Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】ものすごく長くてありえないほど愉快な、ペトラまでの道のり《ヨルダン・アカバ〜ペトラ編》 | main | 【旅行記】ベドウィン族の建もの…否、洞窟探訪 《ペトラ・ヨルダン編》 >>
【旅日記】忘れられた旅行記再開〜大荒れのペトラ遺跡巡り《ペトラ・ヨルダン編》
最近お気に入りの内田百という物書きがつぶやいた、「歳をとると話が長くなり、自他共に迷惑する。」という意見には心底同意する。

話が長くなればなるほど纏まらなくなり、面倒くさくなり、結果、数多の日記がお蔵入りになる。しかしそんな自分に決別したく、出発から半年が経過してはいるし、こんなダラけた長文を読んでくれる酔狂な人がいるのかも知らないが、とにかくこの中東旅行記は完了させようと思う。

さっさと旅の話をすればいいのに、こういうことを書くから益々長くなる。でもこの簡潔じゃなさがちびろっくなのだ、と、前向きに、さ、おっ始めましょう。

<前回までのあらすじ>

居心地最高のテルアビブに後ろ髪惹かれる思いで別れを告げ、RPG並の不確かな流れでホームステイ先のベドウィン族の村に到着。サプライズビールを一気飲みして、気を失うようにヨルダンの1日目終了。


イスラムの国においてまさかのビール差し入れは、多大なる喜びとともに、翌朝多大なる二日酔いをもたらした。

遺跡めぐりとかとか全然したくないどうしよう。

新築(建設中)コンクリート造りの家の中は薄暗くて、ガランとしていて、ひんやりしていて、だけど不思議な安心感があった。普通の家族が住む家だからだろうか。しかし普通の家族が住む家に、初対面の人間が気軽に泊めてもらえるだなんていまだにピンとこない。それどころか今夜の寝床は洞窟である。洞窟?ダンジョン?中学時代、皆が汗水垂らして部活動に励んでいる時間、校内でただ一人、帰宅部を貫いたちびろっくがハマったゲームのひとつ、ダンジョンマスターを思い出す。気色悪い虫とかブロッコリーみたいなのを倒して食ったりしたっけ…。そんなリアルMan vs. Wildな夕食が出てこないことを願う。

だだっ広いお風呂でシャワーを浴びさせてもらった。犬の小便ほどの水圧でも、ガスも水も貴重なこの土地では、大変有難い。

ガッサーブに連れられて、絨毯敷きの居間に通された。ラリフをはじめ、親戚だか友達だかお手伝いなのかなんだかわからない男たちがそこらじゅうに寝そべっている。その中にぽつんと、昨日のゲルマン・ボーイの一人、クリスチャンが混じってる。呼ばれたので隣りに座ると、「昨日どこ行ってたの?」
いや、これこれこうでね、と流れを説明するとマジかー、心配したよと笑われた。もう一人の、クレメンスはいまだ夢の中。

クリスチャンとクレメンスは、花の医大生。レンタカーでトルコやイスラエルあたりを旅してきたらしい。
約束したお迎えが来なくて人っ子一人いない真っ暗な路上で押し寄せる不安とたたかうとか、狡すっからいタクシーの運転手に腹を立てて金を投げつけるなどの貴重な経験ができないだなんて可哀想である。

骨董品みたいなテレビでニュースを観ながら、中近東っぽいパンと、チーズ、ヨーグルトなどの朝ご飯をいただいてると、みんなが今日は天気荒れるねなんて言ってる。そうかそうか、ではベドウィン族の村の散策でも楽しむかと、とすっかりご近所モードになっているとガッサーブが、「カオリ、あとでチケットを買いに乗っけてってあげるから」なんて言ってる。チケット?なんの?
「ペトラの入場券!」


荒天だからやめた方がいいと言ってほしかった。



世界中どこで見かけてもガッサーブのものだとわかる、ピンクジープで街へ。
あっちの山、うっすら白いんですが。




売店でコーヒーを飲み、ダイソーだったら100円で買えるクオリティのカッパを600円くらいで買い、チケット売り場へ。ペトラの入場ゲートはわざとらしいほどにキレイで、チャチなテーマパークのようにも見える。

チケットを入手して、昨日ご飯を食べた方の家に戻ると、クリスチャンたちがガッサーブの家族らとたき火を囲みながら、石のカタマリを眺めていた。ここのお父さんが作っている、伝統的な工芸品で、ゲストにおみやげとして買ってもらっているらしい。タダでご飯も布団も提供してもらい、しかもこんな親密なシチュエーションの中ではあったが、どう考えても要らないのでお断りした。クリスチャン達は1つずつ購入。見習いたいもんだね!



束の間の懇親タイムが終わり、いよいよペトラへ。クリスチャンたちの車に乗っかって再度同じ道を行く。ペトラ入口前のゴージャスなホテルで用を足し、彼らがチケットを買うのを待つ…というかなぜガッサーブはあえてちびろっくだけに先にチケットを買わせたのかという疑問がわいたが、でなきゃあの囲炉裏のそばであのカタマリを買う流れになってたかもしれないので良しとする。

昨夜見る価値皆無ペトラ・バイ・ナイトのために延々歩いた道をまた行くが、二度目でも長い。
そしてだんだんと風も雨も強くなってきたおかげで観光客の姿はない。人のいない巨大遺跡を散策するほど贅沢なことはない。晴れていればの話だ。とはいえはるばるヨルダンくんだりまで来たからには、満喫して帰りたい。雨などものともせず、ガシガシ写真を撮りまくってるクリスチャンを見習おう。



雄大に流れる川は、大雨が降らないと見られないという貴重なものである。




東南アジアの農民の如く、雑に輸送される中国人観光客。


エル・ハズネ

クライマックスかとおもいきや、一番手に姿をあらわす一番有名なやつ。



誰だかわからないがしっかりとポーズをとっているのでとりあえず撮ってみる。




どこのドンキーも悲しみにくれて泣きはらしたような顔をしている。
客がつかないからなのか、客を乗っけなきゃいけないからなのかは、わからない。


黒子

寒いからと、マッチ棒化したクレメンスだが、視界は良好らしい。




ようやく見られた青空に、感謝の念をあらわすクレメンス。




晴れたか…くっそ、仕事再開だな。




晴れてんのにまだビニール袋を被ったまま、優雅に通り過ぎていった淑女。




余計に人を迷わせる案内板。




丘の上にあるひとけのないレストランでお昼飯。7JODで食べ放題らしい。高いぞさすが観光地価格。

「ご覧のとおり、この子はこんなにも小さいのだから沢山食わない。従って5JODにしてくれ給え。」と、頼んでもいないのにクレメンスが店主に直談判してくれる。苦笑いで流されたものの、試しに言ってみることに金はかからないから、次から試してみることにする。

そして昼が終わると、ガッサーブの兄弟だかいとこだかご近所だかの青年と落ち合うことになっていた。
今日泊まる洞窟へ連れて行ってくれるのだ。なんとその洞窟とは、この遺跡の敷地内にあるので、このまま歩いて行くんだとのこと。

別口で観光していたドイツ人の若い女を2人連れている。クリスチャンが「てかあいつら街に買い物行くみたいなかっこしてるな」と言うように、スキニージーンズ、薄っぺらいエコバッグ、そっから除くライオンのぬいぐるみにコンバースといういでたちは、この歴史的大遺産の中ではとっても異様だった。


青年の名前なぞ忘れたが、典型的遊び人アラブな顔した彼は、ガイド用のコスチュームなのか、砂漠の王様ふうの白装束に身を包んでいる。



それはいいのだがなんのつもりか彼はちびろっくのことを「コトモト」と呼び、とにかく口を開けば「コートモートー、早く歩かないと日が暮れるよー」「コートモートー、日本人の女はみんなちっこいねー」「コートモートーコートモートー…」洞窟への1時間の道すがら、何度このコトモト節を聞かされたことかわからない。もしこの人が何も吸ってないのだとしたら、キチガイ以外の何者でもない。

煩わしいし疲れたので適当に流しながら歩いていると、前を歩いてたクリスチャンがくるっと振り返り、「大丈夫?あいつに嫌がらせされてない?」

砂漠の王よ、これが紳士だ。

この心配りに心底感動しながら、「あんな小者の申すことなど、取るに足りませんことよ」とニッコリ余裕の返答をすると紳士は安心したようで、「あいつクレイジーだよね!」とニヤリ。今回の旅も本当に、人に恵まれたもんだよ…。




世界一クールなガレージに我が国の製品が格納されていたことを誇りに思う。

洞窟まであと少し。

他の写真はこっちでどうぞ。
JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】ヨルダン | comments(2) |
ヒトチャン (2014/10/06 11:08 PM)
原色のカッパが
遺跡とアンマッチで
グッド!!
ちびろっく (2014/10/12 8:28 PM)
浮いてる、と思ったが、そうか、逆にいいのかw