Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】やっぱりタイはずっとタイ | main | 【旅日記】川沿いリバーサイド、チェンカーンに到着 >>
【旅日記】パッタイに奔走


ここはチェンマイ市内。ツーリスト向けの店が連なる大通りからのびる、小道の入り口。

前回来た時に、やけに気になったこの一言看板。

見たとおりパッタイ(タイ風焼きそば)の店があるんだろうが、そう見せかけて実はパッタイという名前のバーとかなんじゃないか、とか、性格がひねてるとそういうことを考えるのです。

昼時だし、もしそれがパッタイならば、開いているに違いない。
よし、今度こそ。


この小道は完全にローカルで、目につくのは給水塔、北タイ様式のお屋敷。
進んで行くと、店のような建物が…




やってない…

何せ、友達のあき姉と夕方の待ち合わせまであと6時間、何もやることがないのだから、と、再度チャレンジすることに。
まだ12時まえだからだ、早すぎたのだきっと。

と、この先にあるワロロット市場に潜入。前と同じように、店員が多すぎて身動き取れなくなってる乾物屋を確認。健在。人混みにくじけて早々に脱出。
あの田んぼの翌日にこの人の多さはめまいがする。

徒歩と同じくらいの超スローでパッタイに戻る。こんだけ猶予やったんだから開いてろよー。開いてろよー。




やってない…

またも謎、次回持ち越し。


何度も言うけどすごく暇だから、歩くと同じ早さで思うがままにチャリをこぐ。

初めてチェンマイ来た時に行ったカオソイ(カレー麺)の店の確認をする。相変わらず人気。

前回、Wi-Fi目当てにサンドイッチ注文したら、3日分の朝食みたいな量が出てきたカフェを確認。健在。

はっ!
一体何しに来てんだ。

どうしてか、この街には好奇心を抱けない。
観光どころか生きる気力があるのか怪しい、街を彷徨う外国人オヤジの姿と自分がシンクロした今。

こりゃいかん危ない!!

仕方ない飯でも食おう。

一応英語メニューもあるが、外国人があえてこの店を選ぶとは到底思えない安食堂になんとなく入ってみた。

そしてパッタイを注文。
近所に警察があるのか、ひとりの警官が新聞を読みながらのんびりと飯を食っている。

程なくして出てきたパッタイは、特徴もない細麺のやつだった。
お砂糖〜とおばちゃん呼ぼうとしたタイミングでタイ料理におなじみの調味料4種を持って来てくれた。

チリかけて、さて、砂糖、とプラスチックの蓋を開けるとそれは




アリ天国。



この写真じゃ迫力不足だが、開けた瞬間は砂糖が見えない程にアリでカバーされていたのである。

でも、かけました。

だって、知ってる?
タイ人が言うには、タイ料理ってのは、甘いも辛いも酸っぱいも、全部が際立ってるから美味しいんだって。

甘いがぬけちゃ、タイ的に美味しくないんだから、ここはかけないと。

つか、あまりの盛大なアリっぷりにようやく楽しくなってきて、もうどうでもいいやってことで、まあ、かけたよね。
その後なんか身体のそこかしこ、ムズムズするような気がしたけど、今も気のせいだとスルーし続けてる。

お腹の弱い皆は、決して試さないようにね!(インドでブクブク太ったちびろっくは全く問題ありません)


夜は友達のあき姉と、その職場の人達に、まさかの雲南料理屋に連れて行ってもらった。
清潔なお店で、雲南では見かけなかった美味しい雲南料理をいただきまして、なんかよくわからないけど、味覚的にも気持ち的にもチャラになった気がした、ので、良し!

でもなんかまだムズムズする!
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】タイ | comments(0) |