >>
【旅日記】高級リゾート、カンクンにて激写したものは!
オラ!アミーゴ、セルベッサ・ポルファボール!

香港→渋谷でライブ→ロス (全て同日)という世界を股にかけるシンガー並みのスケジュールにて、辿り着きましたメキシコユカタン半島。

一応新婚旅行という名目にて、これまでのちびろっくには考えも及ばなかった、カリブ海リゾートにやってきた!

世界の一流ホテルチェーンが一通り立ち並びまくるリゾート、カンクン…ではなく、そこから1時間ほど南下したプラヤ・デル・カルメンという、もう少しラフな街に宿をとりました。




ビーチも近く、WiFiつきでまあ良い安宿で、シャワーをひねると

ンウェエエエエエエエエエエエンンングォングォングォンンギギギギギギウィーーーーーーーーーーーーーー

という轟音とともに、情けない水圧のぬるま湯が出てくること以外は特に問題はありません。でも、これで4000円はやはりカリブ海価格。タイなら1000円以下でいけるよな〜、なんて。やっぱり東南アジアは安い。




ここも、じゅーぶん青いんだけど、カンクンはもっと青いらしいし、世界的に有名なチョーイチリューリゾートが見てみたいのもあって、1時間ほどかけて出かけてみました。

カンクンのダウンタウンから、バス乗り継いでホテルゾーンへ。バーなんかで買ったら目ん玉飛び出る値段になるであろうから、コンビニでビール買ってビーチへ。




海の美しさは間違いない。たしかに青度は格段に上だ。

※手前に横たわってるのは人間です




しかし、こんな状況にリラックスできず、しかも案外寒くて泳ぐ気にもなれず、手持ち無沙汰でボケーとしていたら




なんだあのケツは!

中南米の女はケツが凄いとは常々耳にはしていたが、揃いも揃ってレベル高い。とゆことで文字通り、女のケツを追うことにしました。




どっかに消えて、また戻ってきた先程の3人組。見せつけるかのように、あたしの前でキャッキャとはしゃぎ始めた。このミッションがバレたのか!

世界でも名高い肥満大国のアメリカ人が多いこのカンクン、打ち上げられたセイウチみたいなのがゴロゴロしてる中、この3人は実に程良かった。




恐らくアメリカ女。女のグループで来てるのが結構多い。




中米っぽいのを至近距離で。まさか女に隠し撮りされてるとは思うまい!ケケケケケケ。




Perfect!

※このケツコレクションを、お土産にかえさせていただきますので、ご了承ください。




トイレ目的で寄った、近所のショッピングモールは、もうお昼時なのにシャッター閉まりまくりでこんなシュールなスペースも。




バスターミナル近くのローカル食堂で、きっとビーチサイドの5分の1ほどの値段のおいしいトルティーヤを食べてさっさとプラヤ・デル・カルメンに帰宅。「なんかどうも居心地が悪い」と、カンクン滞在わずか1時間ちょい、やはり安っぽい女なちびろっくでございました。


■お役立ち旅情報■

プラヤ・デル・カルメン→カンクン:
ADO社バスで45ペソ、約1時間 ちょくちょく出てる

ローカルタコス屋:各種トルティーヤ料理8ペソ〜15ペソくらい

ケツ:タダ

JUGEMテーマ:旅行

↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】メキシコ | comments(0) |