Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】砕けた心、イグアナの生き様に救われる《メキシコ・トゥルム編》 | main | 【旅日記】ジャバ・ザ・リゾートのホーガンさん《メキシコ・コスメル島》 >>
【旅日記】青、青、に陶酔、赤、に死す《メキシコ・トゥルム編》
最近マンガでしか見ない、若者が老人の手を引いて信号を渡る図、
かの如く、トドマンに手を引かれながら無事下山。いや、下遺跡。

バスの時間までいつもどおりコロナで時間をつぶし、お次は本日の
ハイライト、グラン・セノーテへ。

※セノーテとは
ユカタン半島の低平な石灰岩地帯に見られる陥没穴に地下水が
溜まった天然の井戸、泉のこと。from Wiki


数十分のバス旅ののち、グラン・セノーテ到着。
100ペソ払って中に入ったところは、人の気配を全く感じないカフェを
擁した、金持ち民家の庭。




カフェの向こうには家畜小屋、セノーテへ続く小路の途中には
クジャクがつまった檻、そしてコンクリ造りの無機質な民家…。
セノーテ成金、か…。


セノーテの降り口から下を覗く。




水辺に設置されたデッキにダレる欧米人達。どこ行っても
やること一緒だな。ま、あたしもだけどさ。で、降りたら




なにこの青。


本当は寒いけど、長袖着てても差し支えないくらい寒いけど、
ここまできてこの青を見て、泳がずに帰れるもんかい!!

シュノーケルセットを1つ借り、デッキの端に場所を確保し、
さ、トドマン、お先にどうぞ!




明らかに凍えている。

しかし、水の中だろうが陸の上だろうが欧米人が寒がっているところを
見た覚えがない。
普段どれだけ外気温低い所で生活しているのか、皮膚が厚いのか知らんが、
生物学的な意味で人種の違いを感じるのはこういう時である。

とかもやもや考えてたら、「慣れれば平気」という心強い言葉とともに
トドマンが無事生還してきた。
その言葉を信じて入水!無理!がんばれ!ん!いける!




いくらかの葛藤を経て泳ぎだしてみると、目の前に広がるはかつてFFを
やりながら夢見たような世界!
しばしばプカプカ浮く巨大豚に阻まれながらも、ぐるぐる泳ぎまくり、
夢のセノーテを心ゆくまで満喫した。あー幸せ。




もちろん17時31分ピッタシに来る、わけもないんだから、30分に
しときゃいいのにと思う。


さて翌日は、のんびりしようということでスーパーでビールと食べ物買って、
タクシー運ちゃんに、わたしをきれいなビーチに連れてってとお願いした。

トゥルム遺跡からちょっとばかし南の、バーのあるところでおろしてもらったが
ここが!大当たり!驚くべきことにあのカンクンよりも青く、普通の形の
ツーリストがのんびりと楽しむ、まさに思い描いたような理想のビーチ!




若いファミリーや、ガネーシャの布を完璧に水平にビーチチェアに
広げようとする男性(後にビーガンレストランで見かける)など、
どちらかというと東南アジアのビーチにいそうな人種が多い。
トゥルムの街もそういえばそんな感じ。


さ、みなさんお待ちかねの。







続きはWEB…これがWEBか。アルバムで!



安いタコス屋もたくさんある…で、最後の夜に、地元の超人気タコス屋の
赤い暴君サルサ(ソース)にやられたトドマン。




おかげさまで、ロシェのアイスがとってもおいしかったよ。
お手頃&快適リゾート・トゥルム、3日間大満喫しました。

明日は、唐突に予約してしまった、コスメル島の……………ぐははははh!


JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】メキシコ | comments(0) |