Chibirock-blog

ロックなバックパッカーの日常
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ブログ主・Chibirock
profilephoto
切手と古いマンションが好き。 そうそう、ブログ引っ越しました。 http://chibirock.net/wordpress/

Chibirockいろいろ
■Chibirock-Web■

↑Chibirockがタラタラつくる、
ひもじくも 愉快な世界旅行記サイト。
世界のすごいものダメなものを研究、報告。

■Brali Magazine■

↑伝説の旅雑誌、旅行人に続け!Chibirockコラム&旅行記連載中のWEB旅マガジン。 ..............................

Kaori Murakami

Create your badge ..............................

ここ最近よく聴いてる


..............................
www.flickr.com
chibirock's items Go to chibirock's photostream
良い物
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉
スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 (JUGEMレビュー »)

本関係者や読者から集めた自力で生きていくための道具を、自力で選ばせるホールアースカタログは、「インターネットが無かった時代のGoogle」と言われ伝説化。最終号に掲載された「Stay hungry, Stay foolish」のフレーズを引用したスティーブ・ジョブスをはじめ、今となっては大物となった人物も大勢このカタログに大層影響を受けていたとか。そんなカタログ気にならないわけない。と、この本で日本に及ぼした影響だとか実際に作った人のインタビュー(後編)とか読んでから、本物を渋谷の古本屋まで見に行ってしまった。英語びっしりだし今カタログから買い物もできないしで買わなかったけど、1万2千円なんて値も納得のいい貫禄だった。
良い物
Songs & Portraits
Songs & Portraits (JUGEMレビュー »)
Third World Love
少し前から日本にもやってきはじめたイスラエルジャズ。4人ともどもイスラエルをはじめ、世界中で活躍する凄腕。ぜつみょーなジャズ&地元音楽のミクスチャーを実現しております。
良い物
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
山井 教雄
ちびろっくのようなアホにもわかる、漫画で解説パレスチナ問題。ユダヤ人とパレスチナ人の子供、猫でお送りする。どちらの側に偏るではないバランス感を保ちつつ、最後は意外なクライマックスを迎え、じんわりこさせた。



<< 【旅日記】忘れられた旅行記再開〜大荒れのペトラ遺跡巡り《ペトラ・ヨルダン編》 | main | 【旅行記】世界の果てでも子孫は残す《ペトラ・ヨルダン編》 >>
【旅行記】ベドウィン族の建もの…否、洞窟探訪 《ペトラ・ヨルダン編》
※BGMはこの長寿番組と同じくカズマサ・オダで

我が国の誇れる産物TOYOTAが、 遥か遠くのベドウィン族の洞穴にパーフェクトフィットしているこ とに気を良くしながら、山道を登ること40分、今日の宿に到着。
 



ガッサーブのピンクのあいつが我々を出迎える。


 
ポッカリした洞窟をイメージしていたが、 案外普通の玄関…。



 
欧米の巨漢でも10人くらいは余裕で泊まれるワンルームの真ん中 で、ホストは気持ちよさげにビールをかっくらっていた。何度も言うけど一応、 ムスリムです。しかしさすがに家主なだけあって、完璧なまでにこの光景にマッチしている。
 
ここでこのホストのガッサーブについて解説をしよう。
三十数年前、ん百年もこの土地で洞窟生活をしてきたベドウィン族の家系に生ま れる。ヨーロッパへの旅を繰り返しながら、 医療とかドイツ語とかを習得しながら旅行会社を経営し、 ヨガにも精通という恐れ多いほど多才な男。この顔でドイツ語をべらべら喋るんだから人ってわかんないものですよ。

しかし話をしてみりゃリラックスした気のいい兄さんで、 ひとたび酔っ払ってポヤ〜ンとした時の表情なんて、タイのビーチで日がな一日中ゴロゴロしている自由人にしか見えない。
 
そんな彼が、自分の愛する地元の文化をもっと知ってもらおうと、ペトラ周辺のガイド兼、カウチならぬケイブサーフィンのホストを始めたというわけです。

旅人に優しく、というアラーの教えのとおり、 ムスリムの人たちは見返りを求めることなく、通りすがりの旅行者たちが気持よく過ごせるように尽くしてくれる。土下座したくなるくらいに世話してくれる。まったく、イスラム教は悪だとか言ってるキリスト教原理主義者どもに、こんなことができるかってんだよ!と腹立たしい気持ちは抑えてここは楽しみます。ちなみにクリスチャンはその名前の割には神様とかどうでもいいようで、まあMillennialsと言われている世代は、サラっとしてていい。

 


はっと振り返ってみると、Ice Cube  激似の青年が、野菜満載の鍋の準備をしている。アンマンの市場でも思ったが、こんなに砂漠だらけの場所でもこんなに豊富な野菜が採れるのが不思議である。


 
こんな感じでゴロゴロ…確かに洞窟の中はあったかい。こんだけ密閉されてるのだから当たり前か。相変わらず誰が誰の親戚かもよくわからないが、仲良くゴロゴロ。

クリスチャンはひたすら一眼の調整に夢中。そのついでに一眼について講じてもらい、寝っ転がる男たちをモデルに写真を撮りまくる。

ちびろっくのことをコトモトと呼び続ける砂漠の王と、場違いな格好の女性2人は、片方が赤子のごとく大切そうに持ち歩いているライオンのぬいぐるみでキャッキャやってる。あんな端正な顔立ちしてて、ライオンのぬいぐるみて……いや、いいんだ、うちのちいちゃいパンダだって、15年くらい前、一緒にカンボジア行ったことあるから。それと同じだから、バカにはできないんだ。でも、他人がやってんの見ると、本当にバカだな〜〜〜〜。
 
しかし最近ではこの自分の分身だけ、海外に連れてって記念写真を撮ってくるというツアーがあるらしい。それだけ、分身との旅が一般化しているということなんだろうけど、それにしても本当にバカだな〜〜〜〜。




 
キャッキャやってると、できましたよ、先程の鍋が。骨付きチキンも一人一本。東京だったら2,000円以上はとられるようなこの豪華料理付きの洞窟ステイが、無料ですよ?土下座のひとつもしたくなるでしょうよ?

豪華ディナーの後は、ガッサーブとラリフと共にまた酒盛り。「夜はビール持ってくるよ〜」とこっそり耳打ちされていてめちゃんこ楽しみにしてたが、ビールはひとりで飲み干したらしく、かわりにジンのソーダ割りとなったが、文句はありません…。

ゲルマン人達はゲルマン人のくせに誰一人酒を飲まない。Millennialsの若者たちの飲酒率が低いってのは、噂通りのようだ。



元気をアピール。

ガ「ところでボーイフレンドはいるのかい」
ち「ボーイフレンドも何も、既婚者だ」
ガ「なんだよ既婚者かよ!なんで一人で来てるんだよ!」
ラ「いいかシャンプス(ちびろっくの別のあだ名)、ここに来たのは運命だ。運命を受け入れるということはだな」
ガ「いや言うても俺もガールフレンドはいるんだけどもね」
ラ「でもシャンプス、結婚したのも運命だしな、ところでシャンプス歯磨き粉貸して」

会話は噛み合ってないが、ベドウィン族なんてディスカバリーチャンネルとかでしか聞いたこともないようなおっさん達と、砂漠の真ん中で酒盛りなんて、運命が噛み合ったからこそ生まれた珍シチュエーションだなあと、今夜もいい気分で床についたのでした。

※後日、二日酔いに嫌気が差したのか、「シャンプス、俺、酒やめるわ」とガッサーブが突然断酒宣言をしてきたが、実際やめたかどうかは不明

最終章につづく。



JUGEMテーマ:旅行
↑↓ここら辺クリックすると来世で金持ちになれます

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ
| 【旅日記】ヨルダン | comments(3) |
ヒトチャン (2014/11/12 9:24 AM)
シャンプス

なんか、聞こえがいいのは私だけ?

パンちゃん、元気ー?
シャンプス (2014/11/12 9:36 AM)
お日様という意味らしい。いや、月だったっけかな…

パンちゃんの名前を覚えててくれたとは………うちのソファでごろごろしてますわい。
なお (2016/08/08 4:52 AM)
はじめまして。
ベドウィン族のうちに一泊したいのですが、どうやったら泊まれますか?
あと、ベドウィン族のうちからペトラ遺跡のナイトタイムのやつに行けますか?