Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< ある夜の大騒動 | main | ザ・雑ガール・ネクスト・ドア >>
エンジョイ・アキバ!ちびろっくのメイドカフェ潜入記 Vol.1
オタ特区・秋葉原でのOL生活も半年をむかえました。

派遣元の人がちょくちょく様子見に来てくれるのだけど、彼女曰く、上司はわたしの、溶け込みっぷりの早さを非常に高く評価してくれているとのこと。ありがたいですね。
(仕事の出来具合については特に言及されず)

ママ、その昔、どこの馬の骨か知らんガキどもに囲まれる幼稚園なんか行きたくない、と毎朝泣きわめいていたわたしは、今では本部長にタメ口きくほどまでにたくましくなったよ!


せっかく毎日通ってるんだから、楽しんじゃうぞ!つことで、仲良くなった社員さんや近所の友達を巻き込んで、各種秋葉っぽい店に突入しています。つことで、せっかく突入しているので、ここにご紹介します。


欧風ギルドレストラン グランヴァニア

マニアック度:★
食べ物:★★★

香港北部の電気街みたいなとこの上に、がっぷりと店を構えるここは、メイド喫茶というよりは名前からもうかがえるとおり、ドラクエの酒場みたいな雰囲気。

通貨が円ではなくG(ゴールド)だったり、ウェイトレスはそこそこメイド喫茶風だったり、時々変なキャラのぬいぐるみが目に入ったりもするが、そんな中途半端さがいい意味でマニアックさ半減。
初心者でもファミレスくらいの心持ちで入店できる。

結構な数の世界のビールを取り揃えているので、夜の部もお楽しみいただけそうです。




画力は別として、ちゃんと絵も描いてくれます。
厨房でシェフがオムライスの形を丁寧に整えていたのが見えたし、味もよかった。
ちゃんとご飯を食べられるところという認識でよいかと思われます。

ひとりのメイドちゃんに、「なんでここで働いてんの?」と素朴な疑問をぶつけてみたところ、

「家が近くて時給が高いから」

ノリがキャバ嬢じゃねえか!!


おもちゃメイドCafe&Barチャチャチャ

マニアック度:★★★★
食べ物:バカ野郎!

ここはおもちゃの国なんだから、全てがおもちゃです。
店内のそこかしこに置かれたくまちゃんや魔法使い専用ステッキはもちろん、われわれが、ウェイトレスと思っている女の子も、ビールも、から揚げも、全ておもちゃです。

ウェイトレスたちは約50年前にクラーク博士に作られ、おもちゃと人間との友好関係を築くために人間界に派遣されているとのこと。そして彼女らはおもちゃだから名前は無く、それぞれ番号が振られている、そう、人造人間16号17号のように。

おもちゃの国のおもちゃは大事に扱ってください、走り回らないでください(走り回るスペースは無い)など、入店…否、入国に際する注意を一通り受け、テーブルへ。




適当なおもちゃ(遊ぶもの)をあてがわれながら注文。
食べ物一人一点マストで、+飲み物(もちろんビール)。これらももれなくおもちゃです。

おもちゃ(ビール)を飲む前に、「おもちゃ(ビール)がおいしくなるように」おもちゃのチャチャチャを歌わされます。
おもちゃ(ビール)を飲む前のひっくいテンションではなかなか厳しいけど、この国の掟なので素直に従いましょう。
その間に泡が消えるとかそういう大人びたことは言わない。ここはおもちゃの国。




おもちゃ(食べ物)については、まずい以外の形容詞が見つからない。
これでひとり一品オーダーしろと言うのだから、これは国のトップの暴挙である。誰か、クーデター起こして。

まあしょうがないので、おもちゃ(メイド)が持ってくるおもちゃ(遊ぶもの)で遊ぶなり、おもちゃ(メイド)に、この国についてどこまで周知がなされてるのか質問攻めにしてみたり、この国なりの楽しみ方で楽しみましょう。

ただし制限時間は1時間。これ以上居座ると更に入国料が加算されます。

入国料が高い分、人数分、おもちゃ(メイド)とチェキ撮れてメッセージも書いてもらえます。
一緒に行ったとおるくんの写真には、「まことご主人様」と書かれている。




とおる君と2人で行ったつもりだったが、20号にはまこと君の姿が見えていたのだろうか。
まこと君の姿が見えないほどに、我々は汚れちまったのかなあ……んな訳ねえだろ!名前聞いてものの1分で忘れた20号、ちょっとメンテが必要かもしれない。


ああ、高かったけど、なんかすごい体験したね。と、出国しようとすると、「お待ちください〜」と20号の声。




お土産に、とメッセージ入りのヒヨコをくれました。ぱっちわーくはーとって。要はツギハギじゃねえか。

外に出ると、上の階の、某メジャーメイド喫茶のメイドが「すんげうざくねー?あの客!」と店の前で悪態ついていた。ああ、高かった(ビール2杯、下らないつまみ2品で4500円)けど、ここにして良かったよね、と、心から思ったのでした。




結局のところ、20号に名前がつけられたらしい。おめでとう。


Vol.2に続く。
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 大雑把な日々の雑記 | comments(0) |