Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】サラッとぶらり途中下車《ドーハ・カタール編》 | main | 【旅日記】パレスチナのおはなしとエルサレムのいちにち《エルサレム・イスラエル編》 >>
【旅日記】突破難易度世界最高!恐怖のイスラエル国境《アレンビー橋・イスラエル編》
〜前回までのあらすじ〜

 ヨルダンへの道中、最初の難関、ドーハでの8時間トランジット。
 なんとなく入国できたので、治安良く親切な人が多い、
 非常につまらない土地での散歩を、4時間満喫した。




アンマンに到着し、空港が意外とかっこ良くて驚く。
誰か英雄が帰還したらしく、空港の入り口で胴上げ&神輿担ぎの楽しそうな目に合っていた。

今回唯一予約した宿、アラブタワーホテルはごちゃごちゃしてて楽しげな所にあったものの、ATMが見つからない!!

明日の早朝にはイスラエル国境をまたぐのだから、今日のうちになんとかせな!!と、散策を楽しむどころの騒ぎではなく、人に道を聞きまくりながら駆けずり回る羽目に!!

なんとか数少ないATMをひとつ見つけ、金を手に入れたらビールがどうしても飲みたくなった。が、ここはヨルダン、そう簡単には…と思ったら、おみやげ屋の兄さんを介してお喋りに至った在住の日本青年が、「これから同期の人たちと飲みに行くから一緒にどうです」と有り難いお言葉!

坂を登り細い路地を曲がり、ある程度人で埋まってるものの、イスラム圏らしくどこか後ろめたさのある安居酒屋へ。
音楽は好きなのに、リズムや音程の基礎が全くなってないヨルダン人に、「ン、パ、ン、のカスタネットレクチャーから教えるお仕事をしているという若者たち。



※手前はヨルダン国王

願ったりかなったりのビールとともに、アラブ生活の与太話を聞かせてもらい、しまいには近所の市場まで案内してもらった。連絡先も聞かず別れたお三方、仲間にいれてくれてありがとうございました。おれ、無事に旅、終えました。


しかも、アラブタワーホテルは、なぜだか3つのベッドとトイレが2つあるでかいだけのスイートをあてがってくれた(これで22JOD)!




なんだか幸先が良い。ヨルダンいい国。明日出るけど。
そう、良い気分でも明日の試練への準備は怠ってはいられない。

常に四面楚歌状態(後に説明)のイスラエルの入国審査は半端ない厳しさで、ひとつ選択を間違えれば別室での訳のわからない数時間拘束もありうるのである!

特に今回は旅行期間が2週間と短いうえに、明日は金曜日でユダヤ教の安息日にかかるため、イスラエル国内の様々なものが夕方にはストップする。ヘタしたらテルアビブ行きのバスが無くなってしまうかもしれない。安息日など関係のないちびろっくにとってはそんなもの「ぐうたら感謝の日」と同等である。

延々と浴びせかけられる質問には淀みなく答え、疑わしい物を持たず、係員にこれっぽちの疑惑の念を抱かせないよう最善を尽くす覚悟で挑む。
(どんなに恐れられているかは、「イスラエル 入国」とかでググってね (^O^))

荷物検査が容易にすすむよう、リュックのポケットは空にし、宿泊予定とするホテルの名前を覚え、持ってる書類についての説明を考え、翌朝タクシー(25JOD、3,600円くらい)でアレンビー橋国境へ。

なんせ国境ですら、ぐうたら感謝の日ってんで通常20時までやってるところ、さっさと13時には閉まるとのことだから、早めにこしたことはないつうことで朝7時に着いてみたものの、




誰もいない。
行列ができるとかいう話を聞いていたから早く来たのに、ムサンバニさんさながらの競争相手のいない一番乗りじゃないか。

こんなことなら途中でコーヒーのひとつでも買ってくればよかたよ…。と、石を蹴りスネはじめたところに、一人の青年係員が近づいてきた。審査室のカギを開けながら、

「アラビア語話せる?」

「い、いや、話せないけど、英語話せる?」

「話せない!」

この人が、世界各地からの人間が行き交うこの国境で働くことになった経緯を知りたい。一生解明されない謎を抱きつつ、招かれるまま中のベンチに腰を下ろす。

「トイレ」と脇のドアを指差す。言われてみればしばらく行ってなかったなと思い、洋式の方に入ろうとすると、「 ノン!」と横の和式に行けという。壊れてるのか…と移動すると、和式便器にはギッシリとウンコが詰まっている。え、嫌がらせ?

何も見なかったことにして用を足し、外に出ると彼はダラっとベンチに腰掛けている。隣に来いと言う。こいつはエロい奴だな、まあでも部屋のドアは開いてるし人影もちらほら出てきたし大丈夫だろう、と警戒しつつ隣へ。この機械すごいだろ、と、荷物スキャン用の機械を自慢する。ずいぶんと年季の入ったアレですなあ……。普段あまりじろじろ見ることもないので一応写真に撮る。




しばらくの沈黙の後、アラビア語で何かを聞いてくる。何度もアラビア語で聞くのだが何度聞かれたって分かるわけがないことに早く気づかないかと呆れた頃、自分の髪の毛を引っ張る仕草をしてみせた。その後に、腕の毛、足の毛を引っ張る。で、こちらを指さし、「?」という表情。※3回繰り返し

アラビアンジェスチャー全然分からない。

分からなすぎて驚いていると、大して気にも留めない様子で次は「あっちの部屋で写真を一緒に撮ろう」と言い出す。

なんであっちの部屋に行かなければいけない?と引き続き訝しがりながら、こいつを撮れるならネタになる、とついていく。まずは肩を組みセルフィー1枚。次は奴が後ろにまわり縦のセルフィー1枚。調子に乗って、脇から持ち上げられそうになったのでそれは止めろと断固阻止。

素直に諦めた奴は、2枚をニコニコしながら眺めると、間髪入れず「すぐ消して」

はあ????

全く英語を喋らないこいつが、「デリート」と言ったことに一瞬気付かなかったが、ギャグではなく本気らしいので、言われたとおりに消す。奴が今まで見せなかった慎重さで、消したか確かめたいというので画面を触らせると、昨日市場で撮ったお菓子の写真を見て、「ムキャー!」と発狂。大丈夫かこの人…?

結局のところちょっと身体にさわれたらラッキーくらいの目的だったと思われる。インド人の痴漢よりはかわいいものだ。が、国境ってこんなにのどかでいいのか?



※左側が件の奴

しばらくすると、他の越境者もやってきて、荷物のスキャンが始まり、奴の身勝手な振る舞いから開放された。おとなしくベンチに座ったまま待つ。また奴が来て、今度は紙切れにパスポート番号と名前を書けという。初めての真面目な手続きの指示に素直に従う。人が増えてきたので、それらしい窓口の最前線に陣取る。

毎日の仕事なんだから、もっと双方分かりやすくスムーズに事が運ぶよう、ワークフローでも作ったら皆ラクになるのに、と思うのは日本人の特異な考えである。我々はクレイジージャパニーズ、世界から見れば我々が特異なのである。

しかしだね。

列もつくらせず、何をしたらいいのかも告げず、突然窓口を開け、パスポートを出す人間に「まず紙に書け」と突き返し、どこに紙があるんだと聞き返されてようやく紙を出し、紙とパスポートを出したらなんとなくパスポートがどっか行って、で、次はどこに?と聞くと窓口の前で待てと言われて待つ人と、また次はどこに?と聞く人でぎゅうぎゅうになり…

やっぱりバカじゃないかと思うよね。




ここは正式な国境ではないため、ヨルダンからは出国していないことになる。そのために、出国スタンプは別紙に押す必要があったらしい。の割にはちゃっかり出国税を取るのが腑に落ちない。

そしてイスラエル国境までのバスへ案内される。運賃+荷物代で7JODほど取られる。7ユーロと思っていただければいかに高いかお分かりありましょう。ほんの数分の距離で。

後から日本人の固まりが何組かバスに乗り込んできた。予想どおり、日本人溜まり場のマンスールホテルからやって来たらしい。短期の旅では日本人宿に溜まる日本人などとは無縁でいたい。愛想よく、かつ適当に話を切り上げる。

バスの中で名前が呼ばれ、パスポートが返却される。返す際にいちいち何か無駄口を叩くので、渡すだけの業務がなかなか進まない。アラブなおたくらんとこは違うだろうが、対岸はぐ感の日なんだよ。といったところでどうしようもないことは百も承知なので黙って待つ。

結局、大した人数いたわけでもないのに、8時頃仕事が始まって国境を越えるバスが出たのは10時過ぎ。あと1時間余計に寝ていても余裕だったが、変な経験ができたので良しとする。

アレンビー橋(ヨルダン側ではキング・フセイン橋)には、日本の国旗が刻まれていた。カンボジアの国道にしてもそうだったけど、一般国民の知らない所で手広くやっているらしい、クレイジージャパニーズ。

イスラエル側に着く。建物はヨルダンとは違い洗練されている。英語の喋れないちょっとエッチな係員などはいなそうで、国境独特の緊張感がちゃんと漂う。まずはでっかい荷物ある・なしで行き先が分かれる。わたしありません。大荷物を持つ人の行列を横目に、いつものスキャンのやつにリュックを入れて中に入る。そしていつものピーて鳴るゲートをくぐり、いつもの身体チェックを経て荷物を受け取る。
あれ。荷物は一旦預けられて隅々まで調べられるとか聞いたのに、なんかもう受け取ってる。この後開けられるのだろうか。

小さい売店がある。この先長くなりますので一息どうぞってことだね。コーヒーが飲みたかったが、早くスルーしたい一心で我慢、最大の難関、パスポートチェックのカウンターへ。
カウンターにおわすのは、揃いも揃ってメガネ。香港の銀行並のメガネ率。キツそうな女と太ってキツそうな女と賢そうな正統派ユダヤ教徒の男。うまい具合に一番やりやすそうな男のところに滑りこめた。

以下、質問内容。赤字は嘘。


「何日いる予定?」

「1週間くらい」

「どこに泊まるの?」

「ビーチフロント・ホテル」

「何するの?」

「エルサレム行って、ビーチ行って、あと死海とか」(浮かれた感じで)

「イスラエルに友達いる?」

「いません」

パスポートをぱらぱらめくる。
スタンプとビザの数がそこそこあるので不安ではあったが、イスラム圏はヨルダンとインドネシアしかないので、問題はない、と、思いたい。

「はい、いいよ」

終了ですか???

日本での職業やらなにやら、根掘り葉掘り聞かれると思いこんでいたのに、こんな一般的な質問で終わるとは…ジブラルタル海峡を突破してワ〜ってなってる気分でカウンターをあとにするが、この先まだ何かあるようで、行列が見える。油断はできない。

まず1つ目のキレイ目お姉さんのゲートでは、「日本人?そのまま行っていいわよ」と何事も無く通過。ビザか入国税か。

次の行列の先には、人のよさそうな男性。順番が来てパスポートを見せると、

「あれ〜、君見たことあるな、去年も来たでしょ?初めてなの?ほんとに〜?ウェルカムトゥイスラエル!

既出たけし城のストロング金剛如く、入国希望者をガツガツ蹴落とすイメージでしかなかったイスラエルイミグレで、まさかウェルカムと歓迎のお言葉をいただけるとは、7代あとまで語り継がれるほどの大事だよ!!

まだ信じられぬまま、またワ〜って進むとそこはタクシー乗り場。ここでようやく喜びを噛みしめる。

わずか30分で世界最難関の国境を突破!!


エルサレムまで、たかが40分程度の乗り合いタクシーでひとり42NIS(1,300円くらい)は高いなあ、とも思いもせず、安堵感いっぱいでパスポートを開く。



イスラエルのスタンプがあると、アラブの民の国に入れないため、スタンプを押す代わりにこんなカードをくれるのだ。ちょっと前までは、「スタンプ押さないで!」と都度お願いしなければいけなかったらしいが、あんまりにもスタンプ拒否人口が多いからか、こういう制度にしたらしい。
それにしてもイスラエルってなんでこんなに村八分?ということについては、次回、至極ざっくりと解説します。
今回は難関突破で心躍ってる回なので。




砂漠の道を行くこと1時間弱、無事、エルサレムに到着。ほほうこれが聖地ですかいとしみじみする暇もなく、ヨナタンの待つテルアビブへ向かうべく、セントラルバスターミナルへ向かおうとするが、またも、ATMが見当たらないという惨事に陥る。旧市街と言われる所では気をつけろ、みんな!ひとまず両替所でなけなしのヨルダンディナールを換金してテルアビブへ行けるだけの金は手に入れた。




楽しみにしてた路面電車に乗り、




ヘブライ語表記ばかりのバスターミナルで途方にくれるが、
なんとかテルアビブ行きのバスに乗り込む。
バスの中でWifi使えるとか、何なのこの国最先端。

ぐ感タイム開始前に無事に、テルアビブ到着!




まるでブラジルかどっかの低所得者層エリアのショッピングモールみたいなバスターミナルに引きつつも、Wifiが使えるマックを発見し、ヨナタンと3年ぶりのご対面!

「や〜せ〜た〜な〜〜〜!!!」

今+10キロ、アダ名「豆タンク」の頃のちびろっくしか知らないヨナタンの開口一番のこの一言。
かくして、愉快な居候生活 @ テルアビブの始まりです。



ヨナタンちの近くの中央分離帯でのんびりくつろぐ人たち。
平穏な精神をもっていれば、どこにいてものんびりくつろげるのです。


JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】イスラエル | comments(0) |