Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】西成の道端で飲んでたらこんなことになった〜ビフォア・サンライズ 《大阪・西成編》 | main | ある夜の大騒動 >>
【旅日記】【長文】西成の道端で飲んでたらこんなことになった〜ビフォア・サンセット 《大阪・西成編》
あっちあっちあっち!

カーテンの無い窓から顔にサンサンと日光直撃!朝6時!

そんな不快な感じで、西成の1日、スタートで〜す。


前回までのあらすじ》
大阪の友人達との宴の後、赤線地帯・飛田新地へ。
呼び込みのばあさんに罵られながらも、そのシンプルな仕事っぷりに感動をおぼえたちびろっく。
道端で酩酊状態のおっちゃんと絡みつつ、おそらく日本最低レベルのシングルルームに投宿。
そして朝を迎えた…。



夜行バスでやってきたトドマンと、ヒデ君の友達と合流して西成名物、朝市へ向かう。

東南アジアの高速道路の下んとこみたいな風景の中、人々は
東南アジアよろしく暇そうにぶらつき、
東南アジアよろしく将棋かなんかに群がり、
東南アジアよろしくチャリの車輪をかついで歩いている。


そしてピークを過ぎてけだるさ満点の朝市では、

東南アジアでおなじみの違法コピーDVD、鉄でできた何か、


リモコ

バラ売りして使えるものなのか甚だ謎なリモコン

などである。

※バンコクの旅行記ではありません。日本です。


ヒデ君から聞いてひっくり返りそうになった商品が、



オバQレースカー 20000円






昭和生まれのあなたならお気づきかと思いますが、明らかに、




これと間違っています。

加えて、間違いなくネットで商売なんかしてないくせに、現物を置かずして20000円という高値をつける売り方が前衛的すぎたのか、それ以降その店(というかつっ立ったオッサン)を見た者はいない。多分。


さ、酒盛りの時間です。
そう、消防署前の道端。


道ばた

疲弊しきって、歩行速度カタツムリ級のおじさんたちを見ていると、その昔ここで火炎瓶が飛び交ったとは想像もできない。
道行く人の大半は、野球帽をかぶりチャリに乗り、片手にチューハイ。
これが西成のスタンダード。立派な「モード」である。


飲み始めて早々に、会話に差し支えある程度に酔ったオッサンが一人、座り込む。
O崎と名乗る彼は、まず朝ごはんに買った豚足が食いたくないとのことで、我々に恵んでくれた。


豚足

買わなければよかったのでは?という愚問は胸に秘める。ここは西成。

しまいにはなぜかしわくちゃの1000円札をヒデ君に握らせて、酒を買ってくるように言ったと思いきや、戻る前に立ち去ろうとする。待てO崎!脊髄にボルト2本入ってるO崎、ちょっと楽しく会話したってだけで、豚足と1000円は受け取れないよ!

ギリギリで引き止めて、頼まれた安酒は無事に渡すことができた。


O崎と入れ替わりに、今度はパンチョ伊東みたいな顔したM岡さんからお声がかかる。

「ツイッターを始めてみたが、投稿しても返信が来ないのでやり方を知りたい」とのお悩み。
それは自身のポテンシャルの問題かという気もするが了承すると、じゃスマホ持ってくるから、と、M岡さんは一旦去った。

M岡さんと入れ替わりに、昨夜ちびろっくの爽健美茶を(断ってから)飲み干したイワちゃんがやって来た。
なぜかチャリのカゴにはまっちゃんが買ったばっかりの野球帽が…。
「それ、まっちゃんのでしょ」とツッコむと「もらった」

まっちゃん、なんで買ったんだよ…となんかさっきもこんな気持ちになったような気がするのは、そんな気がするだけであろう。

昨夜から一睡もしていないという。
ちゃんと寝ないとだめだよと気遣う声が上がると、

「意地だ」

夜通し飲みっぱなしでフラフラして、張る意地が一体どこにある。

イワちゃんはちびろっくの「メール番号」がほしいと言うので、使われず化石となっているアドレスを紙に書いて差し出した。
すると

「何だこりゃ」

お前がほしいと言ったんだろうが!!!!



そうこうしてたらM岡さんカムバック。なぜだかオレンジ色のアロハシャツ×骸骨ミッキーの短パンという、奇抜極まりないコーディネートで再登場。
彼は酒で相当やっちまった過去があるらしく、今は全くのシラフというから驚く。
シラフでこの街に住めるのは、オレンジのアロハに骸骨ミッキーを合わせる大胆さがなければいけない。


スマホ

Twitter状況を見ると、フォローしてるのは4人(しかもBot)、めったにつぶやかない。
たまにつぶやいてると思いきや、パセリBotに向かって「パセリなめんな!」と喧嘩を売っている。
パセリのその筋に向かってなめんなとは、さすが西成の人は違う。

Twitterの基本概念から、トドマンがわかりやすく説明する。
さすがコールセンター勤務。

M岡さんがTwitterで一体何がやりたいのかは、多分本人も含めてサッパリわからないが、M岡さんは一応すっきりしたらしい。
お礼にと、何とスーパードライと焼き鳥(しかも激安スーパー玉出ではなく定価のローソンの!)を我々全員に差し入れしてくれた!
発泡酒と缶チューハイが主流のこの街で、定価でビールを買うだなんてコンビニの人も驚いたのではなかろうか?とにかく心底ありがたくいただいた。


M岡さんと入れ替わりに、「100円くれ。チューハイ買うから」と、正直者の権化みたいのが割り込んできた。

「金はやれないけど酒なら」と1缶渡す。
おとなしく座り込み、「宝くじがあたったら、あんたら全員に、100万ずつすみやかに、あげます」と甚だ適当なホラを吹く。
その前にチューハイじゃなくて宝くじを買えよ。

なんとなく目の端では見えてはいたものの、そこのパチンコ屋前の定位置にて何度も立ちションをするおっさんがいる。縄張りか!
あえてヒデ君がそこでしてみる。
エベレスト前でも、バンコクの橋のたもとでも、この後姿を見たなあと思い出にひたる。

立ちション

トイレにするにはオープンすぎると思う。


宝くじのおっさんと入れ替わりに、今度は比較的身なりの良いおっさんが座る。
元不動産屋で、曰く「国立大学出で、周りがうらやむような理想的な家庭を博打で失った」とのこと。
今日は1年ぶりに掃除をしたそうで、だからか、外部の人間と見まごうような清潔感は。




「何歳に見えるか!」という、回答にすこぶる気を使う問いに「53歳」と回答したヒデ君が、発泡酒(500ml)を獲得。
その後も、74歳の女と一晩4回やって、「この人は一晩に4回やれる証明書」を書いてくれると言われたが、それに10万かかるとか何とか気持ちよさそうに話している。
あんたより74歳のお相手が凄い。

そこに、電話置く台をかついだおっさんが通りかかかる。
「それどっから持ってきたの?」の問いは無視して、「これは松坂慶子が使っていたやつで…」と20代にはわかりづらい嘘をつく。
立て付けが悪く閉じ切らない扉の中から多種多様な物が出てくる。
パックもビニールもまとわない生まれたままの姿ののり巻きが出てきた時には、その衛生観念の差にトドマンショック。




巨大なそろばんを地べたにガーとすべらせて、「このそろばんはそろばんとしての機能の他に移動手段として」などと多機能性を滔々と講釈するがどっからどう見ても至って普通のそろばんである。


その時。
左に転落エリート、右にガラクタ収集家を従えた宴は、通りすがりのおっさんが投げつけてきた10円玉2枚によって中断された。


「何何何何今の何????????」

おっさんは怒ってもなければ笑ってもおらず、それどころかこちらをチラリとも見ずに20円を喰らわせると、そのまま去っていった。
この1日で不測の事態には相当慣れたつもりだったが、この奇襲攻撃には一同騒然。
「銭投げ」ってゲームとかではやったことあるけども、まさか実生活で喰らうとは、ちびろっく夢にも見ていませんでした。


この息つく間もなく襲い掛かってくる数々のイベントに、対応しきれないが、とにかく、誰かが言ったように、「考えるな、感じろ」を徹底するしかない。脳みそが処理しきれなくて病気になる。


すでにUSJ10回分の充実感を味わったのに(行ったことはない)、午後から公園でプロレス観れるとのこと。
玉出で買ったと思われる、100円惣菜をそこらにとっ散らかして寝そべる酔っ払いらとともに、前代未聞のチープさ全開の試合を楽しむ。


プロレス

見てる人も変なら出てる人も変。

ま、酔っ払ってたし、色々とデタラメすぎてよく覚えてもないが、西成散歩のラストを飾るのには十分な下らなさだった。


あのインドを上回る空前の面白さで、我々の腹筋をぶっ壊してくれた西成、ありがとう。
同伴してくれたヒデ君たち、ありがとう。
そしてよそものに、気さくに話しかけてくれた酔っ払いたちおっさんたち、ありがとう。

(だいぶ)色々背負いながらも、義理に厚く、テキトーに、そして大体考えずに感じながら、その日暮らしをがんばっている気さくなおっさんたちをみたら、全く生気を感じられなかったあの街と、日本で唯一暴動が起きたあの街のイメージが全く覆りました。
また、時々、遊びに行かせて、もらえたら、嬉しいです。

※この後も引き続き、ぶらついてたヒデ君達は、「ぶっ殺すぞ!!」と怒鳴られたとのことなので、行く人はそれなりのリスクを覚悟して頂戴ね!


Twitterのやり方を伝授したM岡さん、その後、絶対ライブとか行ってないのに「レディガガなう」とつぶやいていた。
残念だが、今後も返信はこなそうである。




↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】日本 | comments(0) |