Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】ウッカリ身投げ必至!目指せ東尋坊の旅 vol.2《福井・東尋坊編》 | main | 【旅日記】西成の道端で飲んでたらこんなことになった〜ビフォア・サンライズ 《大阪・西成編》 >>
【旅日記】再びサボテンと対峙、なぜか爆笑の家族旅行《静岡・伊東編》
ハーイエヴィバディ。
春が来ましたね。

サバサバしてオープンな外資っぽい環境の中、
バイリンガルらしからぬのんびり穏やかな方々に囲まれ、
とち狂った客に翻弄されることもなく、
ガンダムカフェ・戦国武将メイドカフェ(予定)でのランチを楽しみ、



つまりとっても楽しいOL生活をおくっております。


膨大な数字データと英文にまみれ、仕事はこれからガンガンヘビーに
なってまいりますが、環境が良ければ苦ではない。
まだ1ヶ月も経っておりませんけども、既にマイペースにやらせて
いただいております。
またもいい職場に恵まれ幸せです。
※何度も言うけどメイドの格好はしておりません。

幸先の良いそんな春ですけどもね、

まあ、また1ヶ月くらい前の話なんですけどもね、

パパ&ママ、弟、トドマン(旦那)と伊東へ家族旅行に行くことになりました。

伊東はちびろっく幼き頃、パパの会社の保養所があったのでしばしば
訪れていて、旅先でもやっぱり入り浸ったTVゲーム室や、
妖怪の如くグロい姿に恐れおののいたサボテン@シャボテン公園等、
思い出つまった場所。

WEB上では桜まつりとかなんとか盛り上がってるから、結構な混雑を
予想してたにもかかわらず、熱海から伊東への電車はなんかガラガラ。

車窓から見える椰子の木と、ふた昔前には最盛期を迎えていたであろう、
うら寂しく佇むリゾートホテルがなんでか旅情をかきたてる。


同じ電車に乗ってた秋山家と合流。
20数年経った今も皆元気で会えるのは幸せなことです。
喫茶店好きな一家なので、お茶でもしつつ宿に向かうことに。

我々のお気に入りであった、商店街入り口にあるパン屋さんは
変わらずそこにあった。
雑誌に載った記事が店頭に貼り出されるほど人気らしい。

が、安心したのはそこまでで、その先に続く商店街は先細り状態、
オンシーズンの土日にあるまじき通行人の数…。


商店街

かつて両親が愛した、喫茶店・茜やは残念ながら跡形もなかったが、
この流れを見れば納得。
むしろこの状態で開いてる店のほうがすげえ根性だよ!

さて、商店街としてまったく機能していないこの通りに、奇跡的に
光を灯していた喫茶店があったので、しばしおしゃべりした後、
すぐそばにある、予約した宿へ。


「こ、これだよね」




宿の看板がついているからかろうじて宿だとわかるが、
なかったら、うらぶれた民家。

中に入り、玄関から完全死角の位置にある受付を見つけるまでに
数分を要す。

予約した村上です、と白髪の美しいおばあちゃん女将に申し出ると、
とても歓迎してくれている様子だが、ひどいしゃがれ声でまったく何を
言ってるか聞き取れない。

日本なのに。

ご飯とお風呂の時間の二大要点のみ確認できたところで、部屋へ。

チーム村上とチーム秋山の二手に分かれ、きしむ階段を上る。
線香臭いおばあちゃんちみたいな匂いがする。
想像を絶する奥行きの長さで、チーム秋山、自室を見つけるまでに
しばらく彷徨うことに。


奥に長く長く続く廊下の途中に


中二階

むかしの下宿部屋のような階上の部屋が気になりすぎた弟が、勇気を
ふりしぼって開けてみたところ、従業員部屋のような風情だったとのこと。
からくり忍者屋敷か…。

古いのはいい。
古いのはいいとして、


ガムテ

見た目じゃない。
何事も見た目ではない。
大事なのは気持ちだ。気持ち。直そうという気持ち。




完璧な人間がいないように、完璧な建物だってないんだ。多分。

次から次へと発見されるツッコミどころに、家族ぐるみで抱腹絶倒。

そして夕食。

鯛の煮付けとか、お刺身とか、なかなか美味しくいただけ満足だったが、
こぢんまりとした我が分隊には




宴会場



あまりにも広すぎやしないか宴会場が。


一応説明しておくが、他の宿泊客がいるにはいるが、皆自室で
お食事をしていたため、二部屋にわたる我々のみがここで食べる
ことになったということなんだが、あまりにも。広大すぎて。

いくらなんでも両親との旅行もバックパッカー的な宿にするつもりは
毛頭なかったが、従業員の方々も親切で仕事は迅速丁寧だし、
何よりも腹抱えて笑えたということで、結果、正解。

ま、どおりでやたら安いなとは思ってたんだけどさ。



翌日。

かつてちびろっくをサボテン嫌いにさせた、シャボテン公園。
大人になって色々経験した今、きっと新しい気持ちでサボテンを見ることができる。
と信じての再訪。


サボ


サボ



やっぱり気持ち悪い。



だがここ伊豆シャボテン公園には、サボテンだけではなく動物園並に
いろんなものが住んでいる。


チンパン

大勢が見守る中で脱糞、そのままそれを食べ、究極のエコ精神を
見せつけてきたチンパンジー。


カンガ

多忙な毎日。仕事を終えて、ふと、このままでいいのだろうか、と
充実していたはずの生き方に疑問を感じることもある。
オーストラリアから来た人気者の意外な一面。


ラマ

ええと、なんというか…すごい残念です。


ぐったり

やる気も体力もガンゼロ。
かつてその特異な空気に危険を感じ、逃げるようにして脱出した
「那須どうぶつ王国」への旅を思い出し、寒気がする。


サボテンの印象が良くなることはなかったが、園内にただよう程よい
脱力感が意外とツボに入る。
シャボテン公園、ちびろっく的珍スポットの仲間入りおめでとう。

そういや桜まつりのタイミングに合わせて来たのに、桜見てない!と
気づいたのは帰りのバスの中…。
もう遅いかとあきらめかけたあたりで、バスは桜並木の坂道に突入。

「降車!」と分隊に声をかけ、すみやかにバスを降りると


桜

満開の桜。

最後に、みんなでお花見できてよかったね。


目新しい場所にも行かず、豪華なこともしなかったけど、
よく歩きよく食べよく笑い、愉快な2日間。
チーム秋山からも満足の声。よかったよかった。


シャレがわかる家族であれば、いっそのことこんな感じの
脱力な旅にすることをオススメします。キレられたら、





こういう顔して流しとけ。
JUGEMテーマ:旅行


↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】日本 | comments(3) |
くる (2012/05/01 12:29 AM)
いい家族旅行じゃないか。
こんなほのぼのした旅行記は珍しい。
ちびろく (2012/05/02 10:27 AM)
人によってはあの宿の状況でキレると思うのだが、
一緒になって笑える家族でよかったなと、変なところで
幸せだったよ。
さ、西成日記、書くか…
ヒトチャン (2012/05/02 12:39 PM)
英会話教室に通う母が
今年の夏は、野沢温泉ね!と
提案。欧米人がうようよしてる
噂を聞きつけたらしい。
親が元気なことが一番よいね。