Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】突破難易度世界最高!恐怖のイスラエル国境《アレンビー橋・イスラエル編》 | main | 【旅日記】イスラエルって砂漠だけじゃないんだから《テルアビブ・イスラエル編》 >>
【旅日記】パレスチナのおはなしとエルサレムのいちにち《エルサレム・イスラエル編》
 <パレスチナとかっていつも何もめてんの?>




大半の人は興味ないでしょうから、おおざっぱにお話しますよ。

 ・パレスチナ→今イスラエルがあるあたりのこと
 ・パレスチナ人→パレスチナに住んでる人(だいたいアラブ人)
 ・ユダヤ人→ユダヤ教徒

大昔、神様がユダヤ人に、パレスチナの土地あげますと言いました。
行ってみたはいいが、なんかもうアラブ人住んでるんですけど…ま、いいか。

しかしその後はというと、飢饉とか敵襲来とかでパレスチナの土地に落ち着けなかったユダヤ人、世界中四方八方に散り散りに…。それでもめげずに神の教えをひたすら守り、不遇を耐えぬくユダヤ人!強いねー。だがあんまりガンコなもんで、他の宗教とか民族とかに馴染もうとしないから、なんだあいつらこそこそ固まりやがって、とどこ行っても嫌われひどい目にあいます。

やっぱいつかはどこかに自分らの国つくって落ち着きたい。やっぱり神様が言うんだからパレスチナがいいよねー。でももうあそこアラブ人住んでるしどうする?

そんなとき、イギリスが戦争への協力を得るため、ユダヤ人(カネ目的)とアラブ人(戦力目的)双方に、「君らここに自分らのテリトリー作っていいよ」とテキトーな約束したもんだから事態はシャレにならない大混乱に。

ユダヤ人「神様もイギリスもここにイスラエル作っていいつったもんよ!!!」

パレスチナ人「つか元々住んでた俺らに出てけとかおかしくね???」

結局パレスチナの土地には、ユダヤ人が長ーーーーーい間切望していたユダヤ人の国、イスラエルができたわけだが、狭いエリアに隔離されたパレスチナ人が納得するわけもなく。周辺国のアラビーたちは、もちろん同族のパレスチナ人の味方。故、イスラエル四面楚歌。

それに加えて、首都エルサレムはイエスが死んだりムハンマドが一瞬天国行ったりとか、すごいことが色々起こった場所であるがため、複数の宗教の聖地になっちゃったから余計にややっこしい。

こういう感じで、どうにも解決の兆しがみえない押し問答が続いているわけです。

興味わいた?
ちゃんとした流れはここらへんで学んでね!

-----------------------------------------

「イスラエル?毎日ドンパチでしょ?大丈夫?」

って、色んな人から心配されたけど、んな危ないところ行くわけないジャマイカ。

色々あったし今も色々あるが、街では普通に生活が営まれている。民族も宗教も気にせず、我々と同じような生活をしている人も沢山いるのである。

ヨナタンは、「爺さんは信仰心篤かったけどなー」と宗教・民族問題なぞすっかり他人事で、本人は七五三とか成人式みたいなイベントのときしかエルサレムなんて行ったことがないという。で、先日は「兵役から完全解放されたから今日セレモニーで遅くなる!!」と、大喜びで出かけていった。3年間の兵役を終えた後もしばらくは時々召集がかかるのだが、その期間が終了した連絡がきたらしい。そりゃそうだ、好きでドンパチやりたい訳がない。


今日はそのエルサレムに行った日のことを書きましょうね。イスラエルつったらここ行かない人いないもんね。と、言いながらイスラエル4、5日目にしてようやく行く気になったんだけどね。テルアビブから1時間くらいかかるもんでね。

「この冬は異常なほどに雨が降らなかったんだよね」と皆が口を揃えて言う、にも関わらず、ちびろっくがやって来てからは連日雨模様。この日もバスがエルサレムに着いたとたん、まさかの冷たい大雨。ひとまずハイネケンを一杯かっくらって待つも状況変わらず。もうやる気も失せて、なんとなしに店の軒先で雨宿りしていたところ、アラブな爺さんに突然声をかけられる。




「わしのこと知ってる?」

開口一番非常に難解な質問。

アラブっぽい布被ってる有名人は、アラファトかシリアのサブちゃんこと、オマール・スレイマンくらいしか知りません。


※真ん中の気弱そうなのがサブちゃん

さすが観光地、早速客引きか!と適当にあしらおうとするが、世界中からの旅人の世話をしていて…という話になった時にようやく思い出した。イブラヒム爺さんか!

<イブラヒム爺さんとは>
パレスチナのダライ・ラマとも言われる平和活動家で、世界中からお呼ばれされている超有名人。掛け値なしの善人で、自分ちを寄付金のみで旅行者に宿としておおっぴらに開放している。胃がはちきれんばかりに飯を食わせてくれるともっぱらの評判。

※イスラエル入国の際にイブラヒム爺さんの家に泊まると正直に言うと即アウト。


はあ成る程!確かにどっからどう見ても善人だ!
(さっきまでいかがわしい客引きだと思っていたことは忘れる)

友達んちにいるから、機会があればいずれ…とお別れする頃にはすっかり快晴に。イブラヒム爺さんのご加護に違いない…ありがたや、ありがたや…。


さて壁に囲まれた旧市街へ入りますよ。

旧市街はユダヤ人地区・ムスリム地区・キリスト教徒地区・アルメニア人地区の4つのエリアに分かれている。
迷わないように、メインのゲートから行くつもりだったが、めんどくさくなって途中にあった小さい門をくぐってみる…ほうここはキリスト教エリアだな。
なぜわかるかって、カフェのメニューにビールがあるからさ!しかし今は真面目に見学しますよ。嘆きの壁にまっしぐら。




聖地とはいえ、世界遺産とはいえ、ここはあくまでも街。マイナーなゲートの周辺は観光客なぞ全くおらず、学校帰りのガキどもがキャーキャー暴れてたり、買い物帰りのおばちゃんがヨタヨタ歩いてたり、人は普通に生活しています。にしても、どの路地を切り取っても絵になりますなあ。

中心部に向かっていくと、「嘆きの壁こっち」のサインが出てくる。階段をのぼり手荷物検査のゲートをくぐると、眼下に広がる例の壁!




ほほ〜。これが有名な、アレですか。人が多いね〜。




ツアーを組んではるばるやって来るユダヤ人も多いらしく、そこかしこで記念撮影をしている。さながら香港の夜景スポットのようだが、ついに聖地キターーーーーの感動で歓声上がりまくりなところが、通常の観光地とは違うところ。アジア系、アフリカ系、ほんとうに「ユダヤ人」という民族は人種の幅広い。




男側の敷地を覗き見してみると、なんだか盛り上がる一角が…。




女側から覗いてみると、ひとりの少年がフィーチャリングされており、ジョークの好きそうなおじさんが何がしかマイクを通してペラペラしゃべると、観衆がドッと盛り上がったりしている。時々クッキーのようなお菓子が飛び交う。

どうやら「バル・ミツヴァー」と呼ばれる、成人式のようだった。ずいぶん若そうに見えるがこれは男13歳女12歳のタイミングで執り行うものらしい。どこでやるかは自由で、最近じゃこれ自体やらない家庭も少なくないとのこと。はい、わたしも成人式サボったクチです。




壁際、真摯に祈る人たち。
ここまで来てようやく、あ、そうだここは聖なる場所なのだったと思い出し、邪魔にならないようさっさと立ち去る。
物見遊山の観光客がここまで入り込んでオッケなんて、懐広いよね。

どこか高いところからこの景色を見たいと、それらしいものがありそうな所を徘徊していると、立派な建物の入口に展望台の看板が。有料だったが有料なだけ何かありそうなので、10NIS(300円)払って入れてもらった。するとあーた!広々とした展望台、貸し切り状態!




これだねー。これこそエルサレムって感じだねー。




しかしユダヤ教の神殿の一部の壁のすぐ向こうには、イスラムのドームって、近すぎにも限度があるねー。

※このブログだと写真が残念なので、キレイな写真はFlickrでお楽しみください。


お次はイエス・キリストが十字架を背負って歩いたという、「ヴィア・ドロローサ(悲しみの道)」へ。
iPhoneでマップをみていると、道の真ん中に突っ立ってたバダ・ハリ みたいなアラブ青年が、道分かる?と話しかけてくれたので、教えてもらう。「ところで景色がすごい良いところがあるんだけど行く?」と言う。直感で別に害はなさそうな気がしたので、素直についていってみた。

連れて行かれたところはさっきの展望台のちょうど一段階下のあたりにある無料の展望台。ダウングレードした景色に、やっぱりさっきのは金払う価値あったんだ!と嬉しくなるが、連れてきてもらったので「わーほんとだキレイ〜、ありがとう!」とお礼を述べておく。

するとバダ・ハリ、「アラブ人はどうだ?アラブ人の男好きか?」
おっと始まった。結婚してるもんでね、と返すと「浮気とかどうだ?アラブ人と浮気は興味ないか?」

むしろあんたが、すこぶる良かったアラブ人の印象をずり下げてくれているよ。

ずっとまくし立てっぱなしの割には、元いた場所に戻ると「じゃ、楽しんでね」とさっさと切り上げ、すぐに別の老夫婦観光客に声をかけていた。ここエルサレム旧市街は、碁盤の目のテルアビブとは異なり道が立体的に入り組んでいるので、迷える子羊が多い。そのためか、時々声をかけてくれる人がいる。

バダ・ハリに言われたとおりに行くと、確かに見つかった、ヴィア・ドロローサ。




これが、すげー鬱な状況でイエスが歩いた道ですか。そうですか。




有名な見どころの一つ、聖墳墓教会かと思って入ったが全然違った教会。




やっと見つけた聖墳墓教会、さすが人気アトラクション、人が多い。




建物なかほどにあるドームの中には、イエスが埋葬されたところだそうで長蛇の列。内部が「足臭い」と評判のタージ・マハルを思い出した。


さて………。

見どころ満載で、1日じゃ全然足りない、と聞いていたエルサレム旧市街なのだが。
まだ壁に入ってから2時間と経っていないのだが。

三大宗教のことはある程度頭に入れてきたものの、何を見ても何も感じるものがない。観光客だらけで宗教テーマパークにいる気にしかならない。これなら日本の無名な寺の方がよほどグっとくる。

世界三大宗教の教徒35億人にとっての聖地も、ちびろっくにはただのツーリストスポットだな、と、ゆことで、




今日初めて見せるやる気総動員で、ビールの看板のあるバーを見つけ、イエスの目前で一杯!

小2くらいの少年がひとりで店番をしており、「エブリシン オーケー?」と都度気遣ってくれる。昼間っから聖地でかっくらってる分際なので気恥ずかしいが、まさにエブリシン オーケー!今日一番楽しい。今。




こんな人殺めまくりの元祖無秩序ゲーム、聖地で売っちゃっていいのかよ!とか




(壁の外でました)すました顔して格好ばかりのシェフ感丸出しだよ!とかつっこんだり




(これも壁の外)あのビルの二段階構造が格好いい!とか、




(とっくに壁の外)マーケットの中のバーで、控え目にベビーサイズ飲むとか、


俗世間に帰還した後半から、途端に右肩上がりで楽しくなってきたエルサレム散歩でありました!
新市街の建物はイイ!

JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】イスラエル | comments(0) |