Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】青、青、に陶酔、赤、に死す《メキシコ・トゥルム編》 | main | 熊本の飛天、チェンマイへ飛ぶ >>
【旅日記】ジャバ・ザ・リゾートのホーガンさん《メキシコ・コスメル島》
昨日、2月22日は、イギリスのザ・タイムズ紙に初めて尋ね人欄が登場した
極めて重要な日でした。
あなたの周りにもそういえば最近見ないなという人いませんか?尋ねましょう。

違うんだ、言わせてもらうが昨日はあたしの誕生日だったんだ。
Facebookやメール、はたまた電報でまで、たくさんのおめでとうを受け取りました。
この1年、無事に生きながらえたのも皆様の支えあってこそです。
今年もあたしの戯言満載のChibirock-blogをよろしくお願いします。

で、メキシコ最終章、はじめます。


バックパッカーズ・カリブ海、トゥルムの居心地のよい安宿でのんびりした。
楽しかった。それはそれは楽しかった。
しかし、ここはカリブ海。しかも名目上・新婚旅行。…たまには、いいか?

と、2人の思惑が合致したため、急遽、コスメル島のオールインクルーシブな
リゾートホテル
を予約してもうた!!!
カフェオレ飲みたいのに1ユーロ高いからってブラック注文するような
安い女なのにリゾートホテルなんてなんかごめんなさい!!!


コスメル島は、プラヤ・デル・カルメンから船で40分、四方八方を飲料水並の
透明度を誇る海に囲まれた、ダイビング天国。らしい。




ごちゃごちゃした船着場周辺ですらこの透明度。



予約したフィエスタ・アメリカーナは街からタクシーで20分。到底歩ける距離じゃ
ないが、オール・インクルーシブなわけだから出歩く必要もないのである。
あは!




これまでの(とても快適な)宿




今日からの宿




ああこれがリゾートなのね…(by ヘレン・ケラー)


あまりに飲み込み悪いがために、インストラクターに怒鳴られながらの
体験ダイビング、あたしには一生かかっても出せないテンションで
中南米各地のホットなダンスを見せてくれるショー等、それはそれらしく
大変楽しみました。


が。


やっぱりこんなところでも、ネタ的なものが気になるのはもう、しょうがない。
そういう生き物。あたしは。


今回フィーチャーしましたのは、


スター・ウォーズ生誕の地、
アメリカからやってきたジャバ・ザ・ハットなツーリスト達



です。


ここカンクンは、我々には遥か遠くとも、アメリカに住む人々には
お手軽なリゾート。
長時間飛行機のシートにギュウギュウに潰される心配もないので
ジャバ・ザ・ハットなツーリストも気軽に来れる。

ジャバ・ザ・ハットって?




詳細なプロフィールは気にしなくて結構。

これが案外エコノミーのシートにも収まるらしい。


もちろん、この、昼間っから酒のんで、好きなだけおいしい食べ物
食べて、飽きるまでゴロゴロするという究極の養豚リゾートにも
多くのジャバが集う。




メインディッシュそれで何回目?




椅子に一度座ったら立ち上がるのもままならず。




スリー・ピッグス。


さて最終日、マックのご当地メニュー、「アンガスバーガー」を
食すべく、コスメルの繁華街に繰り出した。

そこでも次々に現れるジャバ




平たく言おう。だらしない!




アメリカ人、歯の白さに命をかける前に、己の形がヒト、否、
霊長類の形であるかどうかを確認した方がいい。




酔っ払っててやってるならアホです。
酔っ払ってないんだったら天才です。


普段、ナショナリズムなど、恥ずかしいほど持ち合わせていないが、

わが国はこの人たち祖先にかつてボコボコにされたのかと思うと

なんだか

やるせなく

なる。


が、

なりふり構わず心底楽しむのは、心身ともにすごく宜しいことだと思う。
そしてこうしてネタ肥やしとなってくれているのですから。
もっとやれアメリカ人!




くつろぐアメリカ人。


その夜。
今日はTGIFriday(Thanks God It's Friday)のため、客の
ハジけ方が狂っていた。

最後の夕食後、件のホットなショーが終わり、バーでマターリ
していたところ、向こうのレストランで九州の成人式ばりの
大騒ぎを繰り広げていたグループが突進してきた。

「テキーラくれ!ショット!」とホーガン顔のおっさんがバーテンに迫ると、
「申し訳ございませんがお出しできません」と至極丁寧にお断り。
アメリカ人慣れした場所でもこれは度が過ぎていたようだ。


それを見たホーガンの連れが、

「フィーエスタ!ポーリシア!フィーエスタ!ポーリシア!」

「お前らは警察か!」と拳をあげて激しく抗議。

しかしそんな酔っ払いのたわ言で状況が変わるわけもなく、
しばらく無駄な抗議を続けていたホーガンチームだったが、
最終的にはホーガン自身が






「ビバ!!!メヒコ!!!」

と結局メキシコを称える形の捨て台詞とともに、
小躍りで消えていった。









( ゚д゚)ポカーン










このアックスボンバー並に強烈だったホーガン騒動は、メキシコでの
ラストナイトを、忘れたくても忘れられない一晩に彩ってくれた。

ありがとう。ホーガン。
ありがとう。メキシコ。

片道30時間かけてはるばるやってきましたが、あたしの思いも
ホーガンと同じです。

ビバ!!メヒコ!!!

次回は治安がマシになったら、往年のアメリカン・犯罪者のごとく、
ウイスキー片手に国境を越えて南下して来たいもんだね!


《おまけ》

さて、ご当地バーガー試食会であるが。

同じアメリカが生んだ世界で一番有名なレストラン、マクドナルドの
コスメル支店を3時間探しまくった挙句、道端のおじさんの
「そこにあったけどつぶれたよ」の一言で終了。

しかし、ロスの空港で運よくマックを見つけたので、日本では
聞いたことがない「南部風チキンバーガー」を注文した。

箱に書かれた「シンプル一番」の文字に不安をおぼえながら
バンズをのけると




ピクルス、パサパサチキン、以上。ソースも無し。

いろいろおろそかにしすぎ!!!!




JUGEMテーマ:旅行

↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】メキシコ | comments(3) |
まはヴぃーら (2012/02/24 1:08 AM)
ここだけの話ですが、一線を肥えた人達とは対極に、やたらと腹筋6パックを追求するアメリカ人もいます。「あんまり体脂肪減らすと長生きしないよ」とも突っ込めない勢いで割れた腹筋を求める彼ら、、、もはや人生の目標としている人、多数。その両極端ぶりにはなんだか涙が出てきますね。
ヒトチャン (2012/02/24 9:22 AM)
昔樫山が、メヒコ行った話しも
スイカみたいなおばはんに
放屁しながら、ちびまるこ!
というのが忘れられない。
ちびホーガン (2012/02/24 11:54 PM)
真ん中な人が少ないですよね。日本よりも、マッチョ体型もモデル体型も多いけど。なんなんでしょうね、この両極端ぶり…それとも日本人が平均的すぎるのか…

そのちびまるこ話、知らない!