Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】ユカタン半島のペンギン村からチチェン・イツァへ《メキシコ・メリダ編》 | main | 【旅日記】青、青、に陶酔、赤、に死す《メキシコ・トゥルム編》 >>
【旅日記】砕けた心、イグアナの生き様に救われる《メキシコ・トゥルム編》
あー、寒い。
自分で旅日記書きながら、今現時点、この同じ地球上で半袖とか
水着とかトップレスとかで過ごせる場所があるということが
信じられないほど寒い。

しかしここ数年めったにない大雪in都心を免れたので、自分の
あそびにんレベル15並のうんのよさに感謝します。
レベル20になったら、賢者になれるなんて知らなかったなあて、
いやこっちの話です。


さて、我々はニコちゃん大王の街から、ビールの種類豊富な世界遺産
チチェン・イツァを経由して、また海沿いに戻って来ました。


向かったのは、かつて写真を見て一目惚れし、死ぬまでに必ず、否
死んでも必ず行くと誓った

青い海に遺跡という、前代未聞の悩殺コンビ、トゥルム!!




他人の写真でもうハァハァ。

遺跡に見下ろされる白砂ビーチ、紺碧の海で柄にも無くキャッキャしたい!

という夢が、こんなにも早く叶うものとは思いもよらず………
自由の国・日本に生まれて、私本当によかった。
来世とかはもうどうでもいいです。


翌朝、例のごとく遺跡オープンとほぼ同時に突入。
今日は雲が多いなー、風が強いなー、やだなやだなーと思ってたら


海が荒れすぎててビーチに降りられない。

死にたい。




日本では通常「突風」と呼ぶレベルの風が吹きっぱなしで、しまいには
麦わら帽子がはるか彼方にすっ飛ばされ、トドマンが追っかけるハメに。

まさに風の神殿。風が我々に「帰れ」とおっしゃっているのだ。
わたしたちは、風を鎮めるためのアイテムを入手しそびれてきたようだ。

荒れて藻がたまりまくったビーチをやり場のない気持ちで見下ろすと、
長らくそこにお住まいであろう野生イグアナ達が、あたしの砕けた
心の内も知らず、のんびり日向ぼっこ…。




しかし彼らのどこか崇高な姿を眺めていたら、また来りゃいいやとあっさり
諦めがついた。
念のため強風にはためく「今日はダメ」フラッグを今一度確認してから、
トゥルムの街に戻ることに。

こんな早い時間に出る観光客もいないらしく、出口が開いてないという
ハプニングも乗り越え、さて。


バスターミナルに行ってみると、コバ遺跡とグラン・セノーテへ行く
ジョイントチケットを見つけた。
グラン・セノーテというのも、徒歩で20時間かかると言われても行きたかった
場所で、まあしかし楽チンなバスという手段がありしかも今日行けるというので、
迷いなくチケット購入。

スペイン語しか話せないのに、なぜだかどうして言ってることが良く分かる
(気がした)おばちゃんの洗濯屋さんに我らの装備を預け、いつもの
ADOバスでまずはコバ遺跡へ。




チケットの写真やだなんか。


子供連れも爺爺婆婆も、多分大体のツアー客も、ほとんどこの遺跡群を
グッタリしながら徒歩で回ってたけど、カンカン照りのなか
大してすごいものもない中数キロも歩くとは、まあ皆さん
よくやりますなあと、我々はチャリンコを借りてサラっと見学。




チチェン・イツァにもあったけど、これは球技のゴールらしい。
「これ」というのはあなたが今ご覧になっている、その輪っかです。その。
ゴール入ったら天地がひっくり返るほどの大騒動になるんじゃないだろうか。


ボーとするのに適したところでもないので、早々に最後の難関に挑むことに。




でかい。そしてすごくあぶない。


ここを自分のバランス感覚と、必要とあらば綱一本でてっぺんまで登る。
登る気もない、というか物理的に登れない欧米の豚なツーリストが
見上げる中、登頂開始。大丈夫。
これまでも何度もちょいと気を抜けば死ねるところ行った。
50メートルのハシゴも登った。
東尋坊で突風にも煽られた(そのうち詳細アップ予定)。
だから大丈夫。




ヤバい怖いヤバい怖い。

いつも高いところには当たり前のように登るのだが、いつもケツから
ゾワゾワする何かを感じる。
これはもしや高所恐怖症なのか?と、33年目にしてやっと気づく。
しかしそんなことは今はどうでもいい。ものすごく怖い

しかし引き返すにしてももう遅いので、無い体力と無い気力をふりしぼり登頂。




いつも、登れば、登ってよかったとは思う。今回もしかり。

次回グラン・セノーテ&ケツビーチpart2、乞うご期待。


■お役立ち旅情報■

《バス》
チチェン・イツァ→トゥルム ADO140ペソ 14時半発3時間くらい
他、安いのも複数あり

トゥルム→コバ遺跡→グランセノーテ→トゥルム 
ADOでセット販売、190ペソくらい 10時半発18時戻り

《宿》
Hotel Maya メイン通り、ADOバスターミナルから1ブロック南下
ダブル300ペソ Wifi、頼りないホットシャワー付き

《町内交通》
街なかに泊まると、ビーチまでが遠いので、数日いるならチャリンコ
レンタルが便利。しかし現時点レンタルしてるのはイグアナバイクショップ
(1日:70ペソ、半日:50ペソ)といくつかのゲストハウスのみ、らしい。
街なかからビーチまではタクシーで50ペソくらい。徒歩たぶん1時間くらい。

JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】メキシコ | comments(0) |