Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】パレスチナのおはなしとエルサレムのいちにち《エルサレム・イスラエル編》 | main | 【旅日記】イスラエル人はガサツでぶっきらぼうなだけじゃないんだから《イスラエル編》 >>
【旅日記】イスラエルって砂漠だけじゃないんだから《テルアビブ・イスラエル編》
さて相変わらず仕事が遅いので、1か月近く経っても旅日記が終わらないのはご愛嬌。
今日はイマイチ想像がつきにくいイスラエルの、エルサレム以外の場所ってどんなとこなのかをご紹介いたしましょう。

さて今回滞在したのはイスラエルの一番の大都会、テルアビブ。
イスラエル的には首都にしたいエルサレムは、イスラエルだけのものじゃないので、実質テルアビブが首都の機能を果たしています。



最新鋭の技術を生み出しまくるベンチャー企業、欧米ビッグネームDJなんかも来ちゃうクラブ、どでかいショッピングモールなどを包括するきらびやかな大都会だけど、ヨナタンが言うように、ハイウェイを南北に10分走ればテルアビブのすべてがみられる、というほどコンパクトサイズの街。
おかげさまで大体歩いてどこでも行けます。

・坂はほとんどなく



・人でごった返すこともなく

・ちょっといけば海だし



・カフェやバーもたくさんあるし





・良いCDショップもクラブもたくさん(皆、英語ペラなのに何故か情報はどこもヘブライ語のみ)



・なんか空も青いし

・なんたって治安がいい

と、散歩ァー(発音:サンパー)には嬉しいこと尽くしの街です。

治安がいいって意外でしょ?




一見、こんな通りを夜に一人で歩くのはバカ、な場所でも、地元の人が「全然問題ないけど?」と太鼓判を押すように、実際全然問題無し。ロスやバルセロナで確信した「一刻も早く立ち去らないと後悔する」な雰囲気はなぜだか微塵も感じない。

対隣国となると常時緊張状態なイスラエルだけど、国内に限って言うと日本並に安心して歩けます。

道が暗くて、向こうから歩いてきた黒人が黒すぎて、目の前に来てようやくその存在に気付いたときにはひっくり返りそうになったけど、ドッキリしたのはそれくらいです。



※写真はイメージです。




なんといってもこの街は、いいビルがわんさかそびえていて………………誰も興味は無いだろからここから先はこのアルバムにて。写真を整理してて、ほんとにビルばかり撮ってて驚いた…。

www.flickr.com


さて、テルアビブから離れてみましょう。
ほとんどの公共交通機関がストップする土曜日に、ヨナタンが車で連れてってくれた死海ピクニック。
すぐに喧嘩をおっぱじめるが、2人ともすごく優しいリオ&ニーナのカップルと一緒に過ごした愉快な週末…。




寒すぎてものの30秒でギブアップした死海浮遊体験。お決まりの死海スタイルは、新聞がなかったので歩き方で代用。もっと面白いことやればよかったと後悔しているが、あの時は本当に寒すぎて考える余裕がなかったと言い訳する。

後はこのアルバムでお楽しみください ← 手抜き

www.flickr.com


また、リオに「もうわかった絶対行くからもうそれ以上言わなくていいから」と止めたくなるくらいストロングリーにおススメされた海辺の街、ハイファ。
窓が汚いことを除けば快適な、小一時間の電車の旅で到着です。




ユダヤ、イスラムに加えてバハーイ教という宗教の聖地であり、おったまげるほど美しく手入れされた庭園があります。この山の中腹にある庭園は、おったまげるほど管理が厳しく入れる時間が限られているので要注意。




まんまとちびろっくは見逃しましたが、庭園の上のテラスからの景色と、そこのガードマンに教えてもらったミニ庭園だけでも充実の内容でした。




ハイファ美術館も面白い!
若手アーティストによるモダンアート作品がギッシリで、時間を忘れて見入ってしまう。
Ron Amirが撮ったイスラエルに住むアラブ人コミュニティの日常は、観光客じゃーなかなかお目にかかれないものなので、オラ、ワクワクしたぞ。




たまたま入ったビアバーは、どうやら歴史ある人気店らしくて、新聞や雑誌の記事がたくさん貼ってあった、て、結局ビールかよ!って、そうだよなんか文句あるかい!
日没前に閉店…。さすが品良く酒をたしなむイスラエル。そう、何事もほどほどがいいよね!

www.flickr.com


こぢんまり&のんびりした街自体も、これまた散歩ァーにはたまりません。
リオがストロングリーレコメンドするハイファ、ぜひともこのアルバムでその魅力をお確かめください。

どう、イスラエル楽しそうでしょう?

ただ、一番大事なことを言うのを忘れてたけど、物価は北欧並みに高いです。

ビール1パイント: 700円〜
タバコ: 1000円〜
サンドイッチと飲み物: 1000円〜
マックのセット: 1200円〜
ドミトリー: 3500円〜


市場が小さいから競争がないとか、輸入は空路のみだからとか、政府が腐ってるからとかいろんな説があるけど原因がなんであれ、バックパッカーには厳しすぎる価格設定。

いや〜、ヨナタンいなかったら2日と居られなかったね!
全然オススメできてないというオチになりましたが、イスラエル、こんな感じです!よろしく!

JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】イスラエル | comments(0) |