Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< エンジョイ・アキバ!ちびろっくのメイドカフェ潜入記 Vol.1 | main | 【旅日記】やっぱりタイはずっとタイ >>
ザ・雑ガール・ネクスト・ドア
うちの北隣、日の当たらない部屋の男が、成増へと巣立ってから数ヶ月。
その部屋の後継者はいっこうに現れない。

このアパートには3世帯しか入らないので、残るは西隣に住む若い女だけである。
今日はこの若い女の話をする。

この女、一言で、否、一文字で片付けると、雑。
ドアや窓の開け閉めも、水を出すのも、タバコに火をつけた後にライター置くのも、何やるにもドタバタガタガタ雑も雑。なぜそこまで知ってるかとい言うと、嫌でも全部筒抜けで聞こえるからである。遊びに来た女友達が、「部屋、汚っ!!」と思わず上げた声も筒抜けである。

雑だけど、時々男が訪れることがある。いっしょにタバコを吸ってる時の会話も筒抜けだから、とっても楽しくお付き合いしていた、ということもよく知っている。

過去形。

あれはちょうど、よりによってトドマンがバンコク・カンボジアの旅に出ていた時のこと。いつもどおり、1時すぎたあたりでさて、寝るかとなった頃。どこからかほんのりと、女の声が聞こえてくる…あえぎ声か??と、集中すると…………………残念ながら泣き声だ。ひとまず寝るのは延期、ご静聴することに。

ご静聴しはじめたのを知ったかのように、突然声のボリュームが上がった。
昭和のマンガじゃあるまいし、女は「ウワーン」と元気なもんだ。時々男がボソボソと言葉を発するたびに、女は

「ウワーン」「何でダメなのよーー!!」

の2パターンで返す。ATMの自動音声のほうがよほどレパートリーが多い。

男の言葉が聞き取れないので、どうもつれているのかは知らないが、この非建設的な女の返答パターンから、破滅への一途を辿っていることは確実である。ほんとの話、1時間近く、女は「ウワーン」「何でダメなのよーー!!」の2フレーズのみをひたすら叫び続けた。

飽きた。

ご近所じゅうに響き渡るこのリアルドラマが、サスペンスな方向に向かわないことを願いながら、イヤホンで安らかなMusetteのピアノを聴きながら就寝。


翌日。あのミッドナイト・ヒステリーが夢だったかのように、静かな朝だった。
あたしは普段どおりに会社に行き、特に予定もなかったのでまっすぐ帰った。パトカーと人だかりと黄色いテープの光景を、ちょびっと想像したりしなかったりだが、結局想像だけで終わった。

窓を開けると、隣の女の声が聞こえる。奴はいつもどおりタバコを吸いながら、たぶん女友達と電話で昨夜の話をしている。完全に吹っ切れたいい女口調。

「うん、わたし自身も、もうちょっと歩み寄らなきゃいけない部分もあったと思う。でも、結局は、このままのわたしを受け止めてくれるキャパが、彼に無かったってことかな。











ドカベンとでも付き合ってろよ!!!!





その後、他の男とはしゃぐ声が2,3回聞こえてきたが、そういえば、ここしばらくはあの雑そうな物音しかしなくなった。また、そのままのわたしを受け止めてもらえなかったのだろう。


そのうち、女の玄関先にこんなバケツが置かれた。




なんて下品な色…。

ゴミ入れかなんかだろうと思っていたが、ある日トドマンと帰宅すると、




風呂上りのほてったバアさんがそのバケツに腰掛けてタバコをふかしている。




予想だにするわけもない状況に、全身全霊で笑いをかみ殺し、冷静を装って「こんばんは」とバアさんに挨拶し、足早に部屋に逃げ込む。爆笑。

「何????何今の!!!!」

あんなもん、銭湯の脱衣所でしか見たことないわ!
東京メトロに乗ったことがあればご存知であろうあのフレーズを、声高に今、叫ぼう!


「家でやろう」


しかしこの婆さん、いろいろ統括して考えてみると、恐ろしいことにここのオーナーであるらしい。風呂上りのほてった姿をさらけ出してもオッケーな関係ということは、この住人の女は娘か親戚かなんかか。いずれにせよ、なんかこの女、全然苦労してなそう……だが、別にうらやましくないのはなぜだ。

しばらく、アジア人もびっくりの、極限まで安っぽいプラスチックの灰皿が置かれていたが、いつしかそれも取り除かれしまいには




まだ若いのに、いろいろ投げやりすぎじゃなかろうか。そんな、まだ若いのに結構終わってる女の隣の部屋から、我々、このたびめでたく脱出いたしました。

明るい!
外みたいに寒くない!
隣からドカドカ聞こえない!
隣からわめき声聞こえない!
階段に血糊とかついてない!

あたしはもうそばで見守ってあげられないけど、いずれ、新しいパートナーが見つかった時には、ちゃんと建設的な話し合いをもっていい関係が築けることを願ってるよ、隣の雑な女!

P.S. とりあえずツナ缶はドン引きされるから、せめてサバ缶にした方がいいよ!


JUGEMテーマ:日記・一般
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 笑え!ネタ集 近所編 | comments(0) |